妊娠中の冷え性、改善方法を紹介!

カテゴリー
妊娠中の冷え性改善

人間が人生で大事なイベントの中で妊娠です。しかしながら、女性は冷え性という悩み事を抱えていることが多いのです。それもそのはずで、男性より筋肉量が少ないので意外と冷えやすい体で、一旦冷えてしまったら中々温まるのは難しいです。そういったことを改善する為に今回は様々な方法を紹介します。また、一般的に良いといわれている方法が実はダメだったりすることもありますので、行っても一向に改善しないといった方は特に要注意です。

妊娠中の冷え性改善

妊娠中の冷え性改善

妊娠中の冷え性はまずは食事から改善

今回は当たり前のようで、ここまでは知っていないだろうという食事に関することをお伝えします。もちろん妊娠中であり、冷え性という前提です。まず、このような悩みを抱えている方は慢性的にたんぱく質が不足しています。運動をしない方でたんぱく質は体重×1グラムほど必要とされています。しかしながら、これを守れている女性は意外と少ないのです。ですので、妊娠中の方は現在の体重×1グラムほどたんぱく質は毎日確実に摂取するようにしてください。なぜ、ここまでこの栄養素を推すかというと、まずは妊娠中であれば肉が異常に食べたくなる方も多いようで、普段よりたんぱく質が消費される環境下にあるのでそれは必然的なことです。また、たんぱく質と言えば肉や魚、豆腐などですがこれらは消化に時間がかかります。これは一見デメリットのようでかなりのメリットで、胃が消化する必要があると感じて活発になり、体中のカロリーを使い始めます。そこで何が起こるかというと体温の上昇が起こって、冷え性がいつの間にか改善していたということもあります。これらのことが出来てから、しょうがやドリンクの類に頼るということを行いましょう。体質改善には数ヶ月かかるため、なるべく早めの対処が必要です。

妊娠中で冷え性の方は6時間に1回体を温めること

妊娠中で、体が中々温まらないとおっしゃる方はまずは6時間に1回程度体を温めることを考えてください。運動などは無理は禁物ですがウォーキングで体を温めたり、お風呂に入ることなどは意外と重要です。少しだるいと感じるかもしれませんが、冷え性改善にはもってこいの方法です。運動をして体を温める場合は異常を感じたらすぐに中止するようにしてください。

妊娠中の冷え性改善のためにつけるべき習慣と漢方

妊娠中で冷え性の方は、なるべく冷えた水を飲みましょう。なぜしょうが湯などの温かい飲み物ではないのかというと、これで一時的なものは改善しますが、次にまた冷え性が戻るからです。そこで、あえて冷たい飲み物を飲む必要があります。そうすることで人間は体温を一定に保つように働きかけるので、冷え性を改善しつつ、胎児にも影響を与えないのです。極度に体が冷えている環境下ならば確かにしょうが湯はおすすめですが、改善したことがないならば水にもしっかりと着目をすべきです。また、エアコンがないなどの環境下で寒いならば仕方がありませんが、エアコンがある方はちょっと肌寒いか温度を上げようかなと思う環境で少し薄着で寝るようにしましょう。その際、冷え性を妊娠中に改善するにあたって、脚をなるべく出して寝るようにします。お腹などは冷やすといけませんが、脚をあえて冷やして体温を上げる必要があります。これはなぜ必要なのかというと、脚には男女問わずかなりの筋肉が集中しており、そのあたりを活発にすることで冷え性を改善することが出来るからです。逆に冷え性ではなく、妊娠中で暑いとおっしゃっているような方は退治の影響で重量が増えたことから脚にかかる負荷が増えて、筋肉量が増えて暑いということはあるようです。

あまり頼らないことをおすすめしますが、冷え性に関する漢方ならば加味逍遥散(カミショウヨウサン)が最適です。妊娠中にありがちな精神の不安定さや自律神経の乱れを改善してくれる漢方で女性によく処方されるものです。特に妊娠中の方でストレスをモロに感じている方も多いので、そのような方はリックンシトウという漢方もおすすめです。胃の不調はメンタルにも影響を及ぼすという五行思想からきているものですが、冷え性にも間接的な効果があります。また、ストレスは冷え性の原因ともなっているので、妊娠中であれば夫にでも不満を打ち明けるようにしましょう。このような会話なしでは今後も不満を述べる相手がいなくなります。さらに、妊娠中の冷え性の方は中でもメンタルが不安定な傾向にあるのですが、もし、これに当てはまっている方は要注意です。

それつながりで妊娠中の冷え性改善として、胃の強化をするべきです。そもそもの意味で冷え性の方は、食べることができていない、適切な栄養を選択できていないということがあります。胃の強化をすることでたくさん食べることができて、その分体は食べたものを消化しようと頑張ります。なるべく食べ物を食べることができるようにしっかりとたくさんの栄養を摂取しましょう。

妊娠中の冷え性改善で間違っている習慣

先ほど述べたことももう一度書きますが、まずは温かい飲み物は極度に寒い環境下でなければ避けるようにしましょう。冷え性を改善するにあたって、そもそも体温を上げるような飲み物を飲むと体を温める必要がないと体が感じていつまで経っても冷え性ということがあります。また、冷やしすぎも良くないのですが、温めすぎはそれより良くないです。ちょっと肌寒い程度の環境であればむしろ冷え性改善に効果を示します。