秋バテでだるい、解消する方法は?

カテゴリー
秋バテで体がだるい場合の解消法

秋バテで体がだるいと思っている方も少なくはありません。10月に入った途端このような症状に悩む方が増える傾向にあります。夏と比べて涼しく、1年の中では過ごしやすいのではないかと思っている方も多いですよね。しかし、体感の通り体がだるかったり、食欲が無かったり、眠れなかったりと症状に拍車をかけるようなことばかりです。そんなこんなで、今回はだるいという症状に焦点を当てて秋バテの解消法について紹介していきたいと思います。

秋バテで体がだるい場合の解消法

秋バテで体がだるい場合の解消法

秋バテで体がだるい時の解消法

秋バテのだるい原因としては、環境の変化によることが原因で起こります。体感されているような出来事だとまずは気温が変わったこと、場合によっては暑くなったり涼しくなったりと寒暖の差が激しい1週間などがあります。これによって人間はだるいと感じることがあります。それだけではありません、秋という季節は全体的に曇っていたりするような日が多いです。場合によっては本当に雨が降ってジメジメしたりしますが、これは単純に服や道が濡れるだけではありません。気圧が下がっています。なんだそれだけかと思いがちだと思いますが、このようなときに何だか気分が下がったり、肩こりを感じる方が多いのです。これが全体的にだるいと言われている原因でもあります。さて、これでは対処の仕様がないではないかと思っている方も多いのですが、そうではありません。秋バテそのものを感じていてだるいという時は、まずは日常的にストレッチをしてみるようにしましょう。普段より疲れやすくなる気候になっているので、その分体のケアも必要になります。それだけではありません、たまにはぬるめのお風呂でゆっくりとつかってみたり、時間がない方は整骨院などに向かっても良いです。このような方法で意外と秋バテが速く解消したという人も多いようです。

秋バテのだるさ、食事もしっかり摂りましょう

普段ご飯を食べていない方、痩せ気味だけど大食いのつもりの方はしっかりとご飯を食べるようにしましょう。また、秋というとサンマや鮭、ナスなど色々な代表的な食べ物があります。季節の食べ物がおいしいのは、やはり秋バテに必要だからです。筆者としてはサンマを食べることをオススメします。今回は秋特有のダルさを感じているのですが、サンマには良質なたんぱく質や脂質が入っております。このような魚からの脂質は控えるべきではありません。いつもより多目に意識をして食べてみると意外と秋バテによる体がだるいという症状が解消していることもあります。一時的に食べるのではなく、数日続けてみることも大切です。

秋バテでだるく、食欲が無い場合はどうするか

そんなことを言ってもまず食欲がないし、吐き気すらするよとおっしゃる方はまずは胃をしっかり休めるようにしましょう。食べることも体力を使うので、そのようなレベルの方は食事をまずは無理に摂るのはやめるようにしておきましょう。本当に体が休養を求めているので、秋バテのだるいという症状を見逃さずにしっかりと横になりましょう。眠れなくとも、横になっているだけで解消することもあります。長期的に栄養の摂取が難しい場合は、飲み物でカロリーを摂取するように心がけてください。

肩こりがメインの秋バテのだるさはどうするか

肩こりに悩んでいて、秋バテを感じる方も居ます。これは季節の特性上起こりやすいということを何となく察して頂いたかもしれません。そんなときはマグネシウムやビタミンBを積極的に摂取することで肩こりがメインの秋バテは解消しやすくなります。特にペインクリニックなどに向かうとビタミンBの点滴をされることがありますが、これは秋バテでだるく肩こりに悩んでいる方にかなりの効果を示す場合もあります。また、なんとなくだるいという場合にもこれが効くことがあります。市販のビタミンBに関する栄養補助食品などを購入しても意外と安いので定期的に摂取することをおすすめします。

秋バテ解消にはとにかく寝ることも必要

秋バテのだるさを解消するには眠れるのであれば、しっかりと眠りましょう。アスリートが睡眠を大事にしているように、私達一般人レベルでもやはり睡眠は必要です。オリンピックに出るレベルの方は運動後にわざと寝ることがあるくらいです。そのくらいを行ってやっと動けるレベルになるというので、夜更かしは相当体力が有り余っている場合ではない限りはやめておくようにしましょう。秋バテを解消するには実は一番必要なことであります。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告