ゴルスタの運営が炎上!個人情報に警察への通報とやりたい放題!?

カテゴリー

ゴルスタの運営が炎上しているそうです。しかし、このアプリについて分からない方も多いのでまずはゴルスタとは何かということを説明します。このアプリは中学生や高校生のみ登録できるSNSアプリです。なんとこのアプリはテレビコマーシャルに出ているほどの広がりっぷりらしいです。会話はもちろんのこと写真のやり取り、チャット、相談など中学生や高校生ならではの限定されたユーザーの中での会話が出来るのでそれぞれのユーザーも安心して楽しめると思っていると実際は違ったようです。

使いようによる?

使いようによる?

※最後にまとめていますが、批判記事ではなく改善点を指摘するための記事です。

ゴルスタ運営の炎上についての経緯

ゴルスタ運営は以前から他の運営会社と違ったような運営スタイルを取っており、例えば運営の批判をするとBAN(アカウントの削除または停止)、それについて賛同した人もBANという運営スタイルで炎上しているようです。しかし、運営会社に取り消してもらう方法があるようでその方法はどのような方法かと聞いてみるとこれまたビックリの結果になっています。

どのような方法かというと、学生証や反省文、などをTwitterやメールなどを介して送信させるというような方法を行っているようです。これによってBANは解除という形になりますが、やり方がやり方だけにさらに運営会社が批判されるという形にもなっているとのことです。

問題のやりとり

問題のやりとり

さらには、Twitter上ではユーザーから得た個人情報を正当な理由もなく、公開して名指しで悪質な行為をしているというような発言を繰り返していたようです。現在のTwitterではこうしたことはいけないとやっと運営側が知ったのか、削除を開始しているようです。確かにインターネットやメールなどの文章や個人情報の送信となるとかなりのリスクが伴うと思います。このような場合、運営会社はどのような対応をするのかといったところも見所です。

ゴルスタの運営、個人情報に警察、さらなる問題が

ゴルスタというアプリを運営しているところは、利用規約に違反すると基本的に個人情報をネットの上に載せたりするようです。そして、利用規約違反により警察に相談するということも言っているようですが、個人情報保護法の観点からどっちもどっちというような感じもします。中学生や高校生というところを見るとあまり効果は薄いように見えますが、これらの警告からビックリしているユーザーも多いようです。

さらにはクレジットカードの情報など、ネット上に公開しているというところを見るとかなりの運営です。しかしながら、これはゴルスタの運営について色々なユーザーから突っ込みを入れられているのが特定商取引法というものが記載されていません。これはネット上でのコンテンツや商品を売買するときに必要な法に触れる記述が義務付けられており、これを記載していないことでトラブルになるようなこともあるようです。

苦情や意見は株式会社スプリックスの教育IT事業部または東京都豊島区西池袋までお願いしますとは書かれているものの、実際に誰が運営しているとは公式的な説明も無いようです。幸い日本には消費者庁という正義の味方が存在しますが、そこに特定商取引法が無いサイトは危険かもしれないよとアドバイスをしていますが、この説明が実際に現実となった例でもあります。また、実際に塾など情報量を売りにしているような会社を運営しているので実はそこにつながりがあるのではないかとの指摘もあるようです。実際に学生から得られた個人情報は販売に使われるといったような具合でしょうか。真偽は不明ですが、さすがにここまではないと願いたいです。

特定商取引の記載なし

特定商取引の記載なし

ゴルスタを利用することは危険なのか?

ゴルスタを現在利用することは危険なのかといった議論が巻き起こっていますが、普通に利用しているだけでも何かしらの規約に触れる可能性や発言はしてしまうわけなので個人情報を送信しないとアカウントの復活が出来ないという点から危険な可能性もあります。もしもを考えたくはありませんが、安全か危険かの2択でせまられると恐らく後者に寄っている感じが否めません。このようなことから、どうしても利用規約に違反してしまう方の利用はやめた方が良いです。筆者なら確実にアカウント削除されているかもしれません。

ゴルスタ運営、批判されたことから改善を

これだけ炎上していますが、中学生や高校生のみ使えるアプリというところは素晴らしいところだと思います。運営スタイルを改めることで、炎上になって危険どころか安全に使用できる素晴らしいSNSアプリに変わると思います。まだまだ判断が出来ない未成年には有効ですが、そこを逆手にとってという運営会社のスタイルだとユーザーも離れていくでしょう。このようなことがない健全なアプリにするため、運営会社自身がしっかりと個人情報保護法や特定商取引などの法律を守って業務を行ってもらいたいものです。このあたりを守ってもらえれば、まだまだ楽しんでいるユーザーも居るために良いアプリになると思います。こういった思いが運営会社の方に届くようにという記事でした。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告