ホメオスタシスとダイエットについて分かりやすく解説!

カテゴリー
ホメオスタシスとは何ぞや

ホメオスタシスとダイエットの関連性が度々、ダイエットについて調べている方は目にすると思います。そもそもの意味でホメオスタシスとは何なのか、そこにダイエットとつながることはあるのかといった疑問をお持ちの方が居ると思います。しかも解説を見ても難しいような表現で分からないといった方に向けて今回は分かりやすく解説したいと思います。ちなみにこれが、嘘だという話もありますが、そのあたりの解釈もどうするのかといったことを徹底的に筆者が体感した範囲で書いてみます。

ホメオスタシスとは何ぞや

ホメオスタシスとは何ぞや

ホメオスタシスとは何かを分かりやすくまずは書いてみる

ホメオスタシスとは恒常性であると書かれています。これを分かりやすく解説してみると、人間は体を一定の状態に保とうとする働きがあります。例としては体温で、これは一定でなければいけません。このように一定に保つことをホメオスタシスといいます。しかしながら、これとダイエットについての関連性がまだ見えないと思います。一般的にダイエットを行う上で、停滞期を迎えると思います。これが1ヶ月あたり体重が5%以上減ってしまうと停滞期になってしまうと言われています。これは先ほど説明したとおり、ホメオスタシスという人間の機能が働いておりダイエットをする方にとっては余計なお世話な機能です。ホメオスタシス効果とも呼ばれており、これを実は解除する方法があるのです。これについて実際に筆者構えにも解説しましたが、それも含めてホメオスタシスが働かないようにダイエットをする方法を後述します。

ホメオスタシスをダイエット中でも解除する方法

いつもより、体重の減りが遅かったり、1ヶ月間減らないのはホメオスタシスのせいということはお分かり頂けたかと思います。ここでめげずにダイエットを継続することがまずは1つの方法です。そして、いつもよりビタミン類を多く摂取することで意外とホメオスタシス効果については解除することが出来るということもあります。しかしながら、こんなダイエットを続けていても楽しくはないと思います。そんな方に向けてダイエットサイトがまだ解説してないようなおすすめのホメオスタシスを抜け出す方法としてチートデイというものがあります。通常ダイエットを解説しているサイトではちょっといつもより摂取カロリーを増やしましょうというような説明をしていますが、それでは甘いのです。1日だけ爆発的なカロリーを摂取することによってホメオスタシスを働かせる必要がないと感じて体は一気に停滞期を抜けます。もちろん一時的に体重の増加があり、ビックリするかもしれませんが数日程度のもので、そこからもとの体重より落ちているというのが良いところです。せっかくのダイエットなので楽しんで行いたいものですよね。

チートデイを行う方法

ホメオスタシスが嘘という理論もある

体重が落ちたならば、その落ちた体重にあわせて保とうと頑張るのがホメオスタシスじゃないのという理論ですが、半分正解で半分間違いのようなものです。考えてみた場合、体重がダイエットの成功を握っているとは限りません。例えば体脂肪を減らしたいという目的のダイエットがあったりします。体重はダイエットをする上での指標でしかなく、筋肉量が多かったらスリムに見えたりすることもあります。多くの人が体脂肪を増やして筋肉量を限りなく減らしたいとも思ってはいないです。しかも、それが実現できたとするとダイエット前より太っているように見える体だったり、お腹がポッコリで痩せているという状態になります。そうなってしまわないように先ほど説明したようなことを取り入れながら、ホメオスタシス効果をうまく解除して頂けると大丈夫です。これらの関係から、ダイエットでホメオスタシスが嘘ということは完全に言い切れません。また、筆者はこれらのことを試していますが今のところ停滞期しらずのような感じでガンガンと体重が減っていきました。このような体験からもダイエッターには最新の情報として入手してもらいたいです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告