トランプが大統領に!日本はどうなる?

カテゴリー
本人の顔はさすがにアレなので・・・

本日トランプ氏が大統領になるということで、世界中がニュースに取り上げております。アメリカでは共和党として活動しており、選ばれることはないだろうと色々な国の方も安心しきっていた結果のこの出来事です。トランプ大統領の今回のテーマはアメリカを再び偉大にということです。これによって日本はどうなるのといったことや影響について説明していきたいと思います。また、過去の共和党の例から色々な考察も交えて、日本への影響についても知っていただけたらと思います。

本人の顔はさすがにアレなので・・・

本人の顔はさすがにアレなので・・・

トランプ大統領の公約を知って、日本がどうなるかを見てみよう

様々な年齢の方が見ていると思われますので、公約とは何かをまず説明しておきますと世の中にこういう政治の方針で行くよということです。必ずしも守られるわけではありません。

・TPPには反対の姿勢
そもそもの意味ではアメリカにとってはTPPはほとんどメリットがないという単純な理由ですが、周辺国などにはしっかりと関わりがあります。こういったことから、参加を控える方向で公約をすると周りの国には嫌な顔をされますが、アメリカ人にとっては多少のメリットがあります。このことから、TPPの反対を公約に上げました。日本への影響は経済の活性化などが挙げられていましたが、これで先延ばしになったという感じです。これから日本はどうなるかというと雇用人数がさらに減少してしまうとのことです。

・税率を引き下げる
年収300万に満たない方の所得税を減らし、法人税についても15%ほど下げることによって、アメリカでの雇用率を上げようとするものです。日本にもやはりこの点では影響が出ます。株価の暴落によって、多くのリストラが日本でも増えることが予測されます。すでにある日本人の一部の投資をしている方達には影響が出ており、かなりの損失になっています。

・医療保険制度改革法を医療貯蓄口座制度に変更
オバマが提案していた医療保険制度改革法を中止にするとのことです。そもそもアメリカにおいては、20%近くの方が医療保険に加入していない状況です。医療を受けられない方も多いです。そうしたことで、アメリカの医療費における支出が膨大に膨れ上がっていることを解決させるというのがオバマ氏の方法でした。しかしながら、そうもいかず保険料が値上がりしたりしました。保険適応できる病院の科も違うという事情が増えていることからこれらをトランプ大統領はやめようと提案しております。

・メキシコとの国交を改める
メキシコ人がアメリカに来ることによって、治安が悪化したりという事態が起こっております。これに対して、トランプ大統領はよろしくないと判断し、メキシコ人へのアメリカからの金銭負担的な対応も改めるとのことです。また、不法滞在しているメキシコ人を強制送還し、アメリカで生まれたメキシコ人の子供であっても参政権は持たせないとしております。そのための壁を作るのに多額の費用がかかり、メキシコが負担しないとどうなるか分かるよねと強気の姿勢です。

・イスラム教の入国禁止
シリアなどではイスラム教の一部の過激な方が問題を起しており、アメリカでも貿易センターが犠牲になりました。こういったことを避けるために、イスラム教を信仰している国外の方は一切の入国を禁止するとのことです。

・国防の改革
アメリカにおいては他国の付き合いのために、国防に無駄な費用をかけているというのが現状でした。これについてトランプ大統領はもちろんダメだと指摘した上で、日本にもこれらにかかる負担をするようにと要望を出しております。日本を守れないよということです。

で、結局日本はどうなる?

トランプ氏の当選によって、日本はどうなるということに注目されているようです。まずは、これまでの説明でお気づきかと思いますが、リストラが増える可能性があります。海外に対してマーケティングが行い辛い状況が想定されるため、アメリカという国単位で考えても日本では経済への影響がかなりあります。また、アメリカは日本に何かあると守らなければいけませんが、日本はアメリカに何かあっても何かしてくれるわけではないということから、守ることを躊躇するような発言が見え隠れしております。結果的に、他国とのトラブルが増え、北朝鮮からちょっかいをかけられやすくなります。また、共和党という性質上アメリカが他国とトラブルになる確率はこれまでのやり方を見ると明らかです。仮にアメリカの活動などの一部の負担を日本が受け入れるとなれば増税が早まったりという日本の影響も無いとは否定できません。しかし、これはトランプ大統領の公約をすべて果たした場合の話です。多くのサイトでもこれについては書いていると思います。アメリカの国民にとって、これは実現は不可能に近い状態であるということは分かっております。トランプ大統領の当選は想定外だったという一面も勝利時の画像から見ることが出来ます。

トランプ氏が大統領になることでのメリットはあるか?

今のところ日本のおけるメリットはあまりありません。ただし、三菱の株価が上がったりというようなことはあるかもしれません。日本に対しては総合的に見るとデメリットになることの方が多いです。ただし、日本の防衛がもう少し盛んになるというところはあり、三菱もその1つです。そういった意味では経済は少し動くかもしれませんが、全体的には日本経済はマイナス方向に動いてしまう見方のほうが一般的です。

アメリカが日本から撤退するとどうなる?

度々問題に挙げられているのが、アメリカの日本撤退です。仮にこれが実現された場合は日本は、防衛においては他国から何かしらのちょっかいをかけられる可能性は高くなります。早々簡単にトランプ大統領が実現できるのかと聞かれると、アメリカの政治家からも反対される可能性が高いです。どうしてなのかというと、日本からの撤退によってまずはアメリカは日本からの海に関する技術の提供を受けづらくなります。日本が世界に誇りをもっている技術であり、船の技術は世界一です。さらに、世界地図レベルでアメリカと日本を見てみましょう。言うまでもなくかけ離れております。アメリカは日本に何かあると助けなければいけないけど、日本は何かあるとアメリカは助けなくて良いところにアメリカは疑問を感じないかと国民に問いかけております。すでに、日本は交通という面ではアメリカにはかなりの貢献をしております。島国であり、毎回毎回何かある度に船で飛行機などを運んでいるとかなりの出費になります。ところがこれが日本にあるだけですぐに向かえる国もいくつもあるので多少は助かります。そういった事実がありながらアメリカが日本から撤退するというエピソードは考え辛いものです。しかし、日本から撤退しないと完全に言い切れない理由があります。トランプ氏が政治に関してあまり知識を有していないというところもあります。それゆえに、日本撤退ということはあります。どうなるかというのは今後のトランプ大統領の動きに着目すべきです。

日本経済にあまり影響が無い場合もある

先ほどの説明のとおり、トランプ大統領はすべて公約を果たせるかと聞かれると疑問です。むしろ、難しいことであるということはアメリカに住んでいる方も分かっています。場合によっては日本への影響より、アメリカへの影響の方が大きいことから、日本がどうなるかというよりアメリカがどうなるかということに不安を覚えて移民も増えているとのことです。このような関係から、日本はあまり影響が無い場合もあります。