精神性の多汗症を知って、改善してみよう!

カテゴリー
精神性の多汗症について知る

多汗症は多汗症でも、精神性のものである方がほとんどです。例えばゲーム中などにスマホやコントローラーを握っている時に限って汗が手だけにかいていたということもあります。これは何故だろうと考えた場合精神の問題であることが発覚しました。必ずしも精神が原因とは限らないのですが、多汗症のほとんどは精神性であることがほとんどです。それでは、具体的にどうやって改善していけば良いかということを今回書いてみようと思います。

精神性の多汗症について知る

精神性の多汗症について知る

精神性であるからまずは精神から多汗症にアプローチ

さて、精神が問題となっている場合で多汗症の方に今回は中心として説明していきたいと思います。まず、何か行動をしている時、例えば勉強やゲーム中などこの中でも一般的にリラックスする状態だったとしても手や足の一部分に汗をかく方が多汗症と呼ばれる傾向にあります。これに対してストレスを極力なくしてみようということが改善策として挙げられていますが、目の前からストレス環境を本人達の手によって無くすというのは無理なこともあります。

その原因は何故なのかと考えた場合、これまでに育った環境や住んでいる環境に問題があったと言えることもあります。例えば、そこで育った親御さんは片一方が過保護で、片一方が子供に対して無関心という傾向があったり、それらが原因で子供としっかりと向き合えずに教育の仕方も分からない、結果的に子供の自己肯定感を下げてしまったということになります。それがまわりにまわって、精神性の多汗症になってしまったということが言えます。もちろん、これは一例にしか過ぎずその他、単純に仕事が原因でそうなってしまったということもあります。

では、どうすれば改善するのかと具体的に述べてみるとまずは自分が居る場所が親元であったり仕事ならばそこにストレスを感じていたら一旦そこを避けて別の所で生活してみたりということも大切です。精神性の多汗症だけに、精神を休めなければ回復できないというのが現状です。それらが難しいと考えた場合は、心療内科や精神科という手もありますが精神性の多汗症ということでお薬を出してくれることもありません。ただし、精神的に疲れているといえば出してくれることはあるようです。

筆者も実は精神性の多汗症だった時期があったが、改善した

要するに、先ほど述べたようにストレスを無くせという改善方法については難しいのです。だからこそ、精神性の多汗症というのは万年の悩みになっている方が多いです。それでは、どうやって改善したのかというと筆者は当時は行動を起す力も無かったのでカウンセリングに行くことにしました。多汗症の精神的な治療目的ではなく、カウンセリングや精神科を通しての治療でいつの間にか治っていたという感じです。出てくるお薬についても対症療法ではありましたが、次第に多汗症が改善したのが意外でした。もちろん、これらに頼らない方法で多汗症を改善する方法もあるのでもう少し見てみましょう。

何か趣味を見つけて多汗症を改善

趣味を持つというのはいいことです。何かがあっても精神性の多汗症であれば逃げ場になったり、場合によってはそれを心のよりどころにすることも出来ます。筆者のオススメはその趣味をかなり極めることです。現実的に仕事がうまくいかなかった、対人関係で悩んでいるそういうときに趣味を通してストレスが解消できる他、筆者の場合は幸いなことに当時仕事につながることが分かりました。そして、何よりも生きる上での自信になります。精神性の多汗症の方は一歩間違えてしまうと別の病気になってしまうこともありますのでなるべく自分なりの改善策をこの記事を通して見つけていただければうれしいです。

精神性の多汗症ではない場合もある

これまで説明しておいてなのですが、もし精神性でないのであれば他の原因や改善策として、日常的に昼夜逆転の生活を行いがちなことや、普段からエアコンなどに当たり続けていて体にはあまり良くない生活をしている、この結果自律神経がおかしくなって精神的な多汗症として表れる場合もあります。汗のかきかたを体が忘れてしまい、暑くもないのに汗をかくといったようなこともあります。この場合は精神性ではありますが、厳密に言うと生活が原因となっていることから、もし普段の生活がしっかりと出来ていないならばそこから試してみることが一番の改善の近道になったりもします。そこから次第に精神性の多汗症も改善していくということもあるようですので、試してみてください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告