日焼けによるシミ対策、部屋に居ても日焼けはする!?

カテゴリー
対策は根本から!

女性の方がよく気にするのは、日焼けによるシミです。しかしながら、これについて常識的なことを把握していない方はとても多く、残念に思います。特に日焼けによってシミが年々増えて悩んでいる方はちょっとしたことをお試し下さい。これまで公開されていた日焼けやシミ対策について、目新しい情報をこれから書いていきたいと思います。おっと、その前に日焼けの原因について少し学んでおきましょう。当たり前といえば当たり前なのですが、思い出してほしいこともあります。

対策は根本から!

対策は根本から!

日焼けによるシミの原因は紫外線、よく考えると怖い

日焼けのシミの原因は紫外線ということは誰もがご存知なのですが、今回あえて書くワケをお教えしたいと思います。まず、窓辺に本を置いて印刷面が薄くなったり日が当たっているところだけの色が以上に劣化しているという体験をご存知の方も居るのではないでしょうか。つまり、私達が外に出て非に照らされている間はこれが大なり小なり起こっていることになります。人間は幸いなことに修復する能力があるので、これらについて多少の耐性がありますがそれも年々能力が衰えてきます。紫外線の劣化させる能力についてもう1つ例をあげてみたいと思います。外に出されたプラスチックなどの容器が粉々になっていたり、何か踏んだなと思えばプラスチックの容器で普段はこんなに柔らかいはずがないのになぜか粉々になってしまったという誰しもあるような体験ですが、これまた物を劣化させ、日焼けのシミの原因になる紫外線が原因です。

日焼けのシミ対策は部屋に居る時こそが重要である

日焼けによるシミを気にしている方は、なるべく屋内に居ることを考えていると思います。そのような対策をしているということなのですが、実は部屋に居る時こその対策が重要なのです。カーテンの色が青や紫、もしくは両方を兼ね備えた色合いになっている方は特に要注意です。スマホでUVライトを作るという実験がありましたが、まさにこの二つのカラーで見事私達が対策している紫外線を生み出すことに成功した動画がありました。よく考えるとお手軽すぎる色で一見シミの対策になってそうな暗めの色でも紫外線を通すことがあります。さらに、紫外線というのは日光に当たっているとそれを強く感じてしまう傾向にありますが、単に暑いだけです。紫外線というものは見えないもので眩しかったり、暑いと感じないのが普通です。あまりにもレベルが高ければそう感じますが。ここまでのことをまとめると、紫や青のカーテンはなるべく使わずにそれらに近い色も避けたものを選択するのが重要です。先日テレビでも紫外線対策にはカーテンを閉めるなと言われていましたが、まさにこれがシミの原因となることもあるからです。自宅に居る時間が総合して長い方でシミに悩んでいる方はかなりの確率でこれに当てはまっています。

日焼けのシミ、電球からも起こることがあります、これも対策を

徹底的に白い美肌を目指すのであれば、意外なことに電球からの紫外線を気にする必要があります。これが一番重要なシミ対策です。極論を言えば電気をつけなければ良い話です。そうもいかないので、紫外線がカットされている電球を選択してシミを徹底的に対策しましょう。筆者自身は明るい部屋が嫌いなのでずっと暗い部屋で過ごしていました。このような方は頭痛もちに意外と多いのですが、それがなぜか日焼けやシミの対策につながっていたようです。考えてみれば、デスクワークの人は体力仕事の人に比べて白い傾向があるものの、それでもシミを気にする方が居ます。やはりこのようなレベルのところまで関係しております。また、スマホやパソコンなどから出る紫外線についても要注意です。挙げればキリがないのですが、これをどこまでうまく対策していくかにシミが対策できるかどうかが決まります。

これらが出来た前提で、日焼けクリームなどは使える

日焼けクリームなどで、一時的にシミなどの対策などに使えますが、そのクリームも紫外線によって劣化してしまうので使える時間というのは限られてきます。塗らないよりはマシといった程度ですが、それでもシミが発生してしまうことはあります。しかしながら、先ほどのことに気をつけていればシミになる確率というのはグンと下がります。エアコンなどが効いた環境であれば、長袖を着て対策することも1つの手です。