肩こりに悩む中学生、治し方を教えます

カテゴリー
中学生が肩こりを治す方法

近年、肩凝りに悩んでいる中学生はとても多いです。特に秋や冬に悩む傾向にあります。親に言っても、中学生が肩こりなんてと笑われた経験がある方も多いようです。今回はただの肩こりだからということで見逃さないでほしいと思います。中学生でも簡単に肩こりを治す方法についても紹介しておりますので是非とも参考にしてみてください。また、マッサージに行くことや親に行ってもらうと言うのも難しい年齢です。そんな中学生事情をしっかりと踏まえて解説を行っております。

中学生が肩こりを治す方法

中学生が肩こりを治す方法

肩こりに悩む中学生の治し方

マッサージに行こうと思っても、それなりの資金もなく誰かが行ってくれるという歳でもありません。まず、肩こりに対して悩んでいるならば、簡単な治し方としてテニスボールを使うという手があります。肩こりに対して悩んでいるのは中学生の場合、肩甲骨あたりの場合がほとんどです。そこで、テニスボールを地面に置いてその上に寝転ぶといった感じで刺激します。痛いのではないかと、思ってしまいがちですがテニスボールの硬さが丁度良い感じに肩こりをほぐしてくれます。肩こりに対して効いているかなというところで30秒ほどその刺激をキープして反対のところも刺激してという感じで肩こりはしっかりと治せます。100均に向かうとテニスボールが置いてあるので、自宅に無い方でも手軽に購入することができるのでおすすめです。中学生でもこれで簡単に肩こりを治すことが出来ます。しかし、一時的な解消にしかなっていないので、また肩こりは再発します。最終的な治し方も書いてありますので、手っ取り早く解決したい方はそちらを参考にしてください。

中学生で肩こり、原因はある?

肩こりに悩むというのは原因があって悩むものです。特に勉強もせず進学は大丈夫だよという中学生ならばさほど肩こりに悩まないと思いますが、受験生ということもあって勉強で同じ姿勢をとっているからなりやすいということがまず1つの原因として挙げられます。1時間に1回くらいはしっかりと体を動かしたりストレッチをしてみたりしましょう。それだけでは実は原因に対して何の解決にもなっていません。中学生はそれなりのストレスが発生しており、肩こりもそれによって一番誘発されやすいです。解決できるような悩みであったり、言おうか言わないかというような悩みだと素直に打ち明ける方が早かったりもします。中学生にとっては余計なお世話だったかもしれませんが、ストレスについてもっと書きたいことがあります。それは、体が冷えてしまうことです。肩こりに悩んでいる中学生の多くの場合は、冷えに対して悩んでいる傾向があります。ストレスによってこれは体がなるべく最小限のエネルギーで動かないといけないと感知して、消費カロリーをいつもより少なく絞ってしまいます。これによって、省エネの体になってしまうので太りやすかったりするというデメリットもあるので中学生の方はこれを何とか解決できるようにしてください。しかしながら、肩こりを治すにしても具体的な方法が分からないと思うので、もう少し勉強してみましょう。

肩こりがつらい中学生は運動をしてみよう

実はこれが一番の治し方かもしれません。大人も気づいていない事実ですが、肩こりを治すには実は運動なのです。マラソンなどの辛いようなことを行う必要はありません。むしろ受験に影響すると思うのでやめましょう。一番中学生が肩こりを治しやすい運動は、腕立てかスクワットです。なぜこのようなことをおすすめするかというと、毎日やらなくていいことに加えて、先ほど上げた原因のストレスや省エネになってしまった体を元に戻すには手っ取り早いのです。マラソンやウォーキングをすれば1時間程度は体温が上がって下がるという傾向がありますが、腕立てやスクワットだと運動後もこれらより高い体温を保とうと頑張ります。腕立てやスクワットによって筋肉は摩擦を起し、一時的に破壊されます。それを治すには体温を上げることが必要なのです。原因ごと取り去ってくれるので、中学生で肩こりに悩んでいる方は是非ともこの運動を行ってみましょう。ちょっと体つきも変わって、周りから「おおっ」と思われるかもしれません。