車でイノシシとの事故、保険は場合によって使えます

カテゴリー
覚えておこう

ドライブや釣りなどを楽しんでいるときにイノシシのと事故をしてしまった方が居ましたが、保険は使えるかどうかということについて悩んでいたので今回紹介したいと思います。まずご自身の状況によるのですが、本当に自分とイノシシのみでの事故か、人は巻き添えになっていないかが今回の判断ポイントになります。安全が確保できたら、イノシシはそのままにしておかず動物愛護施設などに連絡をする必要があります。それでは本題に入ります。

覚えておこう

覚えておこう

車とイノシシでの事故で保険が使える場合

保険会社のプランによりますが、車とイノシシや動物全般との事故の場合は契約内容によって保険は使えます。特にイノシシなど野生の動物が多いような地域ではこれに加入している人も多いです。この場合、運転者に責任の所在はありますが、単独での事故として扱われるので縁石に乗り上げてしまったというような場合は保険が降りる可能性が高いです。しかし、動物も保険の定義に含まれているかは会社によりますのでしっかりと契約内容をみることが大事です。イノシシとの衝突が単独事故になるのは責任を問う相手が単純にこの場合自分であるからです。また、一緒に乗っていた人がそれによって怪我をしてしまったなどの場合があると思います。これはプランによりけりなのですが、別の種類の保険が適応されることがほとんどです。イノシシなどの動物が飛び出す可能性がある地域にお住まいの方はしっかり入っておくのが後のためです。もし、この場合イノシシがどこかで保護されているものであればその人に責任を問うことが出来るので事故の種類はまた変わってきます。その他一番厄介なのが、イノシシとの事故によってその周辺に車や人が居たかどうかです。それによって相手を怪我させてしまったりする場合は自分に責任を問われることになるので、ご注意下さい。

車とイノシシの事故は同じ会社によってもプランによっては使えないことも

車とイノシシの事故があった場合、この会社では保険が使えるよと周囲から説明されてほっとした方も多いのではないでしょうか。しかし、それは契約されているプランによります。使えることは使えるけどガラスのみだよという会社だったり、飛んでいる動物に限った場合だったりします。そうなってしまうと嫌な方は保険会社に電話してこのプランではこのような場合には使えるのといった質問をしておきましょう。相手も商売なので自分が不利な話題は振ってきません。

イノシシと事故を起すことで怖いこと

イノシシとぶつかってしまって、周囲の車や人に対して怪我をさせてしまった場合は厄介な事故になります。示談で済ます方も多いのですが、相手ので方によっては損害賠償請求をされたりと散々な思いをすることがあります。その時の事故の種類としては保険上では対人の事故になってしまいます。この場合、人的被害が出ており、運転手に責任があるからです。その場合は単独事故のような保険を使うことが出来ず、対人の保険を使うことになります。また、ぶつかったのがイノシシで、そこから車という場合にもそれにあたります。結局は人が乗っているのでこのあたりにもしっかりと注意しておくことが必要です。

動物との事故で知っておきたいこと

法律の話になってしまいますが、それに基づいて保険もあります。イノシシとぶつかってしまった場合は、物損事故となります。要するに動物は物として法律上は扱われます。もし、何かの手違いで飼い主が居る動物と事故をしてしまった場合で自分に責任の所在を問われたには器物破損にあたる場合もあります。ただし、その場合は保険かどうかよりお互いの過失割合を見てどうするかといったことになります。これを知っておくか知っておかないかでも後の対処法が変わってくるのでイノシシを含む動物との事故ではこの知識を頭の片隅に入れておきましょう。