薬を飲みすぎるとどうなる?副作用に悩むことになります!

カテゴリー
薬を飲みすぎると・・・?

薬を飲みすぎるとどうなるかと考えている方、その危機感は間違っていません。本来体にはないもので、頭痛を例にとっても今のままではダメだよという命令を体に送っているのです。一見便利な薬ですが、飲みすぎると思わぬ結果を招くことになります。今回は飲みすぎ防止のための解説です。そして、すべての薬に当てはまることをこれから説明していこうと思います。薬の飲みすぎについてしっかりと勉強していただければ幸いです。

薬を飲みすぎると・・・?

薬を飲みすぎると・・・?

薬を飲みすぎるとどうなるか教えましょう

まず主作用あっての副作用です。何かしらの改善をしたいわけなので薬を決められた通り飲みます。しかしながら、一回や長期にわたって飲みすぎということを続けていると副作用に悩むことになります。痛み止めを飲みすぎるとどうなるか例に説明しますと、痛み止めを飲んでいるはずが痛みに悩まされる副作用が起こったり、だるさが発生したり、息苦しくなったり、吐き気が起こることもあります。これは飲みすぎると起こる例ですが、さらに進行していくと、ショック症状といって動悸を起しながら目の前が真っ暗になっていくような現象を体感すると思います。ここまでになると治療の対象になるので、飲みすぎる前にしっかりと注意してください。

風邪薬を飲みすぎるとどうなるか、これまた例にしてみます。精神的に不安定になったり、吐き気、耐え難い腹痛、呼吸がしづらいといったことが起こります。

次に、精神関連の薬を飲みすぎるとどうなるかを説明してみます。まずは治療しているはずなのに、精神的な症状で悩まされるようになったり、依存を起したり、考えてはいけないようなことを実際に行ってしまったり、躁転したり、吐き気、幻聴が起こります。飲みすぎるとどの薬も基本的によろしくないということはお分かり頂けたかと思います。

さらに、私たちの手元に来る前にボランティアによってこれらの副作用の検証は行われます。このような自己責任で入院になると思わぬ出費になるのでお気をつけ下さい。それならまだまだ良いのですが、心臓が停止することもあります。冗談ではなく飲みすぎた場合こうなるということがあります。よっぽどのことではないと起こりませんが、これは体質によって左右されます。老人でも正しく飲んでいたにもかかわらず、吐しゃ物によって気管がふさがれて冷たくなっていたということもあります。

薬を飲みすぎるのは、治療薬が見つけられていない証拠

薬の飲みすぎは副作用ばかり起します。しかし、飲みすぎるということは治療を出来ていないことになります。喘息患者で効いていない方の最後を見てみると吸入器が複数床に散乱したまま部屋で冷たくなっていたということがあるようです。要するに治療できていなかったというわけです。そもそも病院に通いたくないから市販薬で治したいと思っている方も、自分の見立てでは限界があることを理解いただけると幸いです。そして何世代も前の薬が市販されており、手に入りやすい状況で一見便利なのですが、効いていないものは効いていないので本気で病院を考えてください。

知らず知らずに多く飲みすぎた場合

薬を飲みすぎるとどうなるかはこれまでの説明通り、お分かり頂けたかと思います。さて、問題は知らず知らずのうちに飲みすぎた場合です。即座に中止するようにすれば問題ありませんが、この場合薬を飲みすぎることによっての離脱症状が始まる方も居ます。無いと生活できないような体質になってしまったわけです。そのような場合は、減薬をしながら体を調整していく方法もあります。これまでに飲んでいた薬の量を明確に把握します。そして、痛みなどの症状が出た場合は半分程度服用するようにします。それで耐えしのぐことができればさらに半分、また半分といった具合に減らす方法もあります。ここまでとなると精神関連のお薬であれば入院治療対象になりますが、痛み止めであればこのような方法で元の体に回復させる方法があります。ちなみに他のお薬でも同じです。

薬の飲みすぎもだけど、必要以上に怖がらないで

薬を飲みすぎるとこうなるという説明をここまで行ってきました。恐らく怖くなってしまったのではないかと思います。しかしながら正しく服用している時点ではあまり気にされる必要もないと思います。医者や製薬会社もしっかりと考えて出しているはずです。ただし、市販薬となればその範囲からはずれてしまう為にしっかりとお医者さんと相談して薬を服用してほしいと思います。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告