油で吐き気や頭痛がする時の対処法

カテゴリー

たまに油ものを食べると吐き気や頭痛がするとおっしゃっている方は多いのですが、それはなぜなのかということや対処法について書いていきたいと思います。さて、これについて普通の人に説明すると胃が弱いということや、冗談だろというような返答もされる方も多いのですが、事実として一定数居るわけです。それは生活環境そのものにも原因があるのです。今回の対処法としてはトレーニングも必要になりますが、是非克服してみるようにしましょう。

油で吐き気や頭痛がするのは生活環境によるもの

油ものを食べると吐き気や頭痛がする方は恐らく、体に良いものを食べてきたと思います。意識せずとも生まれたときから両親があなたのことを考えて体に良いものを食べさせてきたのかもしれません。世の中には質の良い油と悪いものがありますが、恐らく食べてきたのは前者に当たるものばかりだと思います。サラダ油を使った料理を食べると頭痛や吐き気がするのは後者だからです。このことから、もっと過敏に反応する方はポテトチップスやケーキなどのお菓子を食べると頭痛や吐き気がするとおっしゃる方も多いです。もしかすると、これまでおやつとして食べてきたのが手作りのものばかりだったかもしれません。しかし、これも対処法があるのですがちょっとトレーニングのような方法にもなってきます。

油による頭痛や吐き気を実際に対処するには

実際に既にお悩みの方は、重曹で油による吐き気を緩和することが出来ます。しかしながら、頭痛に対して効果はあまりないのであくまでも胃に対してだけという認識で居てください。頭痛に関しては解熱鎮痛剤で緩和できることがあるので、たまらないという場合はこれを利用してください。しかしながら、ここまでの対処法は一過性のもので、根本から対処しなければ生活がつらいのはご自身がお分かりのとおりだと思います。例えば、友人とご飯を食べに行ったときなどに苦労するはずです。そんなこんなで、普段から少しずつでも良いので質の悪い油をあえて摂取するようにしましょう。現代人は摂りすぎですが、これに当てはまっている人は摂らなさすぎです。しょうゆだって使いすぎれば体に悪いですが、適度な使い方だとむしろ体にプラスな影響を与えるはずです。また、食事の時は油に対して頭痛や吐き気が来る前に、野菜などをたくさん食べておいて吸収を遅らせる対処法もあります。おすすめはキャベツで胃がそこまで強くない方は胃もたれをしなかったという報告がありました。

虚弱体質の方がなることもある

普段から運動をしなかったり、運動が苦手であったりする方が油で吐き気や頭痛がする方に該当します。もし、運動する習慣がなければ適度に運動をする必要もあります。根拠がないならば運動とは筆者も述べたくはありませんが、極度に運動週間が少ない方は油自体の代謝効率もかなり悪いのでそれによって頭痛や吐き気が長引くこともあります。そうなってしまってはさらに苦しむと思うので、身近に出来そうな運動器具を見つけて実際にトライしてみましょう。他にはストレスを溜めやすかったりする方もこれにあたります。胃と精神の健康はつねにリンクしており、漢方で直す場合はなぜか胃薬が出たりします。ストレスを溜めない生活を考えることも必要です。

それはそれで認めて付き合っていくのも対処法

体質改善が難しい場合は自分が油に弱いということを認めて付き合っていきましょう。まずは食生活から改善するというのは体質改善の基本です。これまでどおりの食事で、特に不自由していなければそのままでも問題ないと思います。しかしながら、今回はお悩みだと思いますので普段からちょっとポテトチップスを2~3枚つまむような対処法で徐々に体を代えていく必要があります。一時的に行うのではなく数ヶ月スパンで行うのが基本です。また、食べあわせによっては油で頭痛や吐き気が起こることがあります。例えば、水と油は混ざりにくいように、スイカとてんぷらなどは最悪の組み合わせとされています。これで一般的に吐き気や胃もたれが起こってしまうケースも少なくないようなので今一度これまでの栄養学を見直して食に不自由のない生活を送ってみましょう。また、特にご年配ではない限りは胃薬などにむやみに頼るのは賢くない手段です。使うものによっては、それが当たり前になって胃はどんどん弱ってしまい、油による吐き気や頭痛がこれまで以上になることもありますのでサプリ程度にしておきましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告