秋バテによる胃もたれを解消する方法!

カテゴリー
胃もたれ解消!

秋バテになると胃もたれや食欲不振、吐き気を起すことがあります。その他の症状もありますが、今回は胃もたれに特化した解説を行ってみたいと思います。また、その場その場の症状を解消することも必要ですが、それに加えて長期的に胃もたれに悩まないように、根本から治療する方法も紹介していきたいと思います。はじめに胃もたれについて既にお悩みの方が多いのでそれを解消しながら読み進めて下さい。

胃もたれ解消!

胃もたれ解消!

秋バテの胃もたれをまずは手持ちの薬で解消してみよう

秋バテによる胃もたれに深刻に悩んでいる方はまずはそれを解消しなければどうにもならないと思います。病院など過去に行って吐き気止めやそれに関する漢方などをもらっている方はそれをまずは飲んでみましょう。吐き気レベルに近いまで胃もたれを起している秋バテのタイプの方は、ナウゼリン、ガスモチン、プリンペランなどとりあえず吐き気止めとして出されているもので解消することが可能です。そうでもなく、何となく胃もたれがするなといった場合は六君子湯の漢方が胃もたれを解消することが出来ます。実は秋バテの解消にも役立ちます。病院にも行っておらず、そもそも好きではないとおっしゃる方は、薬局に向かってエビオスや強力わかもとなどの胃腸薬を利用することによって秋バテによる胃もたれを解消することが出来ます。薬というよりサプリに近い感じの天然由来のものです。さて、それにも頼ることはちょっと抵抗があるとおっしゃる方は重曹を試してみましょう。慢性的な胃もたれに悩んでいる方が使うもので、胃腸科の先生がおすすめするほどです。秋バテの胃もたれも解消できることが多いです。この際、食品添加物に使えるグレードのものを選択するようにしましょう。分からなければ薬局の薬剤師に聞いてみると早いです。

秋バテの胃もたれはまずは食習慣から改善

私たちが生きていく上で欠かせないのは食事ですので、まずはそこを改善するのが秋バテの胃もたれを解消するには手っ取り早い手段です。そして、胃腸を強化したりするためにはまずはキャベツを食べましょう。これはおなじみの胃腸薬であるキャベジンがこれらに対して効果があることは既にお分かりだと思いますが、キャベツがそもそもの栄養素なので同じことが言えます。胃もたれを起こしやすく、それに拍車をかけるような秋バテの方にご飯の前にキャベツを食べてもらうことで改善したことがありました。意識して食べていたわけではありませんが、筆者が別の意味をこめて食べさせてみたところ効果があると判明しました。また、胃もたれを起こしやすくなっている場合は豆腐や魚なども意識して食べましょう。良質な油は秋バテに効果を示し、たんぱく質は体を再生する効果があります。その場だけ食べて解消というわけではなく、食べる習慣を毎日にする勢いで食べることが必要です。その理由については後述していきたいと思います。

秋バテはなぜ起こるか、胃もたれに焦点を

秋バテはなぜおこるのかと考えた際、このサイトでは以前も説明しましたが、寒暖の差によるストレスです。心身ともにダメージを受けた際、胃腸にももちろんダメージが向かいます。この結果、胃もたれが起こるわけです。基本的に運動習慣などをつけると胃もたれは解消できることが多いです。なおかつストレスも解消できます。それが難しい場合は食生活を正すのがまずは先です。また、運動の代わりにぬるいお湯につかって、寒い秋に体を温めてあげる必要があります。寒いと感じたら動物は冬眠しますが、人間もそれは同じです。胃が寒いと感じているわけなので、胃があまり動かないようにしようとなります。そんなところに温かいような環境に無理矢理でももっていくと、秋バテによる胃もたれが解消することがあります。この場合は自然に近い温度を与えることが必要で、ぬるめではなくかなり熱いお湯に入ってしまうとこれまた胃が弱ってしまう恐れがあるので、秋バテによる胃もたれを起している方は注意です。ここを改善することによって精神的にも活発になるということがあるようです。今年の秋こそしっかりとした体調で楽に過ごしてみましょう。