花火大会の写真を綺麗にスマホやカメラで撮影する方法

カテゴリー
やってみよう

花火大会のシーズンになってくると、花火を綺麗に撮影したいものです。しかしながら、多くの方がブレていたりぼけていたりでうまく撮影できていない方が多い様子です。ちょっとしたコツや準備するものがあるのですが、これさえ抑えておけば今年の花火大会はより良い思い出として残ります。また、デジタルカメラで撮影する方もほとんど同じ手順となります。ブレている写真でもお気に入りなのであれば、それを綺麗に撮影しているように見せかけるトリックも最後に説明します。

やってみよう

やってみよう

モードを気にするのは三脚を準備した後で

多くの場合花火の写真がうまく撮影できていないというのは撮影途中で体がブレているからです。よっぽど体のバランス感覚に優れている方ではないかぎり止まった状態をキープして撮影するのは至難の業です。このようなことから100均やカメラ屋さんでスマホやデジカメを固定する三脚がありますのでそれを準備して撮影してみると驚くほど違った綺麗な写真になります。何らかの理由で三脚などを準備できない場合は地面に固定したりするという手もあります。後は手を添えてなるべく体を使わない状態を作り出すのですが、意外とこれでも難しかったりする場合があります。スマホの場合は固定して画面を見るようなスタンドなどが販売されているのでそれが代用品ともなります。

オートフォーカスをロックし、明るさも調整してみよう

iPhoneの例

iPhoneの例

スマホの場合というより、今回はiphoneの説明になりますが、Android端末なども基本的には同じ考えです。Androidのほうがうまく撮影しやすい傾向にはあります。そんなこんなで、オートフォーカスと言われているものをまずはロックします。これはカメラが被写体をうまく認識する為に必要な機能です。この機能をフォーカスと呼びます。被写体は、止まっている状態であることが大前提です。しかしながら、目の前の花火は忙しく動いては消えてを繰り返しているのでオートフォーカスがうまく機能しないことになります。これをストップさせるのが、iPhoneやスマホの場合は画面をずっとタップしておくと勝手にロックがかかるようになります。これであとは上下に指をスライドさせることで明るさをうまく調整できるので、自分の好みの設定に切り替えましょう。

撮影は何もカメラじゃなくとも良い

意外と被写体はカメラで撮影するものだと思いがちなのですが、あえて動画を撮影する方法もあります。あとから動画を見直して、それをスクリーンショットすることで肝心の花火のシーンを逃さないことも可能です。ペットを撮影する時の一瞬の勝負にも使えますのでこの手を覚えておくとスマホであらゆるものを綺麗に撮影する時に役立ちます。

感度の設定ができる場合は変えておきましょう

ISO感度と呼ばれるものでスマホにはあるようです。デジカメにはもちろんついているようですが、これは光を取り込むスピードのことです。多く取り込めば暗い場所でも明るく写ります。数値が高ければ高いほど光を取り込む時間は短くなります。今回はスマホやカメラで綺麗に花火を撮影することが目的なので、スマホやカメラで撮影する場合はISO感度を小さめの数字に設定しておきましょう。iPhoneには無いのでこれがスマホの素晴らしいところだと思います。

プロかおまけの撮影のコツは何枚も撮影することです

筆者は写真屋で働いておりましたが、かなり撮影がうまい人ほど写真は何枚も撮影しています。プロでも一発でうまく撮影できるということはあり得ません。たまたまということはあります。なるべく本気で綺麗に撮りたい方はデジカメなどの選択になりますが、スマホなどでうまく撮影したい方は撮影を何度もするようにすると綺麗に撮影できる確率は上がります。

失敗した写真、そのまま削除するのは勿体無い

撮影した写真で明らかに被写体が何なのか分からないという場合を除いて、これはおしいなという程度ならばスマホのアプリであるような写真加工のソフトを使うと綺麗になったりすることもあります。このことから、ベストショットだったのにおしいなと悔しい思いをした方はまずは編集ソフトをうまく活用してください。

花火大会で意外と知らないスマホやiPhoneの豆知識

最初に書いておきますが、スマホとiPhoneは全くの別物です。記事に違和感がある方は実際に調べてみましょう。花火とはズレた豆知識はこの程度にしておき、スマホやiPhoneの端末では画面をタップしなくともサイドの音量ボタンを押したり、イヤホンをつけて撮影をすることが可能です。イヤホンを使う場合は音量を上げるボタンを押すことで成功します。せっかく三脚やスタンドに固定したのにタップで画面がズレたとなると悔しいですよね。花火大会で綺麗に撮影したいならばイヤホンを持参することをおすすめします。