牛乳や牡蠣の食あたりの対処法と治療についてこれでバッチリ!

カテゴリー
これで完璧!

牛乳や牡蠣で食あたりになったという方は意外と多いのです。原因は衛生環境の不徹底だったり、生牡蠣を新鮮なままで食べなかった、牛乳の消費期限を見ずに飲んだということが原因です。同じものを飲食してもならない方も居るので個人個人の対処法が必要になってきます。下手をするとショック症状に苦しむこともあるので気をつけましょう。そんなこんなで対処法と治療について書いてみたいと思います。

これで完璧!

これで完璧!

食あたりの治療は残念ながら確立していない

原因が原因なので、食あたりの治療についてはしっかりとしたものがありません。それではどうすればいいのかと落ち込んでしまうかもしれませんが、ご安心を。吐き気や頭痛が起こっているならばそれに対しての治療を行うことになります。病院の先生も食あたりの治療というよりは起こっている症状に対しての治療をすることになることは確実です。その後の治療というのは、人間の自然治癒力に任せる形になります。体にとって不要なものが入ってきているので、熱や腹痛というのは実は正常に戻っている証拠で、体が治療している証拠にもなります。できるだけ症状に耐えながら治療を行っていくということが医者もオススメする方法だったりします。しかし、我慢のしすぎも良くないので生活のクオリティとの間を取ってとなるでしょう。薬局で手に入れられるお薬もありますが、特に知識が無い限りは飲んでも無駄どころか症状を進行させる恐れがありますし治療にはなりにくいです。色々と気になる方はまずは病院にいってしっかりと治療方針を聞いてみましょう。前述とあまり大差は無いと思われます。

まずは自分の間違った知識を正すのが対処法です

自分判断で牛乳や牡蠣での食あたりになってしまったというのは身を持って体感されたり、これから気をつけようと思われている方も多いのではないでしょうか。まずはにおってみたり、味を確認してみて大丈夫だと思えば基本的に大丈夫なのですが、嗅覚が敏感ではない方はこれを行うのはやめておいて周りの方の判断に任せるか、消費期限を守りましょう。保存している温度によっては消費期限が差し迫る前に食あたりしそうな環境になったりもします。夏の室温で牛乳や牡蠣を長時間放置するといったことは無いようにしてください。もったいないという考え方もやめておきましょう。

食あたりで頭痛が起こった時の対処法

頭痛というのは正常な反応ですが、一番対処すべき項目ですのでなるべく鎮痛剤を飲むようにしてください。ロキソニンはむやみに使うことはおすすめできません。普段薬に頼らない主義の方が使うものです。病院で頭痛が一番辛いということを伝えてから薬を貰いましょう。カロナールが比較的お勧めのものとなります。

腹痛が起こっていて下痢の対処法

腹痛が起こっている場合は、正露丸で何とかなることも多いようです。ただ、ウイルス性胃腸炎の場合もあるのでしっかりと病院で治療をうけましょう。下痢などの症状が起こっている場合は、しっかりと水分補給をしてください。何より体内から水分が奪われるのが危険です。また、水はいらないものを包み込む性質があるのでしっかりと補給してあげましょう。

吐き気が起こっている場合の対処法

なるべく吐き出してあげるのが一番の対処法ですが、水分以外は何も胃に入れないようにしっかりと調節してあげてください。できるだけ食事もしないことがなによりの対処法です。胃腸は精神や体の健康とかなりの関係があり、意外と知られていない事実です。一番大事にすべきところでもあります。例として、虚弱体質の多くの方は胃腸が弱い傾向にあります。

牡蠣や牛乳で食あたり、食事はどうすれば?

食事についてどうすればいいかと思われる方が居ますが、基本的に自分が思うままに食べても問題ありません。胃腸が弱い方は1~2日程度流動食などで過ごしましょう。そもそも食べたくない方は、それを体が求めているのでその通りにしておきましょう。胃腸の安静は全体的な健康に繋がります。それ以外の方は自分がほしいと思うものを食べましょう。このときにこそ人間は回復する力を持っていて食事を求めるのでおろそかにしないようにしてあげてください。しかしながら、牛乳や牡蠣で食あたりを起していて食べたいとなるならばそれは控えておきましょう。それらに対する力がまだ衰えているはずです。9割以上はこれらを食べたいと思う方も居ないと思いますが。

子供が牡蠣や牛乳で食あたりした場合

子供がこれらで食あたりの症状を現した場合は特に心配は要りません。看護する必要も無いといっているわけではありませんが、大人と違って休養できる環境がかなり揃っている状況です。辛そうであれば病院に連れて行く必要がありますが、その他は基本的に安静にさせてあげてほしいものを食べさせるといったことが重要です。これは油が多いから、辛いからなどは大人や子供は考える必要はありません。回復として体が欲しているものなので満腹にならない程度を意識して食べましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告