喘息に使えるフルティフォームの使い方と副作用について

カテゴリー
フルティフォーム(喘息治療薬)

喘息患者の方はフルティフォームを処方されることが多くなっているのではないでしょうか。それもそのはずで以前販売されていたアドエアが販売中止になっているようです。理由としては、古いということと聞くまでの時間がフルティフォームに比べて長いということなどがあるようです。使い方をそもそも忘れてしまったという方や、どんな薬なのか知りたい、副作用などんなものがあるのか知りたいといった方におすすめの記事です。

フルティフォーム(喘息治療薬)

フルティフォーム(喘息治療薬)

喘息に対してのフルティフォームの使い方

処方されたけど使い方をしっかり聞いていなかった場合に参考にしてください。まずは、4回ほど開封してから空噴射します。3日以上使わなかった場合も同様に4回ほど空噴射してください。次にフルティフォームをくわえるような形にして1回吸入します。そのときは5秒ほど息を止めてフルティフォームが気管支にとどまるようにしておきましょう。そして、2回目の噴射も同じように行います。これで完了です。お薬が口の中に残ることもあるので、うがいなどをするようにしておきましょう。また、1日の中でこれは2~3回ほどつかうことが保険適応とされていますが6回まで増やしても良いとのことでした。これを前提かつ保険適応で処方は出来ませんが、どうしても苦しくてたまらないというレベルの時に使いましょう。入っているものが入っているものなので、基本的に喘息の方でも2吸入を2~3回程度に留めておくようにしましょう。普段から喘息でフルティフォームを使っている方でやめる場合は、徐々に減薬してくことが推奨されています。

フルティフォームの特徴を知ってみよう

これまで喘息患者の方は頓服でも者によっては5分、長くて30分程度効くのにかかっていたようです。しかしながら、筆者の主治医によると1分程度で効くと製薬会社には説明されたよと説明されました。実際には喘息患者は3分ほどという意見が多かったようです。同様の薬としてアドエアを冒頭で挙げましたが、これは吸入ステロイドが入っております。今回のフルティフォームも実は吸入ステロイドが使えるように喘息患者向けに入っております。そして、β2刺激薬と呼ばれている物も入っており、これはなんなのかと言われると気管支を拡張するもので喘息患者の呼吸を楽にするというような2つの方面から喘息に対してアプローチをかけます。大人の方に使われる傾向があります。予防薬として使われることが多いのですが、頓服として使うことも出来るようです。一時的に何かの調子で喘息が重くなるけど、普段は大丈夫という方はこの使い方にシフトしていることもあります。表立って勧められてはいませんが、筆者はこれで大分軽快しておりますので、そこまで重くないような喘息の方は参考までに。また、使用前にはある程度、喘息の症状が軽快していることが必要です。悪化している時には使うことは控えましょう。その理由として、痰などが絡んで正常に喘息に対して効かない場合があるからです。

喘息患者でフルティフォームを使ったときの副作用は?

基本的にどんな薬にでも副作用はあります。だるかったり、力が入らなかったり、便秘、ショックなどがあるようです。これらを感じた場合はすぐに病院に向かうようにしてください。使っているものが喘息であれど吸入ステロイドです、副作用として喉に刺激が走ることが合ったり、つっかえる感じがしたりすることもあるようですがこれは副作用です。動悸が起こることもあるのですが、同様の副作用があるメプチンよりは少な目です。あとは手が震えたりすることが副作用としてありますがこのような場合は軽くてもすぐに病院に向かうと良さそうです。稀にですが、副作用として食欲の低下、吐き気、頭痛が起こることがあるためこれも同様に病院に相談しましょう。また、必要以上に使うと副作用はもちろん出るので効かない場合は、主治医に相談するようにしましょう。

フルティフォームによろしくない飲み合わせ

エイズの薬、ボスミン、ストメリン、プロタノール、イソメニールなどの飲み合わせはかなり注意が必要です。副作用がかなり強く出る恐れがあります。飲み合わせが悪くとも処方されることがありますが、医者としっかりと相談しながら飲むようにしてください。その他ステロイド系の喘息治療薬や、テオドールとの飲み合わせも要注意です。高血圧、不整脈の治療を行っている方は、処方されている薬によって効き目が落ちることがあります。βブロッカータイプの薬は喘息に対して禁忌になっているはずなので使われることはほとんどありませんが、治療をしている場合は医者に申し出ましょう。副作用について説明してくれる親切な医師は多いのですが、親切すぎて副作用について聞き逃していることが多いのでしっかりと説明を聞いておくようにしておきましょう。ノービアを使用している方は、肥満になったり、糖尿病になったり、精神不安定になったり、脱力感があったりとの報告があります。副作用には注意が必要です。