寒いとお腹が減るのはなぜ?ダイエット中なのに・・・

カテゴリー
寒いとお腹が減るのはなんで?

秋や冬になると、体感されることはまず寒いということです。しかしながら、その中でもお腹がへって食欲が増加したという体験のある方も多いと思います。特にダイエット中の方には嫌な出来事だと思いますのでこれを解消する方法などをお教えしたいと思います。寒いしお腹が減るというのは実はとても良いことです。第一に健康な証拠でもあります。話を戻し、寒いとお腹が減る理由をまずは知ってみましょう。

寒いとお腹が減るのはなんで?

寒いとお腹が減るのはなんで?

寒いとお腹が減るのは、カロリー消費するようになったから

まさに今寒いしお腹が減っているという方は、秋や冬には人間はカロリーを消費するようになります。そもそものカロリーの意味を考えてみると、熱量のことです。人間の体に戻って考えてみると、機能の1つとして年間を通して体温を一定に保つ恒常性という機能が働きます。その結果、暑いと汗が出たり、寒いと熱を発する為に身震いするようになります。特に寒いしお腹が減るという場合には、体が熱を発する必要があるのでどんどんカロリーを消費しているという状態になります。ダイエット中の方にとっても意外と良い出来事です。そうではない方でも、普段より少し多めに食べても太らないということになります。さらに、寒いロシアなどでは私たちの倍以上のカロリーを摂っている傾向があるようです。見る限りあまり肥満体質の方を見かけないので、寒さと空腹については良い出来事ではないのかと思います。また、冬の食べ物というのはかなりおいしいです。海の幸などはしっかりと脂が乗っていてとろけるような味わいです。しかし、それは脂肪が乗っているからです。寒いとお腹が減るのはなにも自分だけではありません。その他の生き物でも寒さでお腹が減ります。前述のように体温を保ったり、秋や冬の季節を乗り切るからです。

寒いとお腹が減ることを利用してダイエットしよう

寒いとお腹が減るのはダイエットには向いていないと思われがちです。その思いこそが既に寒さに対応するためであり、人間というのは精神レベルから考えてもすごいと思います。ところが、これをダイエットスイッチをオンにすると一見痩せやすそうな夏よりもダイエット成果が出るようになります。しかしながら、この時点ではお腹が減るということにうまく対応できておりません。実はダイエットにとって空腹は天敵です。それによって余計食べてしまう方におすすめなのがダイエット食です。健康食品を買わなくとも、キャベツを買ったりこんにゃくを買うということは簡単にできると思います。それで空腹をかなり満たしたとしても100kcal程度のものです。まず、そこまで食べることが出来る方もダイエッターの中では少ないと思います。そんなこんなで、カロリーの消費効率がかなり上がっているのでこのような方法でダイエットに挑んでみてください。確実に守れたとしたら、絶対に成功します。

寒いとお腹が減るのは放置してはダメ

さて、別に私はダイエット中ではないわよという方も、寒いとお腹が減るということに対して放置をしてはいけません。なぜかというと、体温を高く保とうとするために体からカロリーを消費して体温を上げていますが、空腹によってこれがなくなったとします。次に起こるのは、体の筋肉を脂肪に変えてしまうということがおこります。体重は減りますが、見た目はだらしないというようなことを体験するようになります。食事がちょっと面倒だなと思う方でも空腹を感じたらピーナッツを1個か2個くらいは口に運ぶようにしてください。これでしっかりとカロリーが摂取できています。某ダイエットジムでも間食はナッツ類として食べているようです。

寒さと空腹、ダイエットに向いている食品は?

最後に食品について説明したいと思います。寒いとお腹が減るので、動きたくもなくなると思います。前述で書いたようにキャベツやこんにゃくはおすすめです。特にこんにゃくはダシをとってちょっとした味付けをしても100gあたり10kcalにもなりません。経済的にちょっとなと思う方は、オクラやもやしなどでしのぐこともできると思います。スーパーにあるような糸こんにゃくを2袋食べたとしても30kcal程度のものです。また、食事制限を行うようなタイプのダイエットを行っている方は、サラダチキンや、納豆がおすすめです。寒いとお腹が減るというのは実はダイエットをする方にとって向いている事象なのかもしれません。クリスマスや正月にガッツリ食べても安心なように体調整という具合でも楽しそうです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告