熱中症になったら食べ物はコレだ!

カテゴリー
熱中症になったら!?

夏の時期、熱中症になったと感じる方は意外にも多いのです。そうなったら、なってしまったらどのような食べ物を摂取すれば良いか今回は紹介したいと思います。まずは、熱中症になって体に起こることは脱水症状、熱を帯びる、頭痛、吐き気などが主なものです。そして、内蔵の動きが弱まってくるといった状況です。そうなったら、まずは症状が落ち着くまで水分を摂取して回復まで待つ必要があります。そして、食欲が回復してから食べ物を食べるようにしてください。さて、本題です。

熱中症になったら!?

熱中症になったら!?

熱中症になったら食べ物はコレにしよう!

・きゅうり
一見何の栄養素もないといわれているきゅうりですが、意外にもかなりの効果があります。まずは水分に関わる重要な栄養素が入っています。それはカリウムと呼ばれるもので人間の体の水分量をうまく保ちます。多すぎれば排出してくれますし、少なすぎれば適度に保持してくれます。多すぎても熱中症になってしまうデータがあるくらいです。さらに、これらが失われると脱水症状が起こってしまうのですがきゅうりには幸いなことにカリウムも水分も含まれています。熱中症になったら食べ物は水分摂取を優先ということできゅうりがおすすめです。

・豆腐
他のサイトではあまり紹介されていない豆腐ですが、コレがなんの役に立つのだろうと思う方も居ると思われます。それは、やはり熱中症になったら失われやすい水分、そしてマグネシウムが含まれています。体が極度の緊張状態に陥る為に次なる熱中症に備えて体がまだまだ緊張状態です。それをほぐしてあげるために熱中症になったらきゅうりの次に食べるべき食べ物だと思います。さらに、含まれているのはたんぱく質で体の再生には必要不可欠です。薬局やサプリメントでBCAAを夏の季節に摂取というような売り言葉がありますが、実は豆腐などのたんぱく質から摂取できるようななんてことないものです。マグネシウムの話題に戻りますが、熱中症になったら感じるのは頭痛の症状がその1つとして挙げられますがそれを軽減したり回復させてくれやすい効果があるようです。そうめんよりむしろ食べ物は豆腐をメインにすべきだと筆者は思っているくらいです。

・豚肉
豆腐と同じたんぱく質ですが実はビタミンB1がかなり含まれています。なぜ必要なのかというと糖分を体からうまく取り去ってくれる働きがあります。同じビタミンB1が含まれるものとして一見ヘルシーな昆布がありますがこれは糖分が含まれるため除外します。体温を上げる働きがあるので当分はスポーツドリンク意外などで摂取しない方が熱中症になったら要注意です。言い換えると炭水化物の1つでこの単語に「水」という文字が含まれているのにも意味があるように思えます。せっかくきゅうりを食べても無駄になるので、糖分を適度に残し、適度に取り去ってくれるビタミンB1が含まれている豚肉はかなりおすすめです。

・梅干
梅干は日本ならではの素晴らしいものです。ちょっとした駄菓子でも良いのでポケットなどに入れておくことも重要です。乾燥タイプの梅干のお菓子だと熱中症になったら塩分と糖分が含まれており、あとは水分を摂取するだけでスポーツドリンクに負けないくらいの効果を発揮します。それどころかクエン酸も含まれているので熱中症になったら是非おすすめしたいものです。ただし、食欲があったりちょっと食べれるレベルかなという熱中症のときのみにしてください。

食べ物は無理に食べるべきではありません

熱中症になったら、とにかく食べ物という考えでパートナーや子供に食べさせようとするかもしれません。半分正解で半分間違いなのです。どういうことかというと胃の健康は体全体の健康を支配しているといっても良いくらいです。食べ物は無理に食べるべきではなく、ちょっと食欲が回復してきそうだなというときに食べさせてください。もし、子供やパートナーが胃が弱く、虚弱体質などであったりしたら少しは無理をさせて食べる必要はあるかもしれません。熱中症になったら是非、お試し下さい。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告