食欲の秋、この季節に食欲が増えるのはなぜ?

カテゴリー
結果的に良い季節です

食欲の秋という言葉がありますが、何故このような言葉が生まれたのでしょうか。由来としては、色々なおいしいものが出来る季節だからということになっているようです。例えばサンマや栗、鮭、マツタケ、お米などなどおいしい食材ばかりです。これらのものがよく収穫できることも由来となって食欲に関連付けられているそうです。しかしながら、これだけではありません。科学的に見てもしっかりとした食欲が実際に増える理由というものがあります。実際に何故なのか今回説明します。

結果的に良い季節です

結果的に良い季節です

食欲の秋、体に栄養を溜め込む季節

秋などのシーズンになると、食欲が増えてしまう方も多いはずです。何故なのかというとこれは人間の本能レベルにも由来しております。もう少し掘り下げてクマなどの動物は秋になるとたくさんの食事をしようとします。冬眠に向けて栄養を溜め込む季節が秋なのです。実際にそれ以降になってしまうととれる食材というものは限られてきます。

そこで、食欲を増やしておいて食事をこれでもかというくらい食べて食欲の秋を終えます。人間レベルに戻ってもこれはそうで、実際に脂肪を蓄えやすい時期が食欲の秋なのです。また、冬になると人間は体を一定の温度に保とうとする働きがあるので、それでカロリーを消費して寒い季節に備えます。まだまだ人間的な意味で由来はあります。それは秋になるとなんだか物寂しいという気分になったことがある方は多いと思います。少なくとも夏に比べて秋の方がテンションが高いとおっしゃる方は少ないです。

かなりストレスを感じやすい時期になって、冬はそれよりストレスを感じます。そうすると人間の本能が働いて、食事をあまりしなくなります。ストレスで食べれないということはよくあります。それは人間が今ある体の成分から脂肪を作り出している証拠です。秋に食べたものも一緒に脂肪として蓄えるようになります。気にしていない方はさほど問題ではありませんが、体系を気にする女性にとってはかなりの問題です。しかし、このようなことから食欲の秋に食べておかないといけないということで人間は食べるようです。先ほどの体系を気にする方に向けてこれからどうやると脂肪を蓄えないで良いのかついでに解説もして見たいと思います。

食欲の秋に太ってしまった、食欲が増えても大丈夫な対策

食欲の秋にわざわざ食欲を抑えるようなことは今回考えません。それは、生物学的にもおかしいからです。それではどうすれば良いのかというと、食欲の秋の味覚を楽しみながらも、カロリーや糖質に気をつける生活をしてみることで意外とこのようなことは大丈夫になります。秋の味覚は比較的カロリーが高いものが多く、例えば栗などは1つ40kcalです。意外に多いことに気づいたと思います。5個や10個食べていると知らず知らずのうちにカロリーオーバーになってしまって太ってしまいます。

このことから、食欲を適度に満たしつついつもの季節以上に気をつけるか、食欲の秋の味覚をあえて避けるという方法もあります。また、野菜を先に食べるというような迷信もありますが、これは結局胃の中で混ざったり消化の過程で摂取したカロリーは結局のところ一緒になってしまうので信じないようにしましょう。しかしながら、野菜で先に胃袋を満たしておけば必然的に摂取カロリーは減るのでおすすめではあります。

食欲の秋で食べまくっても意外と大丈夫な食材

これは糖質を制限している方に限りますが、サンマ、鮭、マツタケはどれも食べても食欲の秋とは関係ありません。基礎代謝以上に食べると体重が増えてしまうというデータは無視できるのでこのような時には便利です。しかし、栗などは食べることができませんが、カロリーを気にせず食べることができるのは大きな利点とも言えます。筆者はこの方法を試しているので意外と食欲の秋になって、体重が増えてしまったということはありません。

そうは言えど、食欲の秋なのでしっかり食べておきましょう

人間は冬が近づくにつれて実は食べたものを燃焼する能力が上がっています。このことから、秋の季節には少々ハメを外しても大丈夫です。また、ダイエットを行おうと考えている方にもいつも以上に気をつければいつも以上に痩せていたということもあるので、食欲の秋はマイナスにとらえてはいけません。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告