肩こりに悩む20代が増加、原因はストレスの様子

カテゴリー
肩こりに悩む20代が増加傾向!

最近肩こりに悩む20代が増えてきたので紹介したいと思います。恐らくお読みのあなたも20代でしょうか。これまで学生で行ってきた常識がすべて覆され、社会人に適応するための年代とも言えます。色々な変化がストレスの原因となっており、肩こりになっているようです。また、ストレスだけではなく他の原因も肩こりと密接に関わっているので、お悩みの20代の方はこれを参考に今回は肩こり解消に役立てて頂ければ幸いです。

肩こりに悩む20代が増加傾向!

肩こりに悩む20代が増加傾向!

20代の肩こりの原因とストレスの関係

肩こりの原因にストレスがありますが、ストレスを甘く見てはいけません。そもそもの肩こりの原因は何かと考えてみると、血行不良であったり、同じ姿勢を取りやすいデスクワーカーであったり、冷え性体質の方が肩こりに悩まされる傾向にあります。しかし、ストレスはこれらの現象を大なり小なり起こします。体内で起こっていることはストレスを感じているので、なるべく次のストレスに対して頑張ろうと体を省エネモードにします。結果的に代謝が下がり、血流も滞り、同じ姿勢を取りやすくなります。特にストレスを感じやすく肩こりに悩んでいる20代の方は当てはまっているのではないでしょうか。実際にこれからどのようなことを行っていけば解消できるかを具体的に書いていきたいと思います。

肩こりに悩む20代はとにかく体温を上げよう

体温が高いことで、得することはいくらでもあります。逆に低いとなると、肩こりもろもろに悩むことになります。まず、体温を手軽に上げる方法としては運動はもちろんですが、試しにくいという部分もあります。こちらについては後述しますが、それより誰もが一番手っ取り早く行えると言えば食事です。たんぱく質を肩こりに対して多く食べるようにしてください。厚生労働省によると、人間がその体を維持するのに必要なたんぱく質は体重×1gです。運動を行う方はこれが×2gとなっております。しかしながら、これを普段の食事で摂取できているかというと出来ていない方が多いです。もしかすると、あなたもタンパク質不足かもしれません。ストレスはタンパク質を消費します。ストレスと肩こりに悩む20代が慢性的に不足していてもおかしくはない状況です。1日1食の方でも、運動をプラスするのであれば余程の大食いではないと難しいです。さて、肩こりに絡めてみると、20代の方はとくにこれが不足していることが多いのです。たんぱく質は消化に時間がかかりますが、それだけ胃袋を活発にするということなので、体温も必然的に上がります。この時には、なるべく糖分は控えるようにしてください。なぜかというと20代のストレスには糖分が大敵です。これを減らすだけで肩こりも解消したということがあるようです。それにもしっかりとした理由があって、普段使うエネルギーを完全に糖分からタンパク質に変更することによって普段よりも元気に動きやすくなれるという理論があります。これを活用しているアスリートも多いです。食事は徹底すればするほど、肩こりやストレスに対して有効なので、20代の方は特にこれを意識してみてください。

肩こりに悩む20代、筋トレをしてみよう

肩こりの原因の1つとして、血行不良であるということを述べました。血管が通っているのは体脂肪ではなく筋肉の部分なので、そこを動かせば肩こりは解消しやすいということになります。おすすめなのは、胸か足を鍛えることです。背中もありますが、初めての方には向かないのでおすすめしません。人間で大きな筋肉のTOP3に入っており、そこを鍛えることで血管も多く通っているので効率よく鍛えられます。なおかつ、肩こりも解消できるというので素晴らしい手段です。ただ、筆者は机上の空論を述べているわけではなく、実際に筋トレをして肩こりが治った20代の一人なのでこれを紹介しております。また、肩こりの原因として冷え性はかなり天敵です。常に体を温められる環境ならば、さほど問題はありませんが、まずそのような方は圧倒的に少ないので体を鍛えた方が総合的に楽に暮らせるということになります。ストレスも実はこれで解決できるもので、筋トレによってテストステロンという男性ホルモンが分泌されるようになります。体脂肪を減らしたりするのに必要なホルモンなのですが、なんと憂鬱な思考も消し去ってくれるのです。実際に、うつ病患者の一部にはテストステロンを補充させて治療する方法があるようです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告