武井壮のトレーニング方法と食事を知ってダイエットしてみよう

カテゴリー
あの方といえばこの画像

武井壮さんといえば、筋肉やストイックなイメージがあります。実際にそうで、動物界の王を目指すそうです。この方のトレーニングや食事について語ってみたいと思います。ストイックすぎるところもありますが、一般の方でも意識すれば参考に出来ることばかりです。まずは、武井壮さんの食事方法を知って、トレーニング方法も取り入れてみましょう。何より、私達一般の人間でも出来ることが食事をまず変えることです。筋トレにおいても食事とトレーニングの比率は7:3の割合でどれだけ食事が重要かということは既に語られています。

あの方といえばこの画像

あの方といえばこの画像

特に食事方法はないが、トレーニングを意識して食べる

トレーニングをするといったら低糖質にしたり、たんぱく質を多目に食べるといったことが必要ですが武井壮さんの場合は食事においてはあまり意識していないことが見受けられます。まずは気にせず食べるということで何でも食べるというフィットネス業界においても結構びっくりなことをやっております。日常生活において全てをトレーニングと、とらえていて意識して行動している為にそれなりに摂取したカロリーも発散するようです。

しかしながら、これは武井壮さんができることであって、一般の方がまずは食事から変えていくとなればやはり低糖質であることが重要です。筆者も武井壮さんの真似をすることはとてもじゃないですが、出来ませんでした。しかしながら、低糖質のレシピに変更するだけでもかなりのダイエット効果がありました。また、食事で考えないということは非常に重要であって、食べることにストレスを感じていたらそれなりに体は栄養素を蓄える為に太りやすい体質になったりもします。

その点、武井壮さんの場合は本当に気にせず食べている様子ばかりで実際にそれを現しています。しかし、そんな武井壮さんには食事の理論があり、足を早くするならば馬肉を食べましょうということです。この理論には少し驚きましたが、たんぱく質も摂取できる上、足が速い馬にはそれなりの栄養素が入っております。

筋肉をつけたければ肉を食べましょうという理論と同じで、これをしっかりと実践しているからこそあの肉体があります。もし、理想の自分を想像するならばそれなりに食事は重要となるようです。ここからも独自理論を述べていますが、トレーニングをしない日はご飯を食べないというルールを作っているそうです。かなりストイックすぎます。

トレーニングはとにかく意識が重要である

何かしら凄く当たり前の理論を武井壮さんが述べるかと思えば違いました。フォームよりなにより意識がトレーニングをさせるとのことです。

日常生活そのものをトレーニングと捕らえて、自分が思ったとおりに動けているか、意識どおりのことが出来ているか、それも完璧にということを武井壮さん本人が述べています。

スポーツをするにしても決まった練習ではなく、筋肉を鍛える一般的なトレーニングを行っているようです。野球業界では筋トレはあまり必要ないと言われていますが、実際は筋トレをしている日本のプレイヤーから世界のプレイヤーまで多いです。

武井壮さんもその理論を実際に述べているわけではありませんが、実践しています。また、意識をして生活をトレーニングとしているためにドアノブの持ち方から何まで24時間トレーニングと述べています。

睡眠はあまりとらず、脚を大事にする

武井壮さんは普段激しいトレーニングを行っていますが、睡眠はあまりとらないようです。

一般的に考えると筋肉の回復などには睡眠が必要不可欠と言われていますが、その例外を行っているようです。

しかしながら、体はしっかりと回復するように色々気を使っていることから、やはりここも意識なのかなと筆者自身思ったりもします。例外として体のどこかに痛みを感じたら多目の睡眠をとることが重要と言っていました。唯一述べている回復については体の血流を良くして、リラックスさせて回復を促すことでした。

また、脚の重要性をしっかりと述べているようでこれは理にかなっていると思います。人間の脚には50%以上の筋肉が集まっており、これが衰えてしまうと劣化はとても早くなります。このことはすでに武井壮さんは分かっているようで、とにかく脚を大事に扱うとのことでした。