イライラを診断!原因別に紹介しています!

カテゴリー
原因を考えてみよう

最近、訳もなくイライラするという方が増えてきています。それは何故なのかということを探している方が多いので原因別に診断してみました。ほとんどが当てはまるケースなので、100%とまでとはいかないものの95%程度はこの診断に当てはまります。そんなこんなで、今回の診断項目はメンタルヘルスから始まり、食事などのケースも当てはめます。まずは大まかに読み流してみて、気になるところがあればしっかりと読んでみることをお勧めいたします。

原因を考えてみよう

原因を考えてみよう

イライラの原因が経済的理由

この場合のイライラは経済的理由が診断結果となります。意外に多いのですが、今月ちょっとピンチかなというレベルの方や今後の生活が少し辛いかもしれないという原因でイライラにつながることもあります。ちょっと話がそれてしまいますが、うつ病の原因の一つとして経済的なものが原因とされていることもあります。しかし、これは単に落ち込んでいる状態なのではないのと思われがちですが、イライラの症状が出ることが実は多いのです。経済的なものが原因だと今回診断できた場合は、なるべく落ち着けるような手立てをすぐに見つけたほうが良いです。

うつ病が原因でイライラ?

うつ病が原因でイライラするということはよくあります。そういうよりも、投薬治療によってイライラすることもあります。普段抑えていた自分の感情が出しやすいようなメンタルになったり、自分が一歩前進したりというチャンスでもあります。自分の感情をうまく表現できずに困ったりした方は意外に多いと思います。そんな時にはしっかりと相手に自分の意思を伝えるチャンスと思って、イライラという感情を大事にすべきです。これでうまく前進することがある場合もあります。常にイライラというものは悪いものではありません。

栄養の偏りが原因でイライラする

イライラの原因を診断する理由として、栄養の偏りがあります。ファーストフードや、コンビニ弁当ばかりに頼っている方は多いのではないでしょうか。これによって栄養がかたよってしまうこともあるので別の食材からも栄養を摂取する必要があります。例えばレモンから得られるビタミンCも大事ですが、ミカンから得られるビタミンCも大事です。このように何かしら偏って食べるのではなく、食事に変化をうまくつけましょう。

米やパンの食べすぎが原因でイライラすることもある

この項目で紹介するのは炭水化物です。先ほどのコンビに弁当やファーストフードなども実は栄養が多いように見えて炭水化物ばかりに偏っていることが多いのです。理由としてはおいしいものが多いからです。しかし、これは必要な栄養素じゃないのと思いがちの方も多いはずです。確かに必要ですが、毎日食べる必要はあるとはどこにも書いていません。書いていたとしてもそれは正確な情報ではないのでご注意下さい。今回の診断で、特に当てはまるなと思う方は鶏肉や牛肉などを食べるようにして一旦炭水化物を断ってみましょう。一時的に幸せになる成分が含まれているのが炭水化物類ですが、それがなくなると落ち込んだりイライラすることもあります。

メンタル関連の病気がある方は原因として躁転を疑う

メンタル関連の治療を行っている方では躁転をしている場合があります。そうかといって感情を抑えろといっているわけでもありません。ただし、後悔しないように動きましょう。今回の診断でもし、躁転していると思われたらまずは落ち着いてコーヒーを飲んだり誰かに悩みのうちを話してみたり、こちらのコメントに書いてくださっても構いません。何とかストレスなどを発散しましょう。

悩み事を抱えやすい性格が原因のことも

この診断で最後とさせて頂きますが、悩みを抱えやすい性格というのが原因です。そんなわけないと思われる方は、そうだとすればなぜこちらまで読んでいるのかということを考えてみましょう。恐らく我慢強く誰にも言いづらい性格の方で真面目な方だと思われます。だからこそ、心のうちに溜め込んであれこれと無用な心配をしてしまうこともあります。必要な心配も、もちろんあります。この診断でちょっとでもイラっとした方や当てはまると思われる方、なおかつその悩みが人間関係であればすぐにでもその原因の方と話して解決をしましょう。

これで診断は以上です!