チートデイのやり方、失敗しない考え方

カテゴリー

チートデイという言葉をご存知の方はダイエットをする上で非常にありがたい存在です。しかし、やり方を間違えれば効果はあまりありません。太ったとおっしゃる方も見かけますがこれにはいくつかの原因があります。基本的なやり方や考え方を見失っていなければ、多少のはめを外しても大丈夫なのがチートデイ。その上痩せるなんてこんなうれしい方法はありません。食欲がそもそもの意味でかなりある方は次こそチートデイを失敗しないため必見。そして、これから始める方はやり方を覚えてください。

餃子も悪くないですよ

餃子も悪くないですよ

チートデイのやり方をもう一度学習してみよう

チートデイとはそもそも、低下した代謝を取り戻すため、食生活におけるストレスを解消するために行うものです。誰だって、たまに大食いしたいです。ダイエットを行う方はその例外ではありません。さて、チートデイとは炭水化物中心にカロリーオーバーの状態で行うか、いつもより3000kcalをプラスした上で食生活を1日のみ行うといったやり方です。結果的に、数日後に元の体重に戻るどころかそもそもの体重よりも減っていたという夢のようなことが実現できるのがチートデイのうれしいところ。考え方としては、前述のような低下した代謝が取り戻されて再び体脂肪が燃焼されやすくなっていくというものです。しかし、やり方によっては失敗というものもありえます。

チートデイで失敗しないために考えておきたいこと

チートデイの頻度についてですが、週1は結構な運動をする方、あまり運動しない方は2週間に1回という考え方で問題ありません。体脂肪が何パーセントだという考え方もありますがどのような場合であれど代謝は低下するので運動するかしないかで週に行う頻度は決定します。もちろん体脂肪の指標が間違っているというわけでもありませんし、今回の考え方が間違っているわけでもありません。運動をしている方でもガンガン体脂肪を減らしたい方は2週間に1回程度に抑えましょう。しかしながら、食のストレスがかなりのものになります。その上、ゆっくりとした痩せ方ではないのでリバウンドも早いです。そんなこんなで、頻度についてはこのあたりです。次に、炭水化物を中心にカロリーオーバーということを行う必要があります。ケーキなどを食べても良いのですが、これだけでは炭水化物は摂れていても脂質もイコールになっているので落としづらい体脂肪が増えてしまいます。食べるといけないというわけではありませんが、それのみでドカ食いはやめておいた方が失敗にはなりにくいです。脂質は糖質を運びやすい役割を持つので、チートデイでは多少必要です。また、炭水化物を中心にカロリーオーバーを考えると意外にチートデイはきついものであるとお分かりいただけるかと思います。白米にしても標準体重の男性で考えると15杯を1日で食べないと難しいです。

チートデイの食事は何を食べれば良い?

チートデイの食事例

チートデイの食事例

チートデイの食事について調べると物凄くおいしそうなものが検索に引っかかりますよね。基本的に何を食べても問題ないです。しかし、1日ずっとケーキやハンバーガーという方法はなるべく避けましょう。脂質が多すぎるため、炭水化物を中心として食べることが出来ません。うどんや白米、パン、パスタなどは比較的良いものです。これまでに摂取していたたんぱく質の摂取も忘れずに行ってください。今回は朝に食べた食事例を貼り付けておきます。うどんとヨーグルトにみかんを加えたものです。場合によっては砂糖を加えても良いかもしれません。なるべく脂質は少なめにすることは必要です。しかしながら、控えすぎもよくありません。要はバランスよくおいしく食べることが必要です。脂質を取りすぎていると判断した場合は減らすように心がけましょう。先ほどのようにケーキばかりといったのは避けておきたいです。もちろん食べるなとは言いません。筆者も大好きなのでチートデイにケーキやハンバーガーなどはたまに盛り込みます。それでは、楽しいチートデイを実施してください。