秋バテなんて大嘘だ!その症状をすぐ解消する方法!

カテゴリー
秋バテはほとんど大嘘

秋に疲れていたりすると、秋バテなんて疑いの言葉があります。夏の疲れが秋に持ち越しているなんていわれていたりしますよね。しかし、一般的な秋バテに関する解消方法で解決したことがあるでしょうか。恐らく疲れなどの症状はそのままだと思います。しっかりとした秋バテの原因を知って、秋バテなんてそもそもないし大嘘であるということにお気づきいただきたいと思います。そして、症状は現に残っていると思われますのでそれを独自の方法で解消する方法を解説します。

秋バテはほとんど大嘘

秋バテはほとんど大嘘

秋バテは大嘘、秋は基本的に疲れなどの症状があるもの

筆者は秋バテという言葉があまり正しくないと感じております。秋バテとは慢性的な疲れや、夏の生活習慣そのものが秋にも反映されており、疲れを引きずった状態とされております。しかしながら、休息ができれば遅くとも数日で解消されます。また、秋になると夏に比べて寒暖の差が激しくなり、人間の体はそれに適応できなくなるのが普通です。人間は体温を一定に保つ機能があるのですが、周りの気温が変わると同時にそれに合わせて人間の体も変えなければいけなくなります。その結果秋バテの症状が現れます。これは秋になれば当たり前のことであり、日本独特の恒例行事のようなものです。さて、このあたりで一般的に言われている秋バテは大嘘であるとお気づき頂けたかと思います。そんなこんなで、秋バテと呼ばれている本当の解消方法を紹介していきます。

秋バテの解消にはまず風呂につかろう

秋バテの症状は疲れや肩こり、食欲減退、不眠、うつ症状です。しかしながら、これらの症状をお持ちの方は重症であればあるほど共通点があります。それは寒がりであることです。普段、クーラーの効いている一般的な方が過ごしている部屋が寒かったり、秋から冬になると一般の方より服を着込まなければならないという体質の方が多い傾向にあります。要するに常に体は冷えている状態なので、温めてあげるとこれらの症状は解決します。うつ症状が出ていて、食欲減退の症状がなければ熱いお風呂に入って体に刺激を与えてみましょう。我慢風呂大会のごとく入ります。これで、憂鬱な症状が解決することがあります。また、食欲減退症状があり、不眠や肩こりが出ている秋バテタイプの方ならば比較的ぬるいお湯に体がポカポカするまで温めてあげましょう。これで強制的にリラックスさせる効果があるのでおすすめです。

時間がない秋バテの方はマッサージに向かえ

特別な事情が無い限りは、マッサージに向かってみましょう。基本的な理屈は先ほどのものと同じですが、マッサージで体温が上昇することがあります。なるべく整体と呼ばれているところのほうがしっかりと肩こりの症状をほぐしてくれたりもします。憂鬱な症状がある方は一時的な解決になります。精神を安定させる病院の薬で筋弛緩作用と呼ばれているものがありますが、これと同等の効果を持つのがマッサージです。

運動習慣が無い方は運動で秋バテを解消

今回は意味のない運動をすすめるつもりはありません。そもそも運動とはだるいもので、ウォーキングを思い浮かべますがこれは大間違いです。1時間も行っていると秋バテをさらに加速させてしまいます。そんな方におすすめなのが、腕立て伏せかスクワットです。筆者としてはスクワットがおすすめです。これまでの説明で体の冷えによって秋バテの症状は起こっているのではないかと感じた方はまさにビンゴです。筋肉量を増やして発熱量を増やし、体温を上げ、秋バテそのものを解消するなによりの手段です。スクワットをするならば、体の半分以上の筋肉を使うためにすぐに体も温まります。10分程度で秋バテ解消方法なのでこれは症状を感じている人におすすめしています。筆者の周りでもスクワットをしだしてなぜか秋バテっぽい症状が解消したと言っている人も居ます。

胃腸をいたわって秋バテを解消

秋バテの症状の1つとして、食欲減退があります。基本的に食欲を感じていない時は固形物は取らずに、飲み物だけで過ごしてみたり、食事を軽めにしたりするのが必要です。日本人は胃腸が弱いという古い曲がありましたが、これが原因で心身の不調な症状が起こりやすくなります。胃の健康は精神の健康を司ります。食事習慣としてはこれまでの生活を一新して、肉や卵などを中心に生活をしてみましょう。たんぱく質が豊富です。人間の体は同じ成分で出来ているので、もちろん再生に必要です。しっかりとした体構築のためや、秋バテの症状そのものを解消するために食事面でアプローチをかけてみることも必要です。