秋バテの原因を詳しく解説します!

カテゴリー
秋バテの原因

秋バテとは何が原因でなるのかと不思議に思っている方、もしくはその他のサイトで情報を得たけど納得行かないという方に今回はしっかりと秋バテの原因について書いてみたいと思います。また、これを言ってしまってはということもありますが仕方がないこともあります。そうかと言えど秋バテも治したいと思う方が多いので、今回は原因と解消法をセットで解説をしていきます。最も自分に当てはまっていそうなものを参考にまずは原因を調べてみましょう。

秋バテの原因

秋バテの原因

秋バテの原因一覧

・寒暖の差によるストレス
秋バテの症状を起こす原因としてストレスがあります。暑かったり寒かったりすると体はストレスを感じるのですが、それが原因です。例えば相手のテンションが上がってたり下がったりという方を相手にしていると精神的に疲れてしまいますが、それの体バージョンのようなものだと思ってください。体も意外とストレスを感じるので秋バテになりやすいです。それに拍車をかけるようにエアコンでこれまた寒暖の差が激しい場所に居るので常にストレスな環境が構築されます。この原因を解決する方法は、体をとにかく温めることです。この時期に冷え性も併発している方は秋バテの解消と共に体をしっかり温めるようにしましょう。

・気圧の低下によるもの
気圧の低下というのは侮ってはいけません。夏は基本的に気圧はほとんど高い状態ですが気圧の低下が秋バテの原因となることがあります。憂鬱な気分になったり、とにかく疲れたり、しんどいといった原因が特定しづらいような秋バテの原因はほとんどこれです。また、頭痛や肩こりで慢性的に悩んでおり、秋に特にひどいといったのはこのようなことが原因です。解消方法としては、たまねぎを食べて精神の安定を図り、マグネシウムを含む豆腐でしっかりと緊張した筋肉をケアしてあげましょう。また、天気予報で気圧を見ることが出来るので、前日と比べて下がっていたり、急激な上昇があるとそのときに秋バテの症状が辛くなる原因を作ってしまうので、これらのケアはかなり必要です。

・冷え性だから
そもそもの冷え性というのは色々な病気になりやすくなります。秋バテもその1つです。さらに、秋バテになるような季節は基本的に涼しいか寒いかのケースがほとんどです。また、冷え性はなぜなるのと考えた場合多くの場合は栄養不足か、筋力不足が原因です。一般の方のように食べることができていない方は、まずは何かカロリーの取れるものを食べましょう。いつもよりアイスを1個多めに食べるといったことでも問題ありません。同時に、運動もするようにしてください。ウォーキングなどでは筋力はほとんど上がらないのでちょっとしたトレーニングをすることをおすすめします。買い物でカートを使っていたものを自分の手で持つようにするなどといった方法でも十分なトレーニングになりえます。こうした小さな積み重ねが秋バテの解消につながり、冷え性も解決します。ウォーキングをしたい方はストレスを感じている場合にのみ留めておきましょう。実は、体を一時的に温めるだけで、体脂肪を増やしやすいのがウォーキングです。

・寝不足が原因
寝不足はかなり秋バテへの大敵で一番の原因となっている可能性が多いです。睡眠不足だと心身ともに疲れるだけではなく、体の基本的な機能が動き辛くなります。人間でも冬眠の準備を始めてしまうようになります。だからこそ秋バテで逆に眠くなるといった症状も多いです。このような原因を作ってしまわないため、一定の時間眠ったり、眠れなくても横になることが必要です。

・精神的なものが原因
秋バテを感じるのは精神的なことが原因であることは少なくはありません。吐き気がしたり食欲がなかったり、冷え性、眠れない、肩こりが発生しているの全てに当てはまる方は精神的なことが原因である場合もあります。まずはリフレッシュするようにしてください。本当に疲れきっているとリフレッシュの方法も分かり辛くなるので、そのような方に向けて紹介しておくと好きなことをなるべく行いましょう。場合によっては仕事などを休むことも秋バテの解決につながります。長期的に体を壊すより、一時的に休んでシャキっと治した方が職場の方にとっても良い影響を与えます。それでいて先ほどのように好きなことや、眠ることでも問題ありません。これで原因ごと取り去ることが出来るので、ちょっと本格的に疲れたなと思うときは試してみましょう。