中学生の時成功したダイエットを本気で書いてみる

カテゴリー
ダイエットを中学生が簡単にやる

中学生でも現代はダイエットを行っている時代です。それは男の子や女の子からの目線も気になって、段々他人を意識してくる年頃になるので当然の話です。大人に中学生なのになんでダイエットをしているのかと聞かれてモヤモヤしている学生も多いはずです。筆者は今こそは大人です。ダイエット食やそれを実践しようにもお小遣い程度では、どうにもならないことも多いはずです。そのような目線をしっかりとまじえた中学生の時に成功したダイエット方法を書いてみたいと思います。これはどうなんだということがあればコメントを下されば返信します。

ダイエットを中学生が簡単にやる

ダイエットを中学生が簡単にやる

目標は3ヶ月ダイエット

目標は3ヶ月のダイエット、これをなんとしてでも行うくらいの精神が必要です。受験は1年生から数えると36ヶ月ですが、3ヶ月なら何とかいけそうなのではないかと思えてきたはずです。永遠に続けなくとも良いのが今回中学生に向けたダイエットです。しかし、中学生が実践するにあたって普段の食生活、運動、勉強などの兼ね合いで様々な壁があると思いますので、それについてもしっかりと解決すべく筆者がそれぞれについて成功したことをこれからさらに書いていきます。今回はテレビCMでも有名なあのダイエットジムの方法に近いものになります。

中学生が成功するダイエット(生活編)

中学生がダイエットをする上で、気をつけておきたいのは生活です。お父さんお母さんが作る料理や給食など、どれもダイエット生活とは無縁のものが延々と出されます。そこで、ご飯は無しにしておきましょう。それではお腹が減るというのは当然なので、その代わりにおかずをたくさん食べることを目標に頑張ってみましょう。学校にはご飯のアレルギーの可能性があるなど簡単な言い訳をしてみるのも良いです。親がそれに賛成しているならば口裏を合わせてもらっても良いです。自宅での生活においてのダイエットはとにかくご飯やパンやパスタなどの主食はナシですが、その代わりにおかずをお腹一杯食べるように意識しましょう。実はこれだけでダイエットにつながっています。中学生の時にダイエットにつながる行動の1つでした。また、学校といえば登校が必要で歩いたり自転車を使ったりなどの方法があると思います。少しだるいかもしれませんが、運動部ではない方はスクワットをやってみましょう。10回3セット、休みは3分程度で登校前に行います。それによって歩いたり自転車での消費カロリーがなんと2倍に跳ね上がるのです。でも、ちょっと汗なども気になるなと思う方の対処法をこれからさらに書いてみます。

中学生が成功するダイエット(学校編)

食事においては中学生が成功させる上で必要な項目ですが、ご飯やパンを食べないという代わりにおかずを食べるということをお教えしました。さらに、学校生活ですがこれについては特に気にしないで良いです。勉強などの邪魔にもなるかもしれないので普段どおりに生活してください。そして下校や部活が始まる前にスクワットをしてみましょう。理屈は先ほどと同じで、運動部の方はこれをやると普段以上のダイエット効果があることはすぐに分かると思います。走るなんかよりダイエットに効果があるのです。つらいことがダイエットではなく、成功させる効率の良い手段がダイエットです。スクワットをやる理由としては、脚に筋肉の半分以上が集まっているので、それを動かすことで効率の良い運動ができるという感じです。短距離走や卓球などの運動をしている方はかなり成績も伸びるのです。ちなみに腹筋はしなくともこれでウエストを減らすことができます。

中学生が間違うダイエットのアレコレ

まず、ダイエットを始めて体重系に乗る方が多いのですがこれは意味がありません。1日の中で体重は実は1~2kgほど変わっています。さらに体重が落ちることは一見ダイエットに成功していると思われがちなのですが、実は成功はそれほどしていません。たまに無理に体重を減らしてお腹がブヨブヨの大人が居ますが、それはこのためです。ではどうすれば良いのかというと、先ほどのスクワットです。あまり筋肉がついてしまうのはと心配される女の子も居ますが、そこまでになるには体脂肪を極限に減らしたりプロテインを飲んだりバーベルを持ったりと予想以上にきつい世界が待っています。そうではない方が多く、単純にスリムになりたいというだけであれば気にせずに行いましょう。さらに、体重をあまり見るなというニュアンスで解説したのは体脂肪と筋肉では差があります。2kgの筋肉と1kgの体脂肪は同じ大きさです。50kgの筋肉がある人と25kgの体脂肪の人は見た目が同じです。どれだけ体脂肪が邪魔であるか分かり、体重がアテにならないことが分かったと思います。

中学生にありがちなストレスはなるべく排除しよう

ダイエットにおいてストレスは避けて通る道です。そういうのもダイエットでストレスを感じてしまうと体脂肪を溜め込みやすいというデータがすでに偉い人が出しています。受験勉強や学校生活ではありがちなことですが、それでもストレスと感じたものは大人や友達になるべく言って発散しましょう。また、運動をしていない方はちょっと遠回りをして帰るなどの手段も有効です。男の子ならば公園で懸垂をしてから帰るという方法もあります。懸垂は女の子にもダイエットとしてはおすすめしたいところですが、難しい部分もあるので男の子が良いと思います。最初はできなくて当然で、徐々にできるようになったりもします。重いものを持ってやろうと書いているサイトがありますが、それならば普段登校に使っているカバンを背負って懸垂など色々な方法があります。そこまでできるようになると立派な力こぶができてモテモテになるかもしれません。ストレス発散にもなるので、運動部ではない方はやりやすい方法を試してみてください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告