ダイエットをする中学生に向けた食事のアドバイス

カテゴリー
悩める中学生よカモン!

ダイエットをする中学生は世の中にたくさん居ますが、食事はどうなのかという疑問が出てきますよね。多くの場合中学生ではなくとも大人も勘違いしている部分が多く、本やサイトに書いているとおり試しても失敗したという経験がある方も少なくはないはずです。それもそのはずで、ダイエットのプロが書いているわけではありません。そんなこんなで、本当に正しい食事はどうするのかといったことを今回は惜しみなくアドバイスしていきたいと思いますのでご参考に!

悩める中学生よカモン!

悩める中学生よカモン!

食事をする上で空腹になるのは禁物です

ダイエットをする上で食事量を減らすというのは賢い手段ではありません。それはお腹が減るからです。ここまではありきたりな話ですが、具体的にどのようにしていくかというと今まで食べていた食事量を少し減らしてトコロテンやキャベツなどの低カロリーな食事であとはお腹を満たします。いつもと食事の「量」は変わっていませんが、摂取しているカロリーなどは意外と少なくなっています。中学生ならばここまでの理屈を抑えればあとは成功したようなものです。食事の一番最初に食べることがオススメです。なぜかというと、いつもよりカロリーを減らしているにもかかわらず満腹感が得られるのが1つと、最初に食べた先ほどの食事で血糖値の上昇を緩やかにしたり、便の排出を促します。結果的にこの方法をとることで良いことだらけになります。反面、単純に食事量を減らしただけだとすると、空腹はすぐにやってきます。それだけではありません。空腹を感じることで、いつもより食事を吸収しやすい体になっているので実は太っていることになります。

食事は小分けに多くとりましょう

中学生のダイエットでこれは難しいと思いますが、やり方を工夫すれば簡単です。食事は恐らく3食にしていると思いますが、5食に変更しましょう。これまでの3食で食べていた食事量を5回のうちに分散するというわけです。これで空腹時間が短くなります。それどころか、いつでも栄養が入ってくると体が勝手に勘違いしてくれるのでガンガン動くためのエネルギーとして消費してくれるようになります。その結果痩せやすくなるというわけです。学校に通いながらは難しいと思いますが、ちょっと休憩時間などにクルミなどを間食としてとることで、臭いも少なくバレずに食べることができます。こういった工夫で中学生でも痩せやすい環境はいくらでも作り出すことができます。

実は中学生が炭水化物を控えるだけでビックリするくらい痩せます

今はやりの糖質制限ダイエットになりますが、炭水化物にあたるものを控えることで中学生には物凄い効果を示すことになります。2週間くらいやってみましょう。これを境にダイエットするのがとても楽しくなるほど痩せます。中学生であれば基礎代謝も十分高い状態なので、大人もビックリする速度で痩せます。これを知っているか知っていないかだけでもダイエットが短い期間で済むかどうかにもかかわります。基本的に食事においては炭水化物は中学生ならば生活のうえでは重要だよと習いますが、少し間違いです。はるか昔の人はそれが得られなかったのになぜ生きていたのかという疑問にもなります。毎日必須の栄養素ではないことが分かると思います。体脂肪を溜め込みやすいのが炭水化物なので、控えることでやはり中学生ならばグングン体重が落ちていきます。

おやつはとっていいけどダイエット中の中学生はこれだけにしておこう

おやつはゆで卵か豆腐にしておきましょう。これってダイエットできないのではないかと不安になる中学生も多いのですが、一番のダイエット食です。試しに2週間だけこれを食事というよりおやつとして食べましょう。1日のお小遣いが100円であれば5個は食べることができる上、普通のおやつよりお腹一杯になります。そして1日の中で小分けにして食べるのも良いです。

そんなこんなで中学生の食事はたんぱく質をメインにしてください

中学生の食事はたんぱく質をメインにすることをおすすめします。先ほどのゆで卵や豆腐がそれにあたります。炭水化物がしっかり控えることができているならばマヨネーズを好きなだけ使っても痩せます。これが原因で太ったというデータは医療視点でも明確な文章は見当たらないくらいです。自宅で親御さんが食事に対して賛同してくれるならば毎日たんぱく質の類をメインにお腹一杯摂取してもらっても問題ありません。ここまでで紹介した内容は高級なフィットネスジムが採用している方針で、実際に効果がある考え方や食事方法です。あまり納得いかないと思われる中学生はとにかく試してみることで周りからすぐに変わったねと言われるはずです。今まで試したダイエット方法が成功していないならば、この方法はなおさら確実な食事方法です。