16歳で結婚できるのはなぜ?矛盾も含めて解決!

カテゴリー
16歳で結婚のなぜと矛盾について

男性が結婚できるのは18歳、女性が結婚できるのは16歳、見比べてみてもなぜと思う方も多いはず。条例に触れるのではないかと矛盾を指摘する方も多いのですが、それについて今回日本における結婚の「なぜ」と解き明かしてみたいと思います。これについて知ることで、さらに法律の矛盾についてお分かりになるかと思われますし、とらえようによってはまだまだ日本にも未来があるかもしれません。それでは女性が16歳で結婚できるのはなぜかなるべくわかりやすく書いてみます。さらに、まとめたことを書いてみると、ややこしい感情は置いておき16歳で結婚できるから出来るんだよというのが今の日本の考え方です。

16歳で結婚のなぜと矛盾について

16歳で結婚のなぜと矛盾について

16歳で女性は結婚可能、結婚の意味をまず知ってみよう

法律的に一般的結婚を解釈してみると実は、結婚ではなく婚姻という位置づけにあります。よく難しいテレビの解説で「婚姻関係があったにも~」という表現を見かけるのもこのためです。さらに、子供を生むこととして認められた関係となっています。これは日本においては平安時代が元になったところから今もその考え方を引き継いでいるということもあります。

結婚をすることによって、男女の姓が同じになるということも結婚の特徴です。しかしながら、子供を生むに当たっても16歳では条例に触れてしまったりという矛盾も一見あります。これを更に男性と女性の社会的役割をそれぞれ法律的に解釈して、一旦結婚から切り離してみて考えてみると別々の役割があります。

結婚という関係に戻って考えて、これらのことを考えてみると、法律的には違うと解釈されるようです。このままでは分かり辛いので、更に分かりやすく解説してみると、男性は18歳、女性は16歳で結婚は可能として、その間に子供が生まれることを単に法律で許容したとします。

何の問題があるのかと思ってしまいがちなのですが、これを認めてしまうと地域レベルで考えると昔から築いてきた文化を否定してしまうという意味もあってから法律や条例との一般から見た矛盾があるようです。場合によってはそれぞれの条例に基づいたり、法律と照らし合わせながら考えられるので、16歳での結婚というのは非常にややこしい問題になっているようです。

16歳の結婚は現代においても非常に難しい問題である

16歳で結婚というと、だらしなく思えたり、まだまだ考え方がしっかりしていないので不安に思う方も多いです。事実として、それらのことがあってから問題となっていることも多いようです。しかしながら、相手が法に基づいた全うな考え方や真っ直ぐな考え方を仮に持っているとすれば否定する方も少ないと思いますし、何も子供を生むことが結婚ではないということはお分かりいただけるかと思います。

例えば、財産の運用であったり、名前が一緒になることも結婚です。仮に女性がまだ経済的に自立は社会的に不可能であっても、男性で18歳となれば経済的に自立は可能な年齢なので、そういった役割もあると思います。また、婚姻をすることによって結婚に至ると、それぞれが対等でならなければいけないという記述もあります。

これらが守られなかった場合は結婚は法的に認められていないというところもポイントです。全うな考えを持っていなければ年齢問わずいつまでもカップルの範囲だよと暗に法では表現しているのかもしれません。

法の上では女性は16歳が結婚に適しているとされている

これは平安時代からの考え方で、女性はなぜ16歳なのかというと女性の方がしっかりとする年齢が早いことからこの年齢差が設けられています。これについて今は通用するのかどうかと聞かれると、例外もたくさんあることから議論が起こっているポイントでもあります。最終的には日本に置いても男女共に18歳で結婚できるようにするという案も出ているくらいです。

16歳で結婚できるといっても、20歳になっていない男女は共に両親の承諾が必要だとされています。これは最初の話だけであり、次に結婚をする場合は承諾が要らないという謎の規定もあるようです。だからといって婚姻関係は無効にならないので真面目な結婚を考えている16歳の女性はご安心を。しっかりとした根拠があれば女性は16歳であれど自信を持ってください。

16歳で結婚をすることの問題点はもちろん指摘されている

これは結婚についての法律が出来た当時から、現代の事情はかなり変わっており、現代は男女平等が唱えられています。このことからも矛盾があるのではないかということで前述のように18歳に引き上げられる可能性もあります。

また、女性の扱いが当時とはかなり変わっている為に結婚についての意味合いも当時とは大きく異なるという点も矛盾しています。しかしながら、16歳で結婚できるようになっているのは早い段階での結婚を防ぐことが必要だからそう決められているだけというだけの話です。現代においては16歳はまだまだ精神的に未熟なので、結果的に早くてなぜという疑問すら持つ人も居るのでちょっとした法律の穴であったりもします。

現代の日本における結婚の条件

・男性は18歳、女性は16歳であること
・既に結婚している人がいないこと
・女性は16歳であっても婚姻関係の解消から半年以上経っていること
・直接の家族関係で三親等までの間柄ではないこと
・一定の刑がないこと
・男性は31歳、女性は26歳になっていない場合は両親の許可が必要なこと
・家の責任を持つ人の同意も得ていること
・市町村の長に届出を行うこと

などをほとんど満たしていることが女性が16歳で結婚できることの条件です。一般的な考え方であると「なぜ」という疑問に変わりますが、内容を見てみると「なぜ」の疑問は正当な理由があれば必要ないことがお分かり頂けたかと思います。