クリスマスプレゼントを親からもあげるべきかの答え

カテゴリー
クリスマスプレゼントは親から?

クリスマスプレゼントも無事成功したかと思いきや、子供から「お父さん、お母さんからは?」という純粋な質問にビックリした親も多いかと思われます。「えーっと」というような答えにならないように予め決めておきましょう。また、サンタを純粋に信じている子供に対してこれらをどう対処していけばいいのかというのは各家庭ごとによって答えは違います。そんなこんなで、最も自分の家庭に合っている答えを今回は探し、クリスマスプレゼントは親から渡すべきか考えてみましょう。

クリスマスプレゼントは親から?

クリスマスプレゼントは親から?

クリスマスプレゼントは親からではなくサンタからと教えるのもOK

クリスマスプレゼントを渡すとなると、サンタさんからもプレゼントされたけどまだ欲しい物もあるしというのが欲張りな子供の考えです。しかしながら、親から渡すとなれば経済面でどうすればいいか悩む方も多いはずです。そんな方は子供にはクリスマスプレゼントは親からではなくサンタさんから貰うものだよ、そんなこと言っていると来年はサンタさんが来なくなるかもしれないよという具合に子供をうまく説得してあげましょう。そうすることで親からではなくサンタから貰うものだと子供も信じきってほとんど言わなくなると思います。親からも渡したいけど、子供をうまく納得させてあげたいという場合はこのような方法も使っても良いと思います。

クリスマスプレゼントを親から渡したい場合

経済面に余裕がある方はそのまま、子供の言うことを聞いてサンタさんからも親からも貰えるということを教えても良いかもしれません。それも中学生あたりまでです。しかしながら、経済的に余裕はないけど親からも渡したいという場合は気持ち程度のものを添えてクリスマスプレゼントを渡してあげても良いと思います。親からも貰えるけど、これだったらサンタさんのほうがいいと思わせる手もあります。親からもしっかりクリスマスプレゼントは渡すけど、子供には選ばせないよというスタンスでも問題ありません。例えば勉強に必要なものだったり、参考書だったりそのようなものを親からとして渡すことで親のメンツも保たれるというものです。また、クリスマスプレゼントというと、どうしてもものを思い浮かべてしまいます。しかしながら、それだけがプレゼントではありません。クリスマスケーキ、おいしい料理、どれも立派なクリスマスプレゼントではないかと思います。これが親からのクリスマスプレゼントだという風に説明するのも良いと思います。また、毎年経済的な余裕がある方が現代においては珍しいくらいです。おそらくご年配の方くらいだと思います。それを子供が知るわけでもないので、料理の時もあれば経済的余裕ができた場合にはクリスマスプレゼントも親から渡すよという方法も良いと思います。筆者の家庭が現にそうでした。

サンタの卒業と共に親からクリスマスプレゼントを渡す手もある

いずれ子供がサンタを信じなくなったり、何かしらの手段で親から渡されたという真実を知るときが来ます。そのような時は、クリスマスプレゼントは親からという具合に渡してあげると良いです。純粋にサンタさんを信じている場合には親としても夢は崩したくないものです。多くの子供が中学生までには気づいているというデータもあるのでその時にこそ、本当のサンタさんは親であり、親からクリスマスプレゼントを渡すものだよと教えるのも社会勉強の1つです。何故そこまでする必要があるのかと考える親も多いと思いますが、子供もいずれは親になります。その時には自分にも孫ができます。きっと可愛いだろうと思いますし、子供と同じかそれ以上の体験もしてもらいたいと思うかもしれません。こういったとき子供は親からどのような対応をしてくれたかということを参考にします。他の人には聞こうにも聞きづらいものだったりもします。そんなとき、親のあなたが手本となりますので将来のことも考えてクリスマスプレゼントを親から渡すことを考えましょう。