SMAPが解散しない真相と理由は深かった

カテゴリー
違う視点から見てみよう

またかよと言いたくなるSMAP解散騒動で、理由については色々あるようです。25周年コンサートを目の前にして、キャンセルまでしてしまいましたが、その背景の理由としては不仲が挙げられます。今回の解散の理由となるキーパーソンは木村拓哉さん以外のほとんどのメンバーがコンサートに対して非協力的なことがありました。香取慎吾や草なぎ剛は今後のSMAPの展開についてはもうどうでもいいというような姿勢すら見せているようです。

違う視点から見てみよう

違う視点から見てみよう

SMAP、解散か活動休止かという選択だった

活動休止をすることならば解散した方が良いのではないかと述べたのは香取慎吾さんで、その考えについては賛同できると草なぎ剛さんも述べたようです。長年続いてきたSMAPで木村拓哉さんと中居正広さんの両者での不仲も見られたことから、木村拓哉さんが居ない状況でこの解散についての話は進められたということもあるようです。しかし、ここまでは一般的に公開されている解散理由でしかありません。話の本題になっている解散の理由というのは探せばいくらでも理由が出てきており、それについて述べる考察ブログやコメント、それぞれの書いている解散の理由について確たるものというものが見られません。こう考えた場合、解散の理由としては何を信じればよいのかと考えるのが情報を探している方たちではないでしょうか。さて、本題ですが解散の理由としては何か意図を感じるものがあります。それは、なぜ世間がお休みのシーズンの中でわざわざ解散するという話になるニュースを流したかということです。それは、世間的にSMAPという国民的スターに目が向くことであり、それに一斉に目を向けることによってマスコミや業界の財政は一部潤います。

SMAP解散の真相についてもう少し掘り下げて考えてみる

恐らく、解散については12月31日と述べられているものの、いつというのは分からないようです。ここで解散したとしても数年後に再結成という話もありえることで、これまた話題性がある話になって一部の業界やマスコミについては財政が潤います。事実、解散の確定的な理由がこれだけ大きなアイドルであれば少しお粗末過ぎると疑問になるのではないでしょうか。このような話題性になる情報を流して、意図的な情報を作り上げるというのは今に始まったことではありません。例えば過去の芸能人のビッグニュースを報道した裏ではそれより重大性のあるニュースがひっそりと流れていたということもあるわけです。ベッキー話題が起こってそれについて世間が騒いでいる時に中国の株価が大きく動いたり、お金関係の法律もガッツリ動いていたようです。こう考えると自分達も含めて情報に踊らされている感じがありますよね。真相は実はここにもあるのではないかとも思います。

SMAP解散の真相について考察してみた

SMAP解散の裏といいますか、真相と言いますか、そこで流れいることはやはり中国関連のニュースだったり災害関連のニュースだったりもします。現地でもわざわざこれが報道されているくらいです。あまり詳しく書くとその手の話が筆者も半分信じているところがあるのでこれ以上は書きません。もし気になっている方は真相を更に探してみてください。しかし、浅い芸能関連の事情に戻すとやはりこちらもお金関連の動きや、それらの関連グッズの売り上げが出たりという話もありえますし、解散騒動に伴って動いたお金もあります。その最中で純粋に行動しているファンも世の中に多いと思います。お盆なのでなおさら活動はしやすいですし、これらのニュースに普段芸能関連に興味がない方も向きがちです。国と芸能人が動いているというのはすでに報道されている通り当たり前のことで、やはり今回のSMAP解散の理由と真相はそこにもあるかもしれません。これを言ってしまってはおしまいですが、少なくともSMAP解散の理由などを調べる前に日本や世界の動きに目を向けるというのも何だか重要な感じがします。