クリスマスプレゼント、子供がビックリする渡し方!

カテゴリー
子供への最適な渡し方!

クリスマスプレゼントの渡し方について色々な方法がありますが、いつもの渡し方だと子供が何だかサンタさんの存在すら疑い始めそうという方に今回オススメな渡し方です。ちなみに、筆者はこの方法で子供の時にこの出来事がキッカケでサンタさんを信じるようになりました。もちろん、今は正体は分かっております。正直なところ、クリスマスプレゼントで筆者は子供の頃疑い深かったのですが、カラクリを聞くとよく考えたなと思うのでそれを今回紹介したいと思います。

子供への最適な渡し方!

子供への最適な渡し方!

子供がサンタさんを信じるビックリする渡し方

この方法を行う前に、まずはどのようなことが起こる渡し方を説明するとドアが勝手に開いて、閉まり、プレゼントが置いてあるというマジックのような仕組みです。さて、渡し方そのものを解説してみますと、まずはドアにちょっとした仕掛けをします。間を作るように爪楊枝などで予め固定できるかしっかりと調整してください。鍵はドアの音を増すため、引っかかった時の音を増長させるために子供に閉めてくるというような言い訳を作っておきましょう。このあたりでクリスマスプレゼントを仕掛けておいても良いです。その爪楊枝の使い道ですが、透明な糸をくくりつけておいて自分の座席から引っ張れるようにしておきます。この間ケーキにろうそくをつけてかろうじて周りが見えるくらいにしておくと子供がサンタさんを信じやすいクリスマスプレゼントの渡し方になります。後はクリスマスのテーマソングなどを歌うようにしておいて糸を引っ張る音を隠すように予防策として持っておきます。歌い始めて中盤のあたりや任意のタイミングで後はお父さんかお母さんが引っ張るだけです。後は意図したとおりドアの音がなり、そこにクリスマスプレゼントが置いてあるという仕組みです。なるべく素早く糸を回収するようにしましょう。知らない人かもしれないので見てくると言っても良いです。その場合、なるべくクリスマスプレゼントの位置には近づかず、そこでお父さんかお母さんが「わぁ!」とビックリしたふりをしてあげると子供はその間どう疑っても置きようがないということなのでサンタさんを完全に信じる渡し方になります。筆者の場合はこの渡し方でサンタさんが鍵を特殊な方法で開けたと思いました。

なお、これらが難しいと判断した場合は外に設置する方法もあります。予め蚊取り線香などを準備しておき、透明な糸を準備します。少し重めの石などを糸にくくりつけておき、あとは蚊取り線香が燃えきるまで待ちます。クリスマスプレゼントそのものに糸をかけてしまうと壊れてしまう可能性があるのでこの場合はやめておきましょう。そして、普通にクリスマスらしい食事をはじめ、時間になれば音がするはずです。この音はお父さんお母さんはびっくりするかもしれません。ちなみに1時間当たり13cmの勢いで消耗されるデータがあるのでこれを参考にしてください。これも予行演習をしておくと子供にとってビックリする渡し方の確実性が増すと思います。

その他の子供がビックリする渡し方

ご近所の方、友達誰でも良いので手伝ってもらう方法があります。比較的シンプルな方法で玄関や外に予めクリスマスプレゼントを設置しておくのも良いです。そこから、ドアをノックしてもらったり、チャイムを鳴らしてもらったりという方法を取ります。後はうまく身を隠してもらうだけです。あえてダッシュで過ぎ去るような音を出させても良いかもしれません。筆者なら鈴の音でも鳴らすかもしれません。そんなこんなで、子供と一緒に玄関を確認してクリスマスプレゼントが置いてあるという仕組みです。

下手な渡し方は子供の夢を失う

子供というのは大人が思っている以上に常に「なぜ?」の世界ばかりです。親戚やそのあたりのサービスを使ったところで、魅力的な渡し方にはなりません。常にその現象の矛盾について「なぜ?」を持ち続けるのです。頭の良いお子さんならなおさらなので毎回手法は変えるようにしましょう。渡し方は色々ですが、存在の特定のしようがない渡し方が一番子供は色々なことに思考をめぐらせるので頭を働かせて、しっかりと考える子供にも成長します。なおかつ、子供らしく夢も持つようになるので今回のクリスマスプレゼントの渡し方は最適な方法として紹介しました。今年のクリスマス、子供が喜ぶように成功することを心より応援します。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告