クリスマスプレゼントは現金、子供や男女共に現実的な考え方に!

カテゴリー
クリスマスプレゼントに現金はOK

クリスマスプレゼントや子供や相手の男性や女性に現金でいいと言われた体験がある方は世の中に結構いるようです。筆者も実はその一人で、子供の時に親に現金でいいよといって困らせてしまったことがあります。心の底ではどのようなことを思っているのか、クリスマスプゼントに現金はそもそもの意味でOKなのかNGなのかといったことを今回筆者なりに考察を交えて紹介したいと思います。最近の方は非常に現実的な考えです。

クリスマスプレゼントに現金はOK

クリスマスプレゼントに現金はOK

クリスマスプレゼントに現金でいい、子供の本音の場合

クリスマスプレゼントとして現金はどうなのかと思う親御さんも多いです。これは、場合によってはですが喜んでいいことだと思います。まず、ほしいものがあれば真っ先にそのプレゼントを親にねだりますが、現金と返ってきて目が点になった方、子供の生活が充実している証拠です。ゲームや漫画など色々手に入る状況だと、あまりクリスマスプレゼントはこれといったものが子供にもなくなってくるのです。事実、筆者の場合がそれで欲しい物がないので苦肉の策で考えた結果がクリスマスプレゼントに現金でした。また、値段は親が決めることによって使い道を子供が学習するようになります。その時改めて子供が好きなものを買うことが出来るので、クリスマスプレゼントに現金は実は現実的で賢い考え方をしている子供だと思ってください。筆者の意見だけではなく、世の中の回答をみても意外とそのようなケースにあたっていたりもします。親としては、子供がサンタクロースがいないと勘付いているのではないかと思っているのですが、そうではなく知恵が回る年頃になってきたということです。このような無茶な要望にもサンタクロースは応えてくれるのかという疑問さえ持っていた筆者の子供時代でした。思った以上に子供はクリスマスに対して「なぜ?」を問いかけるので、そのあたりを大人は把握しておくべきです。また、精神が発達してくると共にお金の重要性がわかっているからこそ、クリスマスプレゼントは現金という要望になることもあります。そういった意味でも、もし子供が現金がほしいと言っているならば、1回くらいはクリスマスプレゼントを現金として手渡しても良いと思います。

現金をそれなりの年齢の男性または女性のパートナーに渡す場合

クリスマスプレゼントに現金、なおかつ大切な男性か女性が言ってきたとします。この場合は筆者としてはちょっと夢が無いなと思うばかりです。20代や30代となるとそれなりの金額を包まないといけないことからちょっと経済状況的にという場合もあります。社交辞令としての場合ならば、無難にハンカチやタオルと相手のお財布を考えて言っておきたいところです。しかし、それ以前にクリスマスプレゼントを買いに行く時間がないという理由から現金にする若い方も多いようです。特に男性なら30%、女性なら40%の割合で現金でも問題ないと思っている方が多いようです。やはり子供と同様に、最近は遊べるものが充実していたり、昔ほど困っているような状況ではないことから、そのような考えに発展して行ったのではないかと考えます。また、女性の場合は希望しているものが欲しいという男性への多少無茶な要望があるがそこまで期待していない場合は現金と応える場合も多いようです。男性の場合は、クリスマスプレゼントに現金と応える場合は趣味などに使うお金だったりすることもあります。

それでも現金をクリスマスプレゼントとして渡すのに抵抗がある場合

現金がクリスマスプレゼントとしてということに抵抗がある場合は、図書券やオンラインゲームのアイテムに使うような仮想通貨などにして渡して良いかもしれません。このようなものが喜ばれるケースとして、ネット上のデータに価値を感じている人が多いからです。これを口に出して伝えることは難しく、このゲームのこのアイテムがほしいなどと言っても相手にはチンプンカンプンだったりすることがあります。クリスマスプレゼントがここに移動したのもあるのかもしれません。もしくは、本当に現実的な考えで、日常的にちょっと困ったことがあれば使えるお金が欲しいと思っているケースもあります。事情は様々ですが、クリスマスプレゼントに現金はまったくもって問題ないと思います。