秋の憂鬱を解消させる9つのテクニック!

カテゴリー
秋の憂鬱を解消せよ!

秋とと言えば色々ありますが、その中でも意味もなく憂鬱になってしまうというマイナスのおまけイベント付きです。しかし、何とかこれを解消したいと思う方がほとんどのはずです。ちなみに筆者も秋になると憂鬱になりやすいです。そんな方たちに使ってほしい9つのテクニックを今回は紹介したいと思います。少なくともありきたりな説明ではないので、しっかりと根拠を持って解消に取り組みやすいと思います。

秋の憂鬱を解消せよ!

秋の憂鬱を解消せよ!

秋の憂鬱を解消させた9つのテクニック

・とにかく湯船につかる
筆者がオススメなのは、憂鬱度が高い人ほど熱い湯船につかるべきです。なぜかというと神経が憂鬱に向かっているわけなので、それを熱いという刺激に神経を集中させます。一時的なものですが、汗もかけてとてもストレス解消になります。熱い湯船が苦手な方はぬるい風呂で暑いなと感じるまで入り続けてください。これはこれで効果があるもので、精神安定剤と同じ作用を示します。筋弛緩効果により体がリラックス状態へと向かうのと、食欲を回復させます。胃腸はメンタルにも関連しており、逆に憂鬱になっているときほど食欲は落ちやすくなります。

・ウォーキングをする
ありきたりな説明はしないと冒頭で述べましたが、これはやり方によって秋の憂鬱解消に効果を示します。ウォーキングをするのがいい理由として、まずは体温が上がります。お風呂と同じような効果を歩いて解消するだけですがこれまた違った効果があります。ポイントは暑いなと感じた状態で10分程度そうなるようにキープさせるほどウォーキングの強度は保っておくべきです。しばらくすると憂鬱な感じは消えています。オススメ度は手軽さの観点から低めですが、解消の手段としてはかなりのものです。

・スクワットをする
筋トレをすると書きたいところですが、スクワットが一番おすすめです。なぜかというと人間の5割以上の筋肉が脚に集中していますが、それを一気に動かすことによってまずは体温が上がります。これだけでも十分な効果ですが、秋の憂鬱を解消するにはちょっと物足りません。そんな時にメンタルを助ける味方の男性ホルモンが男女問わず一時的に増えます。とあるデータによると精神疾患の患者に男性ホルモンを増やすための投与などを行うと、改善したとのデータがあります。このことから筆者は2~3日に1回は行っていますがこれだけでも十分です。むしろ毎日行っては憂鬱になりやすく、オーバートレーニングになってしまうこともあるそうです。このことから、一番手軽な憂鬱の解消手段ではないかと思います。

・たんぱく質を摂取する
私たちの体を構成しているものはたんぱく質です。その回復に必要なものはやはりたんぱく質で、米粒やパンやパスタなどではありません。また、胃腸を活発に使うようになるので体温の上昇にも繋がります。改善には数ヶ月単位を要しますが、行う価値は十分にあります。特に肉が食べたくなる方や肉がそもそもの意味で好きな方はそれだけ食べて過ごすくらいの勢いで改善に取り組んでみてください。

・たまには甘いものを摂取する
秋の憂鬱の解消手段として先ほどの説明とは異なった観点になりますが、甘いものを摂取することで精神的に上向きになります。それがなくなると下向きにはなってしまいます。これらを日常的に繰り返していると秋の憂鬱は生じやすく、普段は甘いものを控えて1週間に1回程度好きなだけ甘いものを食べるという方法に切り替えた方が実は体にとって良いことになります。

・寝る
周りから見るとだらけているように見えますが、寝るというのは脳の回復につながり、秋の憂鬱解消に対してもその例外ではありません。仕事や学校などで忙しい方でも受験や大事なことが控えていない限りは、とにかく休養に徹することが必要です。好きなだけ寝て秋の憂鬱を解消してみましょう。

・何もしない
何もしないというのは意外と難しいものです。筆者は過去に精神科に入院したことがあるくらい憂鬱が酷いのですが、そこで行った治療は何もしないことです。スマホや本も読むことさえ許されない環境で壁を見るかベッドで横になっているかです。これを自宅で行うことは難しくはないのですが、恐らく半日もしないうちに多くの方が難しいと感じてしまいます。しかしながら、精神的な休養にはなって効果はかなりあります。秋に休みが取れる方はこういう使い方を人生の中で1度してみては良いのではないかと思います。

・不安なことがあるならそれを解消するためにつきつめてみる
憂鬱は憂鬱でも何かしらの思考に対して憂鬱になっているのです。例えば経済的な問題、対人関係が主なものになりますが、経済的なものをさらに例にとってみると具体的にどうやって今後は生活を成り立たせていくかといったような具体的案を練ります。もしくは人に聞いてみても良いと思います。そんなこんなで具体的な解消案が見つかれば、自然と憂鬱も解消していることがあります。一度解消すればそれをメモしておき、見返すことで楽になることもあります。出来るならば実際に行動にも移してみましょう。

・マッサージに行ってみる
マッサージでも整体でも良いのですが、メンタル的な治療を暗に売っていたりすることもあります。そして、それを利用する方は結構な確率で改善しているデータもあります。このことからマッサージに行くというのは秋の憂鬱に有効な手段です。お風呂の項目で述べたような筋弛緩効果を実際に体験しながら、さらに施術によって体も動かされる為に体温の上昇も見込めます。何もする気にならないけど、かろうじて行動力があるという場合には迷わずマッサージに行ってみましょう。