受験生にむしろスマホは渡すべき!

カテゴリー

受験生となると、悩むのはスマホをどうするかです。恐らくこれに対しては親御さんが悩んでいるケースがほとんどです。使っている受験生はそこまで悪気はありません。依存なのかどうかといったことや、実際にこれに対して親はどのように対処していくべきなのか、このままでいいのかということについて今回言及していきます。やり方によっては逆効果な場合もあるので実際にどのような方法が適切なのかといったことを今回親御さんは学びましょう。

受験生のスマホ、問題点はなにかを考える

受験生がスマホを四六時中使っていると、親としてはかなり不安です。実際に勉強を行っているのかどうか、やめたら成績はあがるのではないかといったことですが、まずは没収してしまうことは基本的に逆効果です。受験生が抱えている問題としてはそれらにかかるストレスを解消するため、分からないことを調べてみたり、インターネットでその情報を共有して実際に解いてもらったりとうまく活用しているケースも見られます。頭ごなしにとりあえず取り上げてみようという考え方は受験生に対してはやめておくべきです。見た目がどうこうというのは親から見た問題であって、意外と悪くないケースもあります。しかしながら、例外もあるのでしっかりと見てみましょう。

受験生がスマホで四六時中ゲームをしていたらどうするか

現在のスマホはとにかく面白い機能が備わっており、老若男女問わずゲームなどは大人気です。しかし、受験生がこれを四六時中行っているとなるとこれは少々問題です。勉強をするといったのになぜかゲームの音が聞こえてきたり明らかに成績が悪くなっていたりしたら迷わず取り上げてしまいましょう。しかしながら、取り上げただけではいけません。前述のように受験生にとってスマホは常に悪いというものではありません。例えば、分からないところをインターネットで調べることも出来ます。仮にスマホしか使っていない受験生だとしたらこの手段も断たれるとなるので勉強に対しては逆効果です。このことから代替案としてはパソコンを代わりの通信手段として渡すという方法もありです。取り上げるのは夜間だけにしておくというだけというのも問題ありません。要するに使い方が改められば大丈夫です。しかしながら、良い部分も見逃してしまってはいけないので基本的には渡しておくというスタンスが大事です。

最終的にはプラスマイナスの兼ね合いで受験生を見てあげよう

受験生にはストレスと向き合う必要もありますし、それは大人だってそうですがスマホはその手段の一つとしてあります。たまにネット上で勉強会を開いているケースも見かけますので、悪い事であるとは筆者は思っておりません。このことから、あえてお子さんと向き合ってスマホが取り上げられることでのデメリットを挙げてもらって親御さんが納得することがあれば渡したままにしておき、納得できないのであれば一時的な没収というのが賢い選択肢ではないでしょうか。あまりスマホの類を使えないと将来的には電子機器を使えない人間になってしまって、時代に取り残されてしまって浦島太郎状態になっている方もたまに見かけます。このことからも、取り上げることのメリットデメリットでメリットが多ければ取り上げても問題ありません。ただ、筆者はスマホは渡しておくのが賢い考え方であると思っております。

スマホ依存の記事に危険性だけを煽られないように

受験生にとってスマホが危険であるかのように煽っている記事を見かけますが、前述のようにメリットもあります。依存の兆候があると親御さんが見ているならば、使い方をうまく管理してあげたり時間制限をつけてあげたりといった方法で、そのような時に対して学生はどのように時間を使うかと再確認するようになります。成績が上がらなければ取り上げる時間を20分ずつ延ばしていくといった方法を使ってみても良い方法だと思います。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告