子供に付けてはいけない名前、ご存知ですか?

カテゴリー
子供に付けてはいけない名前

これから赤ちゃんが生まれる方は必見のないようです。子供につけてはいけない名前ということで紹介してみたいと思います。まず、縁起が悪かったり、生命に関わる文字だったり、健康に対して良くなかったりと、漢字1文字にもそれぞれの意味があります。今の時代、キラキラネームにしてしまわないように注意しておくことも重要ですが、それ以上に重要なのは漢字の意味ということで子供に付けてはいけない名前を今回紹介してみようと思います。

子供に付けてはいけない名前

子供に付けてはいけない名前

子供に付けてはいけない名前一覧

・万、丈、三、与、女、久などの画数が3文字
3つのいけないことが起こるといわれている漢字で、親子関係や人間関係、その他の関係に影響することがある子供には付けてはいけない名前とされています。ひらがなも勿論はいっているようです。確かに筆者の周りを見てみると3文字の名前の人は居ますが、実際にその人の人生を見てみるとこのいわれのある付けてはいけない漢字としてはしっかり意味があると思います。

・花に関する名前
先ほどの項目と被る部分もありますが、付けてはいけない名前の理由の1つとして、花は時間と共に劣化していくというイメージがあります。このことからも、子供は常に成長していくものなので考えていた方はなるべく控えるようにしましょう。椿という名前を例にとってみると、落ちる意味合いもあることから一般的に使われない名前とされています。

・自然現象に関する名前
春、夏、秋、冬という文字や、海や川、光、空などはつけてはいけない名前とされています。これらはなぜいけないのかというと、それぞれの名前をつけることで性格的に強弱がありすぎるからです。季節に関連した文字ではなく、それを感じるような漢字を入れるのが一般的です。意外とその後の人生に影響している方も多いです。今はやりの光宙(ピカチュウ)という名前も実はこれに入っていたりもします。

・愛が入る漢字
愛情に関して悩むような名前で、なるべく付けてはいけないとされています。福原愛さんもその一人ですが、実は親子関係でかなりの苦労をしていたようです。夫婦関係にもいつの間にかという感じになるのでなるべく付けないほうが良いです。筆者の周りを見てもこの名前が入っている人は生活環境が意外と複雑なので付けてはいけない名前として紹介します。

・満、秀、優
これについては一見幸せを呼びそうな漢字ですが、両極端になってしまうような意味合いがあります。人生山あり谷ありのようにそのように子供も突き進んでいくとされています。山は誰しも体験してほしいものですが、谷となると場合によってはその後の未来はありません。このことからもつけてはいけない名前です。

・山、金、木、藤、高
名前の一部として使わないのが得策なのですが、これについては昔から日本ではつけることのできない名前になっていたりもします。韓国人に使う名前であり、少なくとも昔の日本では区別をするために使っていたという傾向があります。これについては様々な議論を呼んでいますが、そういった勘違いをされてしまわないようにするのが得策です。

・「あ」から始まる場合に使う感じ
亜や麻などがこれにあたります。大器晩成の逆になってしまうということもあるようで、子供の時は華やかなのですが、大人になったころに不運が来てしまうということもあるようで付けてはいけない名前とされています。確かに筆者の中で一人そのような名前がついている方が居ますが、何だかなと思うようなものです。

・江、汰、涼、瀧などのさんずいがつく名前
この名前は付けてはいけない場合が多いです。縁起が悪いというよりは、水に流れるという意味合いがあることから付けてはいけないとは言われていないものの使わないほうが好ましいとされている名前です。

・冬、克、君、信、亀、梅、好、正、法
これは良くも悪くもの人生を体験したり、羽目を外しすぎてしまったあまりにというものです。酒井法子さんとか有名な例です。また、名前的にも雲気が悪いとされているので使わないほうが良いことが多く、結果的に子供に付けてはいけない名前とされています。

・友
これについては大切なパートナーと別れやすい名前とされており、これが入る場合は気をつけたほうが良いです。つけている人は少な目の傾向です。

・明
一見人生に明るみをみせてくれるような名前で、つけてはいけないほとではありませんがそれとは真逆の人生を送るとされています。

・忍
こちらも同様につけてはいけないわけではありませんが、ちょっと元気すぎるぐらいに育つことがあるようです。常識がない人間になってしまったり、人のことを考えない性格になってしまうようです。