秋に憂鬱な理由と解消法を独自の視点で!

カテゴリー
秋の憂鬱はつらいですよね

秋になると必ず出てくるのが憂鬱とおっしゃる方です。これには何の理由があるのか、また解消法はあるのかを独自の視点で書いていきます。正確に解説しているサイトがあまり見つからないどころか、間違っている説まで書いているサイトもありますので今回は正しい知識を身につけて是非快適な秋を過ごせるようにしてください。まず秋という季節に何が起こっているかというと体感されているとおり、肌寒かったりします。その中でもさらに起こっていることは気圧の低下です。

秋の憂鬱はつらいですよね

秋の憂鬱はつらいですよね

秋に憂鬱な理由は気圧の低下もある

すでにメンタル的な病を抱えている方は体感している場合が多いのですが、気圧の低下によって憂鬱になることがあります。夏になると気分が高揚する方が多いのは気のせいでもなく、気圧がほとんどの場合上昇しているという理由から憂鬱になる人は少ないです。それと真逆の現象が起こっているので憂鬱になっても仕方はないといえばないのです。さらにこんな体験がある方は注意です。秋ではなくとも雨になったりするとなんだか気分が憂鬱になると思う方も居ます。テレビのCMにもなっているくらいです。それはやはり気圧が低いから起こるもので、梅雨の時期などは特に憂鬱なだけではなく頭痛も発生する方が多いようです。仕方ないと言えど秋の悩みの1つとして、恒例行事になっている方は仕方がないというだけでは済まされないくらい憂鬱になっていると思います。そんなこんなで、理由が分かったところで低気圧を対策することで秋の憂鬱は防ぎやすくなります。

秋の憂鬱をなるべく無くす解消法

秋に憂鬱な理由が分かったところで、気圧を対策するための方法を知らないと解消にはなりません。そんなこんなで、まずは対処療法ではなく根本から改善する必要があります。対処療法となれば病院に頼るしか手がなくなるということもあります。それは食事療法で、秋の憂鬱を治すのに一番最適なのです。マグネシウムを多く含む食べ物がまずは、気圧の対策になる食事です。食べ物としてはアーモンドや豆腐、ごまなどがそれに該当します。筋弛緩効果もあって、秋という季節のせいで憂鬱になり、固まった筋肉を緩めてリラックスさせる効果があります。さらにストレスを受けることによって消費されるからだの成分というのはたんぱく質で、それを補ってあげる必要があります。マグネシウムもたんぱく質も含まれている豆腐がこの場合最適ですが、その他には鯖などの青魚や鶏肉、牛肉でもたんぱく質は補えます。最後に良質な油が必要になります。これはないよりはあったほうが良いのですが、先ほど紹介した鯖やえごま油、アマニ油に良質な油は含まれているようです。この中から出来そうなものを選んでまずは秋の憂鬱な理由と共に根本改善を目指しましょう。さらに、秋に憂鬱だと感じたらなるべく寝るという方法もとってみましょう。寝ることは脳の回復にも繋がるので秋によく寝てしまうという方はそれで精神的な健康が保てていることもあります。

たんぱく質についての解説

秋の憂鬱な理由としてセロトニン説が嘘である可能性

憂鬱になる理由としてセロトニン不足が挙げられますが、これは嘘ということが最近判明しております。60年代にセロトニンが憂鬱の理由として挙げられましたが、実はそれに対する関係は10年後に違うと認められました。しかしながら、未だに精神関連の治療ではセロトニンをどうにかするという治療が行われており、万年憂鬱だとおっしゃる患者も多いのです。前述のように憂鬱な理由としてセロトニン説が間違っている可能性があるからです。さらなる結果によって、憂鬱ではない人からもセロトニンとの関連性は見られなかったという研究データもあります。このことを見越して治療を改めている病院も多いのですが、過去のデータを使用している病院も未だに多いのです。だからこそ、秋の憂鬱を解消する手段として日の光を浴びましょう、セロトニンが増えますと言われても改善しない患者が多いのはそのためです。

秋が憂鬱すぎて起き上がれない方は病院に

先ほどは、現代の医療チックな話になった上に若干不信感すら抱くことを書いてしまいましたが、それでも解消できないというときは病院に素直に頼るべきです。これらを試しながら病院に行くという対処療法も必要な場合があります。風邪だってどうしてもつらい場合は対処療法に頼る必要性もあります。秋独特の憂鬱もその例外ではなく、やはりつらいと感じたり日常生活に支障があれば病院に行ってみる手も悪くはないのです。白か黒かを判断したいような方は特にこの憂鬱な思考に陥りやすいというケースもあります。