油による胃もたれを治せる薬を解説してみる

カテゴリー
胃もたれに使える薬

油による胃もたれはかなり不快でたまらないと思います。胃の中に長時間食べ物が残っているような感じがしたり、最悪の場合は吐き気がしたりとあります。そこで、今回は市販薬、処方薬、サプリメントにわけて胃もたれを治せる薬についてまとめて解説してみます。まずはお手持ちのもので該当しているものがあればすぐに試してもらえると思います。薬に頼らない方法についてもまとて紹介しますので、是非参考にしてください。

胃もたれに使える薬

胃もたれに使える薬

油による胃もたれを治せる処方薬

油による胃もたれを治せる病院でもらえる薬については、ナウゼリン、リックンシトウ、ガスモチン、タケプロンなどがあります。リックンシトウは漢方にあたる薬ですが、それがある場合は自然由来のもので体に負担をかけにくいのでそれで治すようにしてみましょう。それ以外の薬についてですが、これは基本的に吐き気止めとなります。病院で貰った吐き気止めがあるという場合には大体の油による胃もたれを治すことが出来るのですが、基本的に頼ることはおすすめしません。ナウゼリンにいたっては、脳に作用することを知らずに使っている方が意外と多いのです。あったとしてもどうしても吐き気がするレベルではない限りは我慢しておくか、最後に薬を使わない方法について書いておりますので、今油による胃もたれでお悩みの方は最後のあたりまで飛ばして読んでみてください。

油による胃もたれを治せる市販薬

ガスター10や大正胃腸薬、セルベール、ウルソなどがあります。これらは使用目的が違いますが、一番のオススメはウルソという胃薬です。胃もたれに使えるものですが、処方薬のおさがりが薬局に流れているだけなので実は処方薬より注意して飲むべきです。手軽に入手できるので常に頼ってしまいがちになってしまいます。それで一時的な解決はしますが、どんどん油による胃もたれを起こしやすくなるので注意をしましょう。あくまでも困った時に頼る程度です。

市販のサプリメントは薬ではないのでいいかも

基本的に強力わかもとやエビオスが良いです。これらは薬と違って、天然由来の成分です。さて、これらのサプリを何故オススメするのかといえば、薬ではなく自然のものなので体に負担が少ないです。油による胃もたれにてきめんに効果があるわけではありませんが、長期的なスパンから見てもむしろ飲み続けるべきです。食べることが何かと要求されるパワー系アスリートでも実はこれらを利用しているくらいです。胃もたれしそうな食事だなというときに飲んでおくと後に「あれ?胃もたれしてないぞ!」となるので薬よりなんだか体に良い気がします。それに油による胃もたれだとそもそもの胃が悪い状態なので、薬に頼っていると肝臓で代謝されるために肝臓が悪くなったりもします。ただ、サプリもちょっとと思っている方に対しても良い方法が他にあります。

薬より何よりまずは先に重曹を試してみよう

薬やサプリはちょっとと思う方も、最初から油による胃もたれで薬に頼りたいと思う方も、まずは先に重曹を飲んでみましょう。これは油を分解する力があり、胃腸科の先生が重曹は万能薬だよと言うくらいなのです。筆者は胃が悪いわけでもなく、油による胃もたれを起すわけでもないのですが、そのような悩みを抱えている方に飲んでもらうとすぐに解決したとのことで今は重曹は薬より欠かせないそうです。市販でも数百円で50回分はあるので病院に通う手間を惜しんでいる方にもオススメです。しかし、対処療法に変わりはないのでそもそもの胃を頑丈にすべく食事の食べ方を工夫してみましょう。

キャベツは胃薬です

キャベジンがあるように、キャベツは胃薬として使えます。食べ方として千切りにしておいて食前に小皿に少しでも良いので食べておきます。そうすることで、胃の調子が良くなり、油での胃もたれを起しにくくなるのが良い点です。これまた、胃が弱い方に試してもらったのですが、効果は抜群でした。筆者は胃が弱いわけではないのですが、キャベツは好きなので食べているので油での胃もたれを起しにくいだけかもしれません。特に油が多い焼肉では食べた時と食べていないときの差が激しいので、薬よりも自然由来の方がお腹も膨れる上、手軽です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告