クリスマスといえば?料理・場所・曲などピックアップ!

カテゴリー
クリスマスといえば?

クリスマスといえば何なのかということを改めて思い出してみようとすると意外と難しいものです。そんな些細な悩みを持つ方のために今回は料理や場所、曲を今回ピックアップしてみました。

クリスマスといえば?

クリスマスといえば?

クリスマスといえば?曲をまずはピックアップ!

・きよしこの夜
曲にしてはかなり定番のものだと思います。毎年毎年テレビで流しているところがあるので、聴いたことがない人はいなさそうです。小田和正やスキマスイッチ、いきものがかりもクリスマスにテレビ番組で歌っていたりしました。

・O come, O come, Emmanuel
本場ではかなり定番のクリスマスソングです。「O Come , O Come」と歌い始める聖歌です。クリスマスのといえば本場ではこれを思い浮かべる方も多いようなので紹介しておきます。youtubeで公開されている音源も非常に素晴らしいです。ちなみに筆者はこのシーズンになるとよく聞きます。心が洗われるような感じがします。全く内容も知りませんが、この手の曲は個人的に好きです。

・すてきなホリデイ
竹内まりやが歌う「クリスマスが今年もやってくる♪」というフレーズを聴いたことがある方も多いはず。ケンタッキーのCMでよく放送されていました。とても楽しくなってくるようなクリスマスの曲ですね。

・ジングルベル
すでに幼少期から歌っているようなクリスマスの定番ソングです。テレビでは定番の如く放送しているところもあるくらいで、歌そのものを聴いたことがない方は日本に置いては少ないくらいです。

・ラスト・クリスマス
これは25歳以上ならテレビで放送されていたので絶対聴いたことがあるはずです。曲を聴いたらこれを分かるとおっしゃる方も多いはず。ワムが1984年に作ったもので、クリスマスといえばこの曲を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。非常に素晴らしい曲です。曲調は昔ですが、その時代の良さすら感じることが多い方も居るのではないでしょうか。

・あわてんぼうのサンタクロース
保育園の方、幼稚園の方が歌っているのをクリスマスによく見かけます。クリスマスといえばこれだと答える子供も多いのはいまだにそうのようです。歌っているだけでも何かワクワクしてきてしまいます。

クリスマスといえば?場所は?

・おしゃれな洋食店
クリスマスといえばそもそも日本の文化ではなく、海外の文化です。従って養殖を食べる方は非常に多くなります。オシャレな洋食屋さんでカップルをよく見かけます。

・ディズニーランド
ディズニーはかなりクリスマスに力を入れているイメージです。筆者は行ったことはありませんが、クリスマスの場所と聞かれるとディズニーランドと真っ先に答えます。演出は何もかも考えられており、衣装や町並みなど別世界です。クリスマスに宿泊する方も多いようなので、筆者も一度は言ってみたいものです。

・ホテル
クリスマスはあえて遠出ということで、クリスマスを思い出す場所としたらホテルと言う方も居ます。あえて日本の文化も積極的に取り入れる温泉旅行スタイルもクリスマスといえば取り入れる方も多いです。色々このシーズンは忙しいので、中々機会が無い若い方も多いですが、いずれこのようなスタイルはとってみたいものです。

・海外
そもそもの本場なので、クリスマスの場所といえばざっくりと海外です。アメリカやらハワイやらと色々クリスマスに行ってみると日本人より楽しんでいる光景がみれそうです。

・教会
聖なるクリスマスなので、日本でも聖歌でクリスマスを楽しむ方も多いようです。筆者の以前の勤め先の社長がそのような関連の方であり、毎年のように誘われます。一度も行ったことはありません。しかしながら、クリスマスの場所といえばということならばここも思い出します。

・会社
まさに現代らしい「クリスマスといえば?」ではないでしょうか。クリスマスであっても、愛するパートナーが居ようと、子供が居ようと、関係なく日本では仕事がやってきます。クリスマスといえば会社と答える実に真面目な方も多いです。日本独特の回答かもしれません。

・トイザらス
おもちゃ屋はもはや定番であり、お子様が居る方はクリスマスといえば、子供のためにしっかりとプレゼントを買わなければということでこの場所を思い浮かべる方も居るようです。そんな方は今年も無事成功すると良いですね。

クリスマスといえば、料理!

・フライドチキン
フライドチキンなどを食べるのが日本のクリスマス料理の風習で、クリスマスといえばチキンが当たり前だと思う方も多いです。しかし、海外でこの常識ともとれるような光景を見ると、日本人はお金に困っているのかと心配されるそうです。もっと良いものを食べようというのが現地の思考です。クリスマスといえばを日本に直してみると、正月といえばチキンといっているようなものだと勝手に思っております。

・ケーキ
各種方面のクリスマスケーキ販売が目立ちます。クリスマスといえばケーキしかないでしょと思う方も多いです。筆者もこのタイプで、クリスマスといえば絶対食べ物を思い浮かべます。

・シャンメリー
子供の時あけるのが少し怖かった、でもおいしいという思いをしたことからクリスマスといえばシャンメリーを思い出すのではないでしょうか。

・焼肉
「え?」と思った方も多いのではないでしょうか。クリスマスは焼肉が大好きだから食べに行くという方も結構居るようです。そして、自宅に帰ってケーキをさらにという贅沢プランの方も見かけます。クリスマスといえばこれという方も少なからず居るようです。

クリスマスといえばをノンジャンルで紹介

・赤、緑、白
この組み合わせはクリスマスらしい組み合わせのカラーです。デザインを考える時によく使う方も多いです。たまにこのあたりに金色を混ぜる方も多く、クリスマスといえばこれです。ホワイトクリスマスということで、聖なるクリスマスの言い換えだと思いますが、このようなカラーを思い浮かべる方も多いです。あくまでも神聖なる日がクリスマスです。

・サンタクロースとトナカイ
今年もサンタさんのお勤めをする方も意外と多いはず。子供が読んでいるといけないので、大人しか知っていない事実なので正体は何かはここでは書きません。サンタクロースの方、今年もお疲れ様です。トナカイさんは今年も花が光るのかちょっと心配ですね。

・プレゼント
クリスマスといえば次にくる言葉がプレゼントです。何かしらのプレゼントをサンタクロースだけではなく、他の人に貰うことも多いので、万人がまずはプレゼントの言葉を思い浮かべそうなものです。

・イルミネーション
クリスマスといえばイルミネーションで、街が鮮やかに飾られます。これをみてクリスマスだなと感じる方も多かったり、撮影に来る人が増えたりと色々です。

・靴下
サンタさんにクリスマスプレゼントを貰う為にブーツが必要です。子供で忘れちゃった方でも、優しいのでなくてもくれると思います。ブーツや靴下などはやはりデザインにも使われるくらいで、クリスマスといえば店頭にもおかし入りのブーツが販売されることがあります。