夏の終わりが寂しい、理由を知って対策しよう!

カテゴリー
こういうのを見てへこまないように

夏というのは色々楽しくなるシーズンですよね。旅行や、友達と遊んだり、それなりにダラダラしたりという学生にとっては夢のような生活です。社会人にしても、長期の休暇があるとなんだか夏が終わるのが寂しいという気分にすらなるのではないでしょうか。さらには、学校に行きたくないという方まで出て苦始末で、途中でやめることが出来る高校や大学などにおいては実際に退学する人が1年を通して増えます。さて、これは何故なのかと理由を考えた場合しっかりとしたものがあります。

こういうのを見てへこまないように

こういうのを見てへこまないように

夏が終わるのが寂しいと思ったとき、既に秋です

夏が終わるのが寂しい、そう感じた方は多いですよね。既にその時点で秋はきています。それはなぜなのかと言うと、気圧に問題があります。夏というのはカンカンに照ったお日様や、何だか清清しい気分ですがそれは気圧が高いからです。さらに、休みがあるという精神的な余裕などがありますが、特に精神面ではかなり大きいのです。

それが秋になるとどうでしょうか、上がっていた気圧は次第に下がり始めて寂しいという気分になったりもします。もっと言うとうつ状態に世の中の人は陥るわけです。これをこじらせてしまうと、季節性のうつ病という名前がついたりもします。

そんなこんなで、私たちには対抗できない気圧という問題があって、夏が終わるのが寂しいという気分になります。学校に行きたくない、仕事に行きたくないと同時に感じ始めたらそれらの兆候であるということをしっかりと認識してください。そして、その寂しい感情は誰しもあるということを心にとどめておくだけでも少し気持ちは楽になるかもしれません。

夏が終わるのが寂しい気分にならない方法があります

先ほど気圧が問題で夏の終わりが寂しいと書きました。要するにこれらを対策する方法は気圧に勝てるように体を作るように設定してあげれば良いのです。もし、読んでいる方が学生ならば親御さんにこの方法を教えてあげましょう。それは、食生活をしっかりとすることです。なんだ当たり前じゃんと思う方はもう少し読み進めてください。

単に食生活をしっかりしただけではいけません。それで気圧のせいで夏の終わりを感じないようにするには、マグネシウムが多く含まれた食品をそのような感情になった時から生活に取り入れてください。

例えば、これが含まれる食材はひじきや豆、オクラ、イカ、シソ、エビ、イクラ、昆布などです。これらに含まれているマグネシウムをしっかりと摂取するだけで、夏が終わるのが寂しいと体が緊張状態になっていますがそれを一気にリラックスさせてくれるような気分にさせてくれます。1回食べただけではダメで、定期的に摂取する必要がありますし、実際に夏が終わって秋になったとしてもその食生活は継続させることが必要です。具体的には2~3ヶ月その食生活を続けましょう。

夏の終わりを寂しくないようにすることで得られるメリット

夏の終わりに寂しいと感じるのは気圧、そして食生活を改善すれば良いということまで説明しました。しかし、改善し終わったころにはもう完全に季節が変わっているではないかと思う方に朗報です。これからの季節、テンションが高くなる夏に比べて、低くなるのが秋や冬です。気圧は低いままです。

そんなとき、食事で精神が上向きになるのでいつもと違う楽しいこれからの季節を送ることが出来るかもしれません。筆者はこの事実に気づいてから夏の終わりを感じるまでにしっかりと食生活をすることで、仕事が始まると憂鬱にならなくなったりしましたので、そういう思いをしている学生さんは是非とも試してほしいくらいなのです。

本当に夏の終わりが寂しいと心から思っている人ほど特に効果のある方法なので、今から試しやすいものを試してください。そして、一番なってほしくないのは、これらを感じることによって感受性の豊かな人は本当に精神的に落ち込んだりすることになります。

そうなると待っているのは病院通いで、筆者にもこの感情が別の方向に進んでしまったからこそ、このような気持ちになる人が少しでも減るといいなと思って書いてみました。少しでも夏の終わりを寂しいと感じずに楽しめるように頑張ってください。