熊本地震は南海トラフへとつながるので注意

カテゴリー
熊本と南海トラフ

熊本地震は未だに多く発生しています。この自信の発端となったのは4月14日に発生しました。その後多くの地震が続いています。ここでは余震か定かではないので余震という表現は使いません。当時のマグニチュードは6.5とされており、直下型地震にあたります。これまでは南海トラフとはあまり関連性が無いとされてきましたが、最近はそうでもないよとの指摘もあるようです。現代の科学を持って、想定できる範囲が覆されているので注意をすべきものとして読み進めてください。

熊本と南海トラフ

熊本と南海トラフ

熊本地震がなぜ南海トラフにつながるか

まず熊本地震が起こることによって、刺激されてしまう断層があります。それは南海トラフと関連している阿蘇山の近くにあるところでそこには四国や愛知県、和歌山県と断層が横切っているのです。そうなるとマグニチュードが低かったり、震度がそこまででもないとなっても徐々に刺激されてしまうことで南海トラフへとつながってしまいます。そのように言える根拠としては、熊本地震が起こるちょっと前に体感できるかできないかの震度で兵庫県などで地震が起こっていました。これは熊本地震へとつながるような断層へと刺激があったからだとの見方があります。このような事例からも、熊本で直下型の地震であっても南海トラフに対しては気を抜かないでと専門家が指摘しています。

熊本地震は小さいものであっても南海トラフにつながる

比較的大きな地震から、まだまだ地震が続いている熊本ですが、マグニチュードや震度は小さい規模でもかなり起こっています。ネット上で見かけるのは小さいものだから南海トラフに対しては大丈夫だろうという書き込みをよく見ますが、これは誤りです。先ほどの説明のとおりでもありますが、小さい刺激でもそれが続いてしまうとなると南海トラフに発展してしまうのです。また、熊本の近くの震源には日向灘(ひゅうがなだ)というところがあり、ここもたまに揺れています。ここが刺激されてしまうと南海トラフへのトリガーとなってしまうことは既に南海トラフに対して研究する方や、調べている方は当たり前のことです。このことからも今起こっている熊本地震への注目性はかなり増します。

熊本地震→日向灘地震→南海トラフ地震のエピソードもありえる

宮崎県や大分県の沖にあるのが日向灘です。熊本とかなり近いですが、熊本地震も場合によってはこのあたりに刺激を与えかねないとされています。日本地図から見てもかなり近いのでなんとなくお分かりいただけるかと思います。さて、この日向灘は南海トラフのきっかけになるということは先ほどの説明のとおりです。熊本で起こった地震の規模の大きさによっては専門家じゃなくとも分かるはずです。さらに、西日本全体がフィリピン海プレートによって南海トラフの発生に拍車をかけているとのデータもあります。これによって南海トラフへのダブルパンチになってしまうのでやはり注意は必要と言えます。

日ごろから南海トラフに注意し、準備などはしておきましょう

熊本地震はもはや私達にどうにかできるものでもなく、止まってといっても止まってくれるわけがありません。もし南海トラフが発生したらマグニチュードは9になると予想され、津波も発生することがあるようです。日頃から注意して、南海トラフに備えておくことが必要です。また、なるべくこのように注意することであなたの生存率は格段に上がります。そして、生存率が上がることで街の復興もそれだけ取り組める人員が増えるために早くなります。このことからも危険をあおっているわけでもなく、注意しておくことでいざというときに心構えなどの準備ができます。

津波が来た場合の逃げ方について

熊本地震が南海トラフに関係ないとの指摘もあるが・・・

熊本地震が南海トラフに関係があまりないという声もあります。それならそれで良いことですが、現代の科学を持って地震を完全に予測することは不可能であり、神頼み状態です。さらに熊本地震についての具体的なテレビ報道になると想定外の声を連発しています。このことから、熊本地震に対して分からないことだらけなのになぜ関係ないと言えるのかという疑問すら浮き上がってきます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告