クリスマスプレゼント、先生に贈りたいもの!

カテゴリー
先生におすすめのクリスマスプレゼント特集

クリスマスプレゼントのシーズンになりましたが、その中でも先生にプレゼントしたいと思われる方に向けての記事です。学校の先生、その他の習い事の先生色々居ると思いますがプレゼントをされるほどなので良好な関係だと思います。さてさて、筆者も実は先生と呼ばれる方にクリスマスプレゼントなどをしたことがありますが、そのとき何を喜んだかなど解説してみたいと思います。男女にも分かれると思いますので、その際の参考にも書いております。

先生におすすめのクリスマスプレゼント特集

先生におすすめのクリスマスプレゼント特集

クリスマスプレゼントをそもそも先生に渡すべき?

毎度のようにこの話題が出てくるので書いておきますが、まず先生にお世話になっているという意識があれば筆者個人は渡すべきかなと思います。それ以前に先生にはそこまで仲良くはなっていないし、そもそもこれからもという場合などは特に渡す必要はないかと思います。先生が気づかうような方であれば、皆でちょっとしたものを購入してクリスマスプレゼントを渡しても良いかもしれません。個人あたりの負担も少なくなりますし、先生もそのあたりについてあまり個人個人に気づかうこともなくなります。何せちょっと恩返しでもという場合にはクリスマスプレゼントは今後仲良くするためにも渡していいのではという筆者の見解です。

先生に渡したいクリスマスプレゼント紹介!

・授業で使うもの
恐らくチョークやマーカーなど先生が授業で使うものがあります。習い事の先生であれば個人事業であるため、ちょっとした経費にもなってしまいます。そんな時に授業で使うものをクリスマスプレゼントにすると喜びます。先生によってはプレッシャーになってしまうこともあるため、比較的仲の良い場合にしておきましょう。先生が女性である場合はもう少し考えた方が喜ぶかもしれません。このクリスマスプレゼントで先生にあげる場合は男性の場合が比較的おすすめです。

・お菓子
クリスマスプレゼントにちょっとしたお菓子であれば先生も気づかわないと思います。習い事をしている先生であれば接客にも使うことが出来るので、何かと先生自身が食べなくとも渡しても良さそうなプレゼントです。先生がお菓子好きかどうか予めリサーチしておくと良いです。心のこもったものにするのであれば、地元やちょっと先生が知らなさそうなスイーツ系のおいしいお店をクリスマスプレゼントにチョイスしてみましょう。手作りという方法は今回の場合避けるようにしてください。彼氏彼女ならばまだしも、先生と生徒という関係であることから綺麗好きの場合は食べる時に困るようです。なるべく市販のものがこの場合は心がこもったものになります。

・カタログギフト
これならば、先生が予め選ぶ余地があるのでリサーチの必要はあまりありません。クリスマスプレゼントで筆者はこれを選びましたが、思っていたものと大分違うものを選んだのでやはりこの方法でよかったなと思いました。筆者の習い事の先生は食べ物が好きでしたが、予想外の鍋を選びました。どちらかというと使って欲しいものを選んでもらいたいのでこの方法は先生によってはクリスマスプレゼントとしてはありです。

・コーヒー系のプレゼント
大人であればほとんどの方がコーヒーを飲むと思います。先生がコーヒーを好きな場合はクリスマスプレゼントとして贈りましょう。日常的に使ったり、授業を終えてほっと一息という時にもこういう幸せな時間があっても良いです。スタバのギフトや、商品系もクリスマスプレゼントシーズンに販売されているので参考にしたいところです。

・メッセージカード
先生に渡すものであれば、ちょっとしたメッセージカードを渡して、クリスマスプレゼントとしても良いです。やはり愛着のある生徒からメッセージカードをもらえるのは嬉しいのです。寄せ書きというかそのようなものをお渡しすると意外と先生は飾ってくれていたりもします。10年以上前なのに筆者の場合はかざってくれているようで何だか嬉しかったです。

・図書券
なぜこれをクリスマスプレゼントとして先生に渡すのかというと、場合によっては受験に関わるような先生だと参考書を実費で購入している場合も多いです。そんなときに図書券などがあると好きなときに使うことが出来るという理由から先生が喜んでくれるようです。教えることは先生の万年の課題です。クリスマスプレゼントでは結構喜ばれるものの1つです。

先生へのクリスマスプレゼントは場合によっては注意が必要

クリスマスプレゼントをお世話になったという感情があって渡すのは素晴らしいことです。ありがとうの意味を単純にこめているだけなので先生も悪い思いはしません。しかしながら、個人経営の先生や学校の先生に当てはまらない場合で、いわゆる雇われ先生の場合はお仕事のルールでクリスマスプレゼントの類を受け取ってはいけないこともあります。それに代わる方法を先生が提案してくれることもあります。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告