秋のダイエット方法、食欲には負けろ!?

カテゴリー
成功させよう!

秋といえば、ダイエットを考える人も多いのですが、そんなことを考えている半面に食欲の秋という言葉があります。しかしながら、ダイエットを行うのは秋が一番最適ともされています。それはなぜなのか、タイトルにあるとおり食欲に負けろとはどういうことなのかについて詳しく解説してみたいと思います。そして、多くの方がダイエットとはきついものと考えがちなのですが、今回にいたっては食欲に負けながらダイエットをする方法について詳しく紹介してみたいと思います。色々な理屈は良いから、最終的にどうすれば良いのかと思われる方は、最後だけ参考にしてください。

成功させよう!

成功させよう!

秋のダイエットが最適なわけ

秋になるとちょっと肌寒くなってきたりしますが、私たちはこれらに対して体温を一定に保とうと頑張ります。それで体に何が起こっているのかというと、体温を上げようと必死になっているのです。これがどのように秋のダイエット方法と関連しているのかというと、まずは秋にダイエットを行っても夏よりかなり痩せやすいことになります。先ほど述べたように体温を必死に上げようと体が常に頑張る状態なので、基礎代謝が必然的にアップしています。このことからも、あえて寒い環境下で寝たりすることはアスリートなどは代謝の関係から行っている方も多いようです。また、年末などの食べたいシーズンなどに備えてダイエットを行う人などは特に秋に行うのは方法としては理にかなっていることになります。

秋のダイエットで食欲を我慢しない方法

タイトルの通り、食欲に負けてはいけないという固定概念がダイエットではありますがそれは誤りで、空腹は禁物と言われています。なぜかというと、空腹を感じている時こそ人間は太るか痩せるかに左右されています。もし頑張って、空腹に耐えたとすると次に起こることは体脂肪が増加し、筋肉が減ります。これはどういうことかというと、体重計の上では体重が減っていたりしますが見た目は顔以外さほどかわらないという結果になります。特にお風呂に入るときに自分の体を見たときにそれはしっかりと現れているもので、ダイエットを行う前より体がなんだかだらしなく見えるというのは体脂肪が増えたからです。それでは、どうやってこれらの食欲を満たしながらダイエットを行えば良いのかというと、低カロリーの食品などを食べるようにしてください。ささみやクルミ、スルメなどは空腹対策に使えるものです。場合によってはところてんなども良いです。このように空腹をなるべく回避しながら秋のダイエットをすることによって基礎代謝をアップしたまま結果的に低カロリーで空腹を感じずにダイエットが行えるということになります。これが出来るか出来ないかで秋のダイエット方法を知る上で一番重要な鍵となります。これらが出来ると、見た目もかなりスマートになり、顔もほっそりしてくるというミラクルダイエットが実際に体感できます。例えばこれまでのダイエットではこのサイズのウエストでもギリギリだったのに今回は余裕だということが起こります。

秋のダイエットで食事は一番重要なカテゴリ、体重はあまり気にしない

秋のダイエット方法を知る上で食事の重要さは9割ほど占めています。それは毎日食べるものだからです。残り1割は運動なもので、無駄なカロリーを削ぎ落とす程度や必要な筋肉量を維持するためです。しかしながら、自分は筋肉なんているわけがないと思う女性の方も多いのではないでしょうか。確かに多すぎるとどうかなと思われることもありますが、それ以前の話で筋肉があって、少し体脂肪が乗っていて結果的に細く見えるということになります。この秋のダイエットで無駄に筋肉を落としてしまったとなると、いつまで経ってもブヨブヨとした体になってしまうことがあります。私達が求めているのは綺麗な見た目で、体重の優先順位はかなり低いです。日本でも有数の綺麗なボディを持っている女性は体重が60kgほどですが、見た目はかなりスリムです。そんなこんなで、スリムを求める食事としては高たんぱくな食事で、炭水化物を嫌うという食事スタイルです。米やパンなどの糖質を控えるべきですが、難しければいつもの半分といった感じでスタートさせるだけでもかなり見た目や体重が変わります。このことからも、皮なし鶏肉やブロッコリー、豆腐などを中心とした食事をしてください。これを仮に男性がお腹一杯食べたとしても皮なしであれば1日の基礎代謝のカロリーにも届かない計算になります。結果としてグングン痩せていくため、秋にダイエットを本気で行おうと思う方は、このような方法も参考にしていただけると幸いです。

運動は1日1時間くらいにしておこう

運動を本気でする方も多く、スポーツの秋と言われていますが、ダイエット方法を知るのには気合は不必要です。長い時間しないと気がすまない方はそれでも問題ありませんが、気楽にダイエットを行いたい方は筋トレなどを1日15分、多くても1時間までにとどめておく必要があります。それはなぜかというとあまりやりすぎるといきなりの運動の場合体がストレスを感じます。ストレスは体脂肪を増やしてしまって、ダイエットを成功させ辛くなるので無理な運動は避けるべきです。物足りないなと思えば運動時間を増やしても良いと思います。それでも1時間程度です。この方法を知るか知らないかでもかなりの体作りに差が出ているようです。

秋のダイエット方法まとめ

秋のダイエット方法として、基本的には高たんぱくで炭水化物を嫌うだけでみるみるうちに痩せていきます。肉類は太るという固定概念が強いのですが、それはお米やパスタやパンなどと一緒に食べた場合の話で肉類のみを食べた時にはむしろ痩せたというデータもあることからこれは方法の1つとして知っておくべきだと思います。幸いなことにカロリーオーバーを大幅にしてしまったとしても、炭水化物さえ控えていれば問題ないようです。さらに、秋のダイエットで食欲にも負けながらダイエットができるということにもなるので、一石二鳥の方法です。さらにここに運動を加えることで、これまでにないダイエットが体感できます。