ストレス解消を出来る運動は筋トレ!しかも簡単!

カテゴリー
ストレスと運動不足

ストレスというのは日本に住む方なら万年の課題です。なぜかというと日本という国は常にストレス解消の必要がある環境下だからです。人間関係などもありますが、それより季節が影響しているのです。四季がありますが、3ヶ月に1回程度変わっていると考えるとこれについていくだけでも中々人間にとってはしんどいことです。季節の変わり目によく体調を崩すとも言われます。話を戻しまして、今回はストレス解消を出来る運動は筋トレです。季節に関わらず行えるので是非とも試してみてください。

ストレスと運動不足

ストレスと運動不足

何故ストレスを解消できる運動は筋トレなのか?

筆者も色々ストレス解消と運動を絡めて考えてきたのですが、やはり筋トレであるという結論に至りました。筆者はこの運動はあまり好きではなかったのですが、理由をいくつか書いてみたいと思います。まずは日常動作を考えてみると、ちょっと自転車に乗るといったことや階段を上がるといったことも少しながらのストレスになります。これに加えて人間関係だったり、仕事や学業であったりとなると心身ともにストレスが溜まっていることになります。また、筋肉が少ない方は体温も低い傾向にあり、ストレスを感じやすい体質です。運動をして気持ちが良かったという体験がある方は、体温が上がっているからです。これによってストレスを解消できていることになります。また、筋トレをすることによってもちろん筋肉量は増えるので体温も常に上がったままになります。そうではない段階でも、筋トレによって回復の必要性がある体は常に熱を発したままになります。よって、体温が向上したままを維持できてストレス解消に繋がっているようです。ここでストレス解消について、お読みの方はそれならば有酸素運動やお風呂ではダメなのかという考えに至ると思います。筆者は既にそれを実践していましたが、結果的に一時的なストレス解消はできましたが、長期スパンで見るとこれは難しいことであるということが分かりました。だからこそ、筋トレがストレス解消に手っ取り早く簡単です。

ストレス解消の筋トレは最初は簡単なものでいい

ストレス解消と運動をセットで考える方は、マラソンやちょっとしたボクササイズなどを考えるかもしれません。しかしながら、これは簡単ではあるとは言い辛いものです。一方、筋トレになると今から始めることも出来るのです。例えば座ったままでも出来る筋トレとしては、目の前で合掌のポーズを取って、力を入れることです。これは腕立て伏せが難しい方に使える筋トレです。さらに、両手を腰の横辺りを意識して床に手をつきます。そのまま腕の力で胴体を持ち上げることによって腕のトレーニングになったりもします。座っていて簡単で思いつく筋トレはまだまだあります。この2種目を行っただけでも運動経験がない方は恐らく体温が上昇しているかと思われます。ネガティブな気分になったとき、このようなレベルでも良いので筋トレを行ってみましょう。また、男性の方であればストレスの一種のイライラの場合は重いものを持ち上げる筋トレやスクワットを行ってみても良いです。毎日やる必要はなく2日~3日に1回程度で問題ありません。やりやすい筋トレであったり、やってみたい運動があるならばそれをあわせながら行ってみましょう。運動不足も簡単に解消できるので、おすすめです。

世の中のストレス解消の嘘に騙されないように

筆者はメンタルヘルスの関係上、ストレスは人一倍受けやすいです。色々なサイトを見る限り、現代において嘘に近い情報としてセロトニンという言葉が出てきます。これはストレス解消や運動とセットで出てくる言葉ですが、そもそもセロトニンがポジティブな思考に関わっていたりするのではありません。うつ病の患者もセロトニン濃度との関係は見られなかったようです。セロトニン濃度が低かったのは約70人の方のうちたった数十人でした。それどころか一般人より高い人も居たようです。ストレス解消とセロトニンは全く関係ないので気にしないようにしましょう。

そもそものストレスの原因って何?

そもそもストレス解消や運動を考える以前に、ストレスの原因は何かと考えている方に向けて最後に紹介しておきます。大きな原因としては、冒頭で述べた日本特有の四季の変化です。季節の変わり目には体調が優れない人も多く、人間は常に一定でいることを好む動物のために、これによってストレスを感じやすくなります。特に秋や冬は気圧も下がることから、ストレスを感じやすく憂鬱になりやすいと言われます。加えて、寒さによる体温の低下でのストレスです。それらに加えて、人間関係であったり、育った環境も影響しています。見るだけでもいくつかのストレスにさらされていることは簡単にお分かり頂けたかと思います。必要性を感じたらすぐにストレス解消のため、筋トレを行ってみてはいかがでしょうか。