秋バテを対策できる食事の方法を紹介!

カテゴリー
秋バテを対策するぞ!

秋バテをなるべく対策したくなる季節になりました。憂鬱になったり、だるかったり、食欲がなかったり、何かと気分が優れないのが秋です。さらには寒さまでやってきて秋バテになってもおかしくはない季節です。そんなこんなで、それぞれの原因に焦点を当てた秋バテを対策出来る食事方法を今回は紹介してみたいと思います。その前に、どのような秋バテに悩みやすいのかということを考えながら食事をすると効率的です。

秋バテを対策するぞ!

秋バテを対策するぞ!

秋バテを対策できる食事の方法とは!?

秋バテを対策する前に、まずは基本的な食生活が出来ていない方が多いのです。それは水ですが、しっかりと飲んでいるでしょうか。1日に2~4Lほど秋バテの対策の食事には必要不可欠なものになります。なぜかというと秋バテの原因としてまずは冷え性であることが原因の1つです。それをあえて水を飲むことによって人間は体温を上げようと寒さに向かって対策するようになります。この現象を恒常性と呼んだりもします。このことから、まずは食事の前に水を積極的に飲むようにしましょう。

・ビタミンAを摂る
これはストレスを感じた時に出るホルモンを対策するための食事になります。多くはレバーや人参などに含まれており、秋バテの対策の食事で摂取したい栄養素の1つにはいります。副腎と呼ばれている所がストレスに関するホルモンを出すのでこれを抑えるようにします。

・ビタミンB系の食事
豚肉や納豆に多く含まれています。これは糖に関するものを代謝したり、精神を左右する栄養素とも呼ばれております。秋バテにありがちな肩こりはビタミンB6で対処することが出来るため、栄養補助食品などを使って食べても良いです。秋バテ症状の頭痛などを対策することが出来るのでオススメです。

・マグネシウムを多く含む食事
マグネシウムが多く含まれている食事として、豆腐、きなこ、アーモンドなどがあります。これは秋バテの対策に何の役が立つのかというと、筋弛緩作用があります。肩こり、頭痛、ストレスなど秋バテの症状に予め対策を打つことが出来ます。同時に筋弛緩効果があるということは、筋肉がほぐれた状態を意味するため、リラックス効果もあります。秋バテ対策にはかなり意味のある食事になります。

・亜鉛を含む食事
亜鉛はテストステロンの濃度をあげることから重要です。煮干、牡蠣、牛肉などに多く含まれております。さて、これは秋バテの憂鬱な症状を感じている方ならば多くの場合好きな食品の1つになります。これはなんなのかというと男性ホルモンなのですが、これを投与したうつ病の患者が、うつ症状を解決できたというデータがあります。憂鬱な秋バテを感じている方にはおすすめです。対策できるので、なるべく定期的に摂取することをおすすめします。

秋バテの対策の食事、食べることが難しい場合

基本的に食欲不振や吐き気がある場合は対策の前に、しっかりと胃を休めるのが対策です。何も食べない方がさらに気持ち悪くなるよとアドバイスする方もいますが、筆者はこれに対してはあまり賛同できる意見ではないと思います。必要だから食べないようにと気持ち悪くなり、何かの助けを体が求めているから頭痛は発生するというように基本的に食事ではなく何か飲み物程度にしておくことが秋バテ対策では重要です。その代わり回復したときはしっかりと食べるようにしてください。もしくは、食欲不振が過ぎ去るといきなり食欲が沸くことがあります。これは冒頭で説明した人間の恒常性が働いているためです。食欲に逆らわず満足するまで食べましょう。

秋バテを対策する食事で一番重要なこと

秋バテを対策できる食事はこのサイトではなく、他のサイトでも十分な情報があることが多いです。しかしながら、それを数日食べただけで秋バテは対策できたと思わないで下さい。人間の体質が実際に変わり始めるのが大体数ヶ月とされています。毎日食べる必要はありませんが、定期的に摂取できるようにしておくことが大切です。難しければやはり栄養補助食品に頼る必要もあります。また、秋バテの食事を考える時は、なるべく自然食から摂取するようにしましょう。良質な○○シリーズは何にでもあります。それを得る最高の手段はやはり自然な食事です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告