秋になると切なくなるその理由と対策方法を紹介します

カテゴリー
秋に切ない理由

秋になると切なくなるのは実は誰しも抱えている問題です。しかし、程度はあるようです。進みすぎると季節性の病気になることもあります。気分が重いからとか、寂しいというのは食事や気圧が影響しているからです。さて、それを知ったところで具体的な対策方法を知らないと切ないという思いを抱えたままになるのでこれからそれらについて書いていきたいと思います。また、先ほど気圧と述べましたがその理由についてもしっかりと切なくなることについてと紐付けていきたいと思います。

秋に切ない理由

秋に切ない理由

秋になると切ないのは気圧も1つの原因

夏の終わりや秋になると終始切ない気分になっている方は気圧に影響されています。例えば雨が降ったり、台風が近づいてきた時もなんとなく気分が重くなることがありますが秋の季節の切ないことと関連付けてみると例外なく気圧が低い状況です。このタイミングで頭痛が来る方は特に要注意です。反対に夏になると行動力が出たり一般的にアウトドアが流行るのもこれが理由です。しかし、他のサイトでは夏から来た疲れが秋の切なさや寂しさに変わっているのではないかという見方もあります。

これについては筆者としてはあまり関係がないと考えます。それより、秋になるにつれての気候の変化によってストレスを感じている人がほとんどだからだと思います。実際に季節の変わり目ということで体調を崩す人も病院で増えます。寒さもあってか、人間は秋口などにそれを感じると身体を縮めます。それによって緊張状態も引き起こされており、余計寂しさや憂鬱さを感じさせることもあるようです。さて、そんなこんなでさらに秋というのは生活が変わります。それは食生活ですが、切ない理由とは一見関係なさそうに見えますが関係がありすぎるぐらいです。

秋になると切ない、食事が理由でもある

秋の切なさを感じる前に周囲の変化を見てみると食べ物が夏のシーズンに比べて変化しております。秋の食べ物を見てみるとサツマイモや柿、栗、マツタケご飯などが簡単に想像がつきます。どれもおいしいのですが、夏と比べてまずここが変わっているので、体にとっては少しストレスとなります。

さらに、これらに共通してあるのは糖分です。糖分は一時的に精神を好調にして楽しい気分にさせる効果もありますが、生活や運動によってそれらは時間と共に体からなくなっていきます。この変化で理由もなく切ないといったことを感じることがあります。意外な理由だったと思いますが、これを試しにこれからやめてみると体の調子がいつもより上向きになります。

そんなこんなで秋に切なくなる理由を知ったから対策してみよう

基本的に生活でも何でもですが、衣食住のうち食が比較的変えやすいのでそれについて書いていきます。まず、食事についてはなるべく糖分を控えるようにしてみてください。そして、しばらくそのままで過ごしてみましょう。期間で言うと2~3ヶ月ぐらいなのですが、恐らくメンタルは上向きになって活動力すら出ていると思います。そんなに待てないよとおっしゃる方は完全に糖分を経つための糖質制限を2週間だけ本気で行ってみましょう。これで切なさや寂しさを感じなくなったとおっしゃる人が多いのです。先ほどのように秋の切ない季節は糖分によって精神が上がったり下がったりを繰り返しているので疲れてしまうのも当然です。だからこそコントロールしてあげる必要があります。

また、切なさを対策する上で食べるものも重要になります。まずは梅干やレモンなどを使った料理を食べてみましょう。これによって凝り固まった筋肉をほぐすことができます。なぜほぐす必要があるのかというと冒頭で述べたとおり、緊張状態によって身体が収縮しているからです。さらにマグネシウムを含む食品を摂取するようにしましょう。例えばミソやナッツ、イワシなどです。これも同様に精神をリラックス状態にしてくれて秋の切ない感じや寂しい感じを対策するにはもってこいの食事です。さらに、最初のあたりはマッサージを受けに行ったり、自宅で筋肉をほぐすローラーを使ってストレッチのようなことをしても良いです。これによってさらに体温の上昇が見込めるため、切ないどころかホワホワとした気持ちになって秋を快適に過ごすことができます。

秋に切ないより寂しい気持ちに拍車がかかったら少し注意

切ないより明確な表現として、寂しいということがあるようですが、これを感じたら注意です。精神疾患の症状として無意味に寂しかったりということはあります。寂しいだけでそうとは限りませんが、その他にも起きる事が辛かったり、いつもより頭の回転力が落ちたり、趣味が楽しめなくなるといったような時は季節性の病気なこともあるので、注意をしましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告