タオルの臭いの取るにはハイター(漂白剤)とお湯

カテゴリー
タオルの臭いを消す!

タオルを洗濯したのに臭いと思っている方は少なくはないはずです。なぜこれが臭いのかというと長時間にわたり、タオルを塗れたまま洗濯を終えたのにも関わらず、放置していたことや洗濯機の汚れによって起こります。さらに、タオルをいつもより使っていることで雑菌が洗濯で取りきれなかったということも原因として挙げられます。一回臭いがついてしまうと何度洗濯しても取れません。この臭いを取るには熱湯ではなくハイター(漂白剤)とお湯です。その理由について今回詳しく説明していきたいと思います。

タオルの臭いを消す!

タオルの臭いを消す!

なぜタオルの臭いの取り方としてハイターとお湯なのか

タオルの臭いの原因については雑菌であることについて説明しました。そこで様々なサイトでは熱湯か酸素系漂白剤を使いましょうと説明していますがこれは非効率的です。単純に臭いを取るには、ハイターなどの漂白剤を洗面器などに適量入れて、そこにお湯を加えます。この場合熱湯ではいけません。もっと詳しく書くと70度以下であることが好ましいです。洗濯機などで使う冷水に比べて、お湯を加えることによって、漂白剤というものは反応が早まります。雑菌と反応することによって、少し漂白剤特有の匂いがいつもより強まってしまいますがこのような方法がオススメです。つけおきなどはしておかず、そのまま手袋を装着してささっと洗うことで時間の短縮にもなります。今回反応速度を速めたことによって、作用は一時的に強まります。そして手洗いをするだけで簡単に殺菌できるという仕組みです。ハイターなどの漂白剤を使う場合は、他のものと一緒に洗濯はしないようにしてください。また、このような方法をおすすめするのは時間の短縮という理由だけではありません。ハイターを含む漂白剤を利用する時には、保存できる限度があります。それを超えて使ってしまうと洗濯物が色落ちしてしまうだけではなく、またタオルの臭いが発生してしまいます。そうなってしまっては使った意味がほとんどなくなるので早めに切り上げて普通に絞って乾かしましょう。

量が多い場合はお風呂のお湯と一緒に洗濯機を回そう

最近はエコな洗濯機が流行っているもので、お風呂からお湯を汲み取る機能があります。幸い先ほどの説明でお湯を使ったら良いと説明したのでそれを使用するのが経済的にも負担が軽いかもしれません。これと一緒に洗濯してしまってはまたタオルの臭いがつくのではないかと心配になる方も多いのですがそこは心配しなくても大丈夫です。ハイターを普段洗剤を入れる場所に洗剤の代用として入れておくことで、お湯と一緒に綺麗になるのでおすすめです。この場合はすすぎを忘れずに行ってください。そして、乾燥させるときは脱水をしてからの方が効率的に臭いが取れます。念のための注意として書いておきますが、色物の洗濯物は今回は控えておくようにしましょう。

もっと科学的にタオルの臭いを取るには?

さて、洗濯物も終えてやれやれといったところなのですが、今回はなるべく日が照っているときにタオルを干してあげましょう。なぜなのかというと紫外線の効果とハイターの効果をダブルで得ることができます。普段は嫌われている紫外線ですが、食品などの殺菌としても使います。太陽光には紫外線が含まれていることからそれを逆に利用してあげるというわけです。ちなみに臭いがするものはこれで大体取れることがあります。

ハイターと漂白剤は同じか?単に漂白剤ではいけないのかの質問への返答

今回のハイターとして筆者はどちらでも問題ないと思っております。ただし、塩素臭や色落ちが気になる方は酸素系漂白剤を使用することをおすすめします。塩素系を使う場合で臭いが気になる方は、熱湯をかけてあげることで分解がかなり早まって臭いが消えます。もしくは、時間の経過とともに分解される性質があるのでそれを待つ手もあります。干している時の臭いが気になるならばもっぱら酸素系漂白剤にすべきです。