Twitterのツイートに興味がないを押すとどうなるか解説!

カテゴリー
使い道あるの!?

Twitterで流れてくるタイムライン、何だか見た目も変わってツイートの詳細を開くようなボタンが実装されました。しかし、その中に「ツイートに興味がない」というボタンがあります。Twitter上での反応はジワジワくるといったように面白がっているユーザーや、もし押したらどうなるのか、相手に通知が行くのではないかと心配になっている方も多いようです。そんな方のために今回は筆者が自分で制作したアカウントに対して片っ端からツイートに対して「興味がない」を押してみましたので、押すとどうなるかを紹介します。

使い道あるの!?

使い道あるの!?

「興味がない」を押すとどうなったか

まずは手始めにTwitterのアカウントを作成して相互フォローの状態としてみました。この状態でやっと「ツイートに興味がない」のボタンが現れます。単にフォロー外の人に対して行っても興味がないというボタンしか現れません。さて、実際に押すとそのツイートが表示されなくなりました。一方、その押されたアカウントを開いてみても「興味がない」のボタンを押されたことに対する通知はありません。要するに自分が興味がないというだけで、勝手にタイムライン上から該当ツイートを表示させないことが出来ます。限定的なミュートという感じでしょうか。しかし、ツイートは文字ではなくたまに画像が流れてくることもあり、ツイートに興味がないを押している間にそれを見てしまうというようなことがあるのでもう少しTwitterの開発サイドは考えてほしいような気がします。タップで切る範囲も狭いので、今までのように該当ツイートそのものを長押しするとメニューが現れるといったような感じがいいような気もします。そんなこんなで「ツイートに興味がない」のボタンを押しても限定的にツイートがタイムラインに表示されなくなるだけです。その操作は取り消しをすることができるので間違って行ってしまっても安心です。もう一度書いておきますが、そのボタンを押したとしても相手に通知が行くわけではないので「ツイートに興味がない」のボタンを安心して押してください。何か気に入らないツイートが流れてきている状態で憂さ晴らしに行ってやろうという方法などあります。

押しまくっても無問題

押しまくっても無問題

「興味がない」ならミュートかブロックすればいいよねという話

基本的にTwitterでは興味がないならばミュートか段階を踏んでブロックという利用をしているユーザーの方が居るのでその方法で問題ないと思います。恐らくTwitter側がクオリティフィルターの向上に役立てるためなどに使っていたりという状況だと思います。また、しばらくすればNGワードの追加などTwittterの会社がしっかりと考えてくれている様子もあり、海外では実装されているのでそれらの機能がしっかりとするまで筆者も含め、Twitterユーザーが協力してあげるといいかもしれません。ただ、筆者の憶測の域なので実際のところはどうか分かりません。そうならそうだと書いて欲しいものですが。このようなことから、単に使い道のないボタンとして現状はあるだけなので、一定数「ツイートに興味がない」のボタンが押されると、押したユーザー自体は知らせずにアカウント運用者に通知という感じにするなどの方法がまだ使い道があると思います。

パソコンでは「ツイートに興味がない」のボタンがないっぽい

現状はなし

現状はなし

Twitterのユーザー報告の画像を見ている限りはパソコンでは現在のところ使えている報告がないので、ますます謎の機能です。さらにちょっと面白い今回の「ツイートに興味がない」の機能ですが。スマホやiphoneでボタンをせっかく押したのに、パソコンで見ると何と表示されているというのが現状のようです。なので、ボタンに対して興味がないというボタンがほしいくらいなのですが、Twitter側から納得の行く説明や実装があるまではしばらく我慢するしかないようですね。また「ツイートに興味がない」のボタンの使い道が分かれば改めて追記してみたいと思います。こんな使い方があるよという方はコメントなり拡散なりして筆者に教えてください。有効な使い道があれば、それも追記してみたいと思います。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告