油が太らないのは特定の種類だけというお話

カテゴリー
油は太らない

油を食べまくっても太らないという話を聞いたことがあると思います。その通りなのですが、実は食べて良い油と悪い油がありますのでそれについて今回は紹介して行きたいと思います。また、適切な摂取をしていることでむしろ痩せることも多いのでそれについて今回は学んでいってほしいなと思います。また、今回最も知ってほしいのは不必要な油などないということです。それでは太らない油について解説していきたいと思います。

油は太らない

油は太らない

油が太らないのは本当だけど特定の種類だけになる

最近テレビ番組では、良質な油としてえごま油やアマニ油などが取り上げられています。これはまさに良質な油になり、太らないものとなります。むしろ積極的に摂取していくことでダイエット効果を示します。しかしながら、ここで注意をしておきたいのは糖分と一緒に摂らないことです。揚げ物やケーキやその他のお菓子などはこれらの油の例外です。それと一緒に糖分を摂ると最悪の組み合わせになることは誰もがこの時点で気づいたかと思います。また、良い油であっても食べ過ぎてしまうと簡単にカロリーオーバーになることもあるのでこのあたりは計算しながら食べてみてください。先ほどの説明のとおり、この場合は糖分は摂ってしまってはいけません。なぜかというと、油は栄養をスムーズに体中に運ぶ役割があります。たまに食パンと一緒にと書いているサイトがありますが、これは太らないはずがないので、太りやすいものと一緒に食べるのは避けるべきです。直接太る原因にはなっていませんし、油だけを食べると太ることはありません。しかしながら、多くの場合食べているものの質が悪いことから太ったということはあります。一緒に食べるならばたんぱく質を一緒に食べていくようにしましょう。これが、よろしくない油になってしまうと、代謝の低下を招くこともあり、ダイエットをしているならばその効果が薄まってしまう可能性もあります。食べ過ぎが良くないので、良質な油を意識しつつ、悪い油も適度に摂取するようにしてください。油そのものを摂ることを避けているとダイエットを終えても肌がカサカサになったりということもあります。

油で太らないのは分かったが、どのようなものを食べるべき?

油はなるべく良質なものを意識しつつ、食べていくということが必要というまではお分かり頂けたかと思います。太らないようにするには、青魚やアーモンド、クルミに多くの場合含まれています。これをおやつとして摂るのがいいよと言われているのはここまでの前提がある上でのお話です。食べるものとしてはこれくらいなのですが、摂取タイミングとしては通常の食事ではなくおやつとして食べることが必要です。カロリーがいつでも摂取できると体に誤解を与えて太らない体にするのが1つと、通常の食事ではどうしても油などの類は摂ってしまいがちなのでそれとの併用をさけるためです。

普段の食生活をしっかりした上で油の摂取を試みる

何もしていないのに油を摂取するだけでは太ります。太らないようにするためには、なるべく悪い油の比率を良い油にシフトしていくことが重要です。そうかといって、悪い油も摂らなさすぎると先ほどのように肌のトラブルが起こったりすることもあります。また、これらの油は良質なだけにとても壊れやすいです。熱を加えたりするとすぐに参加してしまうので注意してください。これによって質の悪い油に変わることがあります。また、甘いものなどと一緒に摂取しているとそれは当然太るのでダイエット中は控えるようにしましょう。

最後に太らない油についてもっと知ってみよう

太らない油としていくつかあります。それは、
・オイレン酸
・α-リノレン酸
・リノール酸
が必要だとされています。基本的に先ほど説明した食材に良い油として、多く含まれています。これを積極的に摂ることによって、ダイエット効果が促進されるというものです。さらに、体に良い油ばかりではなく、もし食べてもしっかりと体が代謝できるように悪い油も少しは摂取しておくべきです。先ほどの説明の復習となりましたが、太らない油は意外と身近にあるということをお分かりいただければうれしいです。