クリスマスプレゼント、スマホを子供に渡すべきか?

カテゴリー
いくつかの条件をつけて渡そう

クリスマスプレゼントのシーズンになると、子供がスマホを要求することも少なくはありません。そうするとサンタの別名を持つ親御さんとしてはかなり心配になって渡すべきかどうかということを悩むかと思います。そんな方に今回オススメの方法や、渡したいけど経済的に難しい場合など紹介したいと思います。基本的にクリスマスプレゼントにスマホを子供に渡すのは筆者としては現代においてありだと思いますので、そのあたりについてもしっかりと説明します。

いくつかの条件をつけて渡そう

いくつかの条件をつけて渡そう

クリスマスプレゼントは子供にスマホを渡すべき理由

現代においては何かとITが叫ばれる社会です。そんな中、子供がクリスマスプレゼントにスマホを要求するのは当たり前の現象とも言えます。1タッチでネットにつなげたり、交流できたり、ゲームができたりというプラスの面もあります。いざとなれば子供がスマホを持っていて良かったと思うこともあります。将来的に成長すると、筆者の場合は子供の時代にはガラケーでしたがそれを持っているか持っていないかで、今パソコンが使えるか使えないか、馴染みやすいかなどに左右されているようです。ただし、年齢的に別のものにお金を使って多額の請求をされたりという心配がないかという場合には契約する際に、そのようなプランを付け足したり、お金が発生する場合には親が予め暗証番号を設定しておくというような方法を取っておくのも必要です。そのような制限の下でクリスマスプレゼントに親御さんが子供に対してクリスマスプレゼントを渡すというのは問題ありません。

クリスマスプレゼントに子供にスマホは経済的にという場合

何もスマホは絶対にどこかと契約していないといけないという場合だけではありません。ご自宅にwifi環境がつながっているならば、その制限の下スマホを子供に使わせることも出来ます。端末自体も、そのあたりの格安ショップに向かってみると意外と売っていることが多いです。電話やメールなど独自に必要な回線を設けたい場合は、これまたクリスマスプレゼントのシーズンに色々なショップが格安プランで盛り上がるので意外とこれを利用して、子供向けにクリスマスプレゼントを購入している親御さんも多いようです。また、各種コンビニなどでもwifiなどが通っていることも多いので、そこでメールだとGmailだったり使うことも出来るので便利なものです。それでも難しいという場合もあります。そのような場合はipodなどに実はスマホアプリのようなものも入れることが出来るので親御さんと子供の間でクリスマスプレゼントの妥協案などを出してみても良いです。これだけでも意外と便利です。

スマホをクリスマスプレゼントをするときは約束をしよう

せっかくのクリスマスプレゼントですが、何か親から約束事はしておかないといけません。サンタさんから貰っても通信費用は親が払わなければいけないとでも言えばこのあたりは納得してくれると思います。サンタさんという年頃ではなくなってきそうな子供ならばなおさら話は通じやすいです。使う時間を予め親が管理してあげたり、この時間はいくらクリスマスプレゼントと言えど親が預かる、外に出て使うときは歩きながらスマホを使わないといったようなことをしっかりと徹底してあげましょう。子供が納得する理由であれば好きなように後は遊んでくれるようです。また、子供は意外と色々なことに興味を持ちやすく、情報を手に入れるのも大人より早い場合があります。時として、子供がその現象に対していい影響ばかりをもつものではありません。このあたりはクリスマスプレゼントとしても、親子間でこのようなことは絶対にやってはいけないよというルールを作っておきます。そうでもして渡すべき理由が、やはり筆者が現在で言うところのスマホをプレゼントされて、それなりに今の職業に興味を持ち、実際に就いたからです。

クリスマスプレゼントとして子供にスマホを渡す場合は親も勉強を

単に親御さんがこれまでのように使うのであれば、それなりの責任をもてるのでそこまで勉強する必要はありません。しかしながら、子供は時として意外な行動をとることがあります。その責任も親のものになります。子供のことだから知らないというわけではなく、一緒に成長していくという意味でもスマホのことについて少しは勉強しておきましょう。そうすることで、クリスマスプレゼントにスマホを選ぶことにもためらいがなくなります。言い換えてみれば今の子供との信頼関係とも取れるのでそのあたりを試してみるという意味でもクリスマスプレゼントにはおすすめです。