内臓の冷え性を改善する方法、効果があるものを紹介!

カテゴリー
内臓の冷え性!?

内臓の冷え性というのは秋口から悩んでくるものです。もし、悩んでいない人も今ちょっとお腹を触ってみましょう。冷たいと感じたら要注意であまり寒くもないのに内臓だけが冷え性の状態になっています。特に悩んでいないと思っても体温が低かったり、むくみやすかったり、肩がこったり、肌のトラブルや便秘になったり、疲れやすかったりと様々な症状があります。しかし、そんなお悩みも今日でおさらばしましょう。内臓の冷え性を改善する方法を今回は紹介したいと思います。

内臓の冷え性!?

内臓の冷え性!?

内臓の冷え性、当てはまっている方は自覚がなくとも要注意です

内臓の冷え性ですが、最近ダイエットの停滞期を迎えていたり、お腹の調子が悪かったり、風邪になりやすくなったり、疲れやすかったり、アレルギーの症状に悩んでいたり、肌のトラブルに悩んでいないでしょうか。もし、これらに当てはまっている方は内臓の冷え性で、お腹を触ってみて冷たいと感じたらビンゴです。恐らくこれらの悩みを慢性的に抱えているでしょう。反対に書いてみると、内臓の冷え性を改善することで実はこれらの悩みから解放されるという意味でもあります。

内臓の冷え性を改善してみよう

内臓の冷え性を解消するには基本的には食事、生活習慣、運動習慣です。これらが組み合わさって改善されていきますが、運動については可能な方は行うくらいで問題ありません。しかし、運動もあなどれないもので改善するには実はもってこいです。それでは具体的な内臓の冷え性をカテゴリ別に紹介してみます。

・食事

食事に置いては基本的に、代謝をアップさせる食べ物が良いです。しょうがは特にもってこいで体を心から温めて、体質改善をします。よく生姜は内臓の冷え性に改善の効果はないと言われていますが、それはあえて目を引く為に書いているだけです。一時的に代謝がアップして人間は体温を一定に保つ機能を備えているために一旦代謝が下がり始めますが、また上がります。漢方にもしょうがは使われているくらいなので、改善しないはずがないのです。次に注目してほしいのはあえて消化に悪い食べ物などを選びましょう。特に肉類は内臓の冷え性を改善しやすいのです。なぜかというと肉を一生懸命消化しようと内臓は動き始め、それが行われるにはカロリーを必要とします。これが糖質制限を行う上で肉ばかり食べても痩せるといわれているカラクリで、肉類を中心的に摂取しているとかなり内蔵の冷え性は改善しやすいのです。さらに、内蔵の冷え性を改善するにあたって、水を多く摂取するようにしてください。水も代謝をアップさせてくれる作用があります。なぜかというと、一時的に体を冷やすのですが、先ほど述べたとおり人間は体温を一定に保つ機能を備えているので、水で体温を下げて自動的に代謝をアップさせてあげると良いのです。

・生活習慣

ここでは規則正しく生活をというつもりはありません。職業上、人によっては難しいこともあります。そこで、なるべくストレスを溜めない、溜めたとしてもそれを発散するようにしましょう。ストレスと内臓の冷え性のどこに関係があるのかと疑問に思う方に向けて説明しますが、ストレスというものは精神が感じ取ってしまうと他からくるストレスについて守ろうと体が必死になります。その結果、体の内部で起こることというのは、栄養を溜め込もうと頑張ります。その結果、脂肪が増えて、さらには内臓の冷え性ということになるのです。しかし、具体的なストレスの発散の仕方について分からないと、内蔵の冷え性は改善されません。そこで、ちょっとぬるめのお風呂につかって体を強制的にリラックスモードに切り替えてあげましょう。ポカポカしたなと思うくらいまで入ることで、内臓も直接温まります。

・運動習慣

ここでおすすめなのは、短時間で済む筋トレです。腹筋をすると直接内臓に刺激もいくことになるので、内臓の冷え性は改善しやすくあまり場所も問われないのでおすすめです。しかしながら、これだけの説明だと単なる素人が解説していると思われてもいけないので、さらに解説を続けると、スクワットや腕立て伏せ、背筋なども実は効果的です。いずれにせよ実は腹筋というものはこれらの種目で使っているので、同時に腹筋も鍛えていることになります。内臓の冷え性はもちろんのこと、おすすめとしてはスクワットを行うことです。女性はスタイルが良くなり、痩せやすくなる体質が作られます。カラクリとしては脚には50%を超える筋肉が集まっているので、それを動かすことが一番効率がよく、内臓の冷え性の改善につながります。しかしながら、真面目にやろうと思うと女性ならまずは10回は出来るかどうかです。正しいスクワットの知識を身につけて、内臓の冷え性を改善してみましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告