クリスマスプレゼントは何歳まで子供に渡す?

カテゴリー
サンタさんは何歳まで続ける?

クリスマスプレゼント関連の悩みでも何歳まで子供に渡すかとお悩みの方も多いようです。あげないならあげないで何だか可哀想なような、寂しいような思いをする親御さんも多いはずです。そんな悩める方のために何歳までクリスマスプレゼントを準備するのか、その年齢を機会にどういうことを行っていけばいいかなどを今回紹介してみたいと思います。また、代替案としていくつかもあるので何だか寂しいなと思う方はこれを実践してみると良いです。

サンタさんは何歳まで続ける?

サンタさんは何歳まで続ける?

クリスマスプレゼント何歳まで渡すかの一般的な回答

多くの方は12歳~14歳あたりを機会にクリスマスプレゼントを渡す家庭は少なくなるようです。兄弟が居る場合は弟の方がその年齢に待つというようなスタイルを取る方が多いはずです。それまでサンタさんは親であることを気づいている子供は意外と多いです。純粋に喜ぶのは10歳くらいまでの年齢となります。もう一つの考え方として、サンタを信じている間はクリスマスプレゼントを渡して、少しでも疑い始める兆候を見せたらクリスマスプレゼント自体を渡すということを中止する親御さんも多いです。やはり子供が喜んでくれるのが親としても一番うれしいからプレゼントするわけなのですが、こうなってしまうとクリスマスプレゼントを贈る意味がなくなるようです。しかし、これまでの紹介では何だかクリスマスプレゼントを渡さないのは寂しいなと思う方のために代替案を考えてみました。

クリスマスプレゼントを親が渡す方法もある

クリスマスプレゼントを一般的なケースより早い段階で切り上げてしまうと経済面での負担は減りますが、それもそれで何だか寂しいなと思う方は、親からとして渡すのも良いと思います。何歳までということを守りつつ、親も時としてクリスマスプレゼントを渡すことでヒーローになれます。筆者はこのパターンで親から14歳まではクリスマスプレゼントを受け取っておりました。この過程で既にサンタは信じていなく、親であることは分かっていたので筆者も物凄く複雑な気分でした。また、前述の説明でクリスマスプレゼント関連で、サンタが居ると弟が信じていたためそれにあわせるように言われずとも行っていたこともありました。

何歳まで渡すかより、親が合わせる程度で良い

サンタさんは居るのかと無邪気に聞いてくる子供がほとんどです、居るよと言ってあわせてクリスマスプレゼントを準備してあげれば良いです。また、色々な家庭のサンタさんは親であり、それをプレゼントするのはそれぞれのご家庭の事情があっても良いと思います。心意気だけでも子供にしっかりしてあげようという気持ちがあれば長いスパンでみれば子供がそれに伝わります。年々子供の遊ぶものは進化して、値段もそれなりのものになります。もしかすると、経済的に間に合わないということも現代においては珍しい話ではありません。ただし、どこかのタイミングで準備が出来たら子供に何かご褒美としてクリスマスプレゼント以外で渡してあげて、サンタが居なくとも十分だと思わせて精神的な余裕を持たせてのびのびと成長させてあげることも必要です。このことからも、何歳まではあまり意識せず、自分なりの道を子供に教えてあげましょう。

何歳までを考える場合は、子供に納得する理由を説明する

恐らく毎年のクリスマスプレゼントがなくなってしまうと子供は寂しいです。前もって何歳までクリスマスプレゼントは渡されるよということを普段から伝えておいても良いです。また、大人しくしていたり勉強が出来ている間はしっかりと来るよと伝えてあげるのも意外と効果があります。それに対する理解も早まり、それなりの年齢になっても子供はしっかりと納得します。意外と何歳までを考えていると子供は速く成長してしまうので、その時その時の親御さんの精一杯を行ってあげることが一番です。しかし、筆者もこのような記事を書くような年齢になったのだなとなんだかしんみりしています。子供にはしっかりと必要な年齢までクリスマスプレゼントを渡したいものです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告